子育て育児の悩み 性格行動関連 動作がのろいグズグズ

幼稚園でお弁当を食べるのがいつもビリという子がいました。みんなお昼の外遊びで、元気よく走り回って いるのに、その子だけはいつも先生がそばについて「さあ、はやくたべましょうね」と、せかさないと終わりま せん。

懇談会で、先生から「剛君はとても元気のあるお子さんですが、お弁当を食べるのがいつも遅くてね」と、 言われました。そこでお母さんは、家ではやく食べる練習をさせようとするのですが、いやがって席をたって しまいます。相談を受けたカウンセラーは次のように話をしました。

「『はやく食べなさい』と言うのは簡単です。でも子どもといえど、自分のペースをもっています。これを崩 されると動けなくなる子がいます。度重なるとだんだん自分に自信がもてなくなったり、引っ込み思案になった りする子どももいます。それよりお母さん、おかずに剛君の好物ばかりを入れてあげてはどうですか?」

大成功でした。剛君はお弁当を開けると、大好きな卵焼きと色とりどりのかまぼこが。きらいなほうれん草も入っていません。噛むのに時間のかかるごぼうもないし。剛君が、びっくりするくらいはやくお弁当を食べ終え ることができるようになったのは、言うまでもありません。

『動作がのろい・ぐず』(別冊PHPより)

動作がのろいのは生まれつきの気質だろうと思われます。ですから、お母さんもそれを変えようとせずに、 その気質のよさを生かすということを、子育ての柱においてほしいですね。

のろいといっても、子ども自身はゆっくりやって満足していたり、ゆっくりやったおかげでキチンとできたとか、好結果が多いはずです。しかも繰り返し繰り返しやっているうちに、案外早くなるということもありますので、好きなだけゆっくりさせる育て方が、子どもものびのびして,結果的に「意欲的な子」「受け身じゃない 子」が育つことになります。

ただ、世の中の流れが速くて、なかなか子どもを待ってくれません。幼稚園や学校でせかす先生が担任になって、パニックになることもあるでしょう。

そういう事態に対応するするために、親が「はやくしなさい」とせかして教えてやるやり方もありますが、 はやくしないと自分が損をすることを体験させることも効果があります。たとえば映画を観に行くとき、本人のペースで支度をしていたら、遅れて観られないという体験をすることで、今度ははやくしようと意識したり、 自己修正ができたりする場合もあります。

思春期以降は、とくに「ゆっくりしてもいいけれど,結果は自分が負うんだよ」と、自己責任を自覚 させます。

動作ののろい子でも、自分の好きなこと、やる気がわいたことに対しては、すばやい行動を取れますが、 それを「勝ってなやつだ」とは思わず、意欲のあるときははやく動けるのだと理解して、生かす方向へ導いて あげてほしいと思います。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

職場のストレスうつのカウンセリング:介護福祉士(24才男性)1母親の対応を教えて 

「職場のストレス・マネジメント」(メディカ出版)*という本を、母親が図書館でみつけた。息子の雄一が「うつ」と診断され職場を休職することになったのだ。

「母親としてどうしてやったらいいんやろ。もう大人やし、あれこれこまかくいうのもなんやし」と、母親はとほうにくれていた。近くの図書館で「職場のストレス」という索引をひいたりして出会ったのがこの本だった。

「先生、親としてどうしたらいいか教えてください」

「介護のお仕事をされてるんですか。さいきんは需要が多いでしょうね」と、カウンセラーはやわらかく母親に語りかけた。「はい。忙しくて、夜勤もありますし。家に帰ってきてもお風呂にはいって寝るだけという日がずーと続いていました」。「そうですか。それで今休職されてるとか。ようすを聞かせていただけますか」。

うつむきかげんだった母親は、きっと顔をあげてすがるようにこう言いました。「先生、どうしたらいいかわからないんです。ふとんかぶって寝ている息子に、母親としてなにをしてやったらいいのか。教えて下さい。助けて下さい。お願いします」。

母親の表情は真剣だった。カウンセリングの治療は、すぐに効果がでるものでないこと、かなり親のねばりと熱意が必要であることを説明した。「頑張ります。息子のためです。ついていきますので、よろしくお願いします」と、母親は声を高めて約束した。

「ここは、親御さんにアドバイスをさしあげる所です」

長男の雄一(24才)は、介護福祉士としてスタートをきって三年になる。この地域ではかなり大きな老人介護施設の「ひまわりケアーセンター」に勤務していた。

母親の話によると、雄一は今年に入ってから出勤しようとすると腹痛や下痢で、近くの心療内科で診察をうけていた。「もう僕あかんわ。能力ないねんや」と、ぶつぶつ言い出して遅刻や欠勤がふえてきたのはまもなくのこと。「なにゆうてるの。これからやないの。がんばらんと」と、母親は励ましていたがようすは悪くなる一方だった。

そんな母親の話をきいていたカウンセラーは、次のように説明した。「ここは、家族療法をメインとするカウンセリングセンターです。親御さんから話をきかせていただき、わかりやすく具体的なアドバイスをさしあげています。ご本人はもう自分のことを話す気力は残されていないかもしれません。しばらくそっとしておいてあげましょう。そのあいだに、ここでお母さん、必要ならお父さんにもおいでいただいて、対応のしかたをお話しましょう。それでかなりの効果をあげることができるでしょう」。

それを聞いた母親はうれしそうに「ありがとうございます。わたしらに適切な対応のアドバイスを下さるところをさがしていました。がんばりますのでよろしくお願いします」と、答えた。

話をよく聞いてあげましょう

「息子さん、話はされますか?ぐちとか、上司の批判とかなんかでもいいんですが」という問いかけに、母親はメモをくりながら説明をはじめた。雄一の言ったことを書き留めてきたようだ。

『僕はだめだ。なにをやっても認められない』

『もう疲れた。なにもかもいやになった。職場のこと考えるだけでもいやだ』

『あいつが主任になったのに、なんで僕はなれないんや』

『出勤しようとすると、吐き気がする。お腹も痛い』

『一月やすむ。みんなに迷惑かけてしまう。よけいダメ人間になってしまう』

「聞いてるといやになってしまいます。『そんなぐちばっかりゆうてるから、よけいうつがひどなるんとちがうん。もうやめとき』ゆうんですが」。そんな母親にカウンセラーはしずかにこうアドバイスをした。「ぐちでもいいんですよ。話されるんだったら、じっくりと聞いてあげましょう。質問したり、話を止めたりしないで。だまったままでもいいから聞いてあげましょう。いいですか。次回はそれをやってみて息子さんのようすはどうだったかお聞かせ下さい」。「はい、わかりました。聞くだけならそんなに頑張らなくてもやれます。それでいいんですね」と、母親はすこしホッとした表情でカウンセリングルームをあとにした。

介護福祉士(24才男)1:母親としてどうしたらいいか教えて。

*「職場のストレス・マネジメント」(1989年、メディカ出版)福田俊一、増井昌美著

淀屋橋心理療法センターより刊行された本ですが、今は絶版になっています。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み 性格・行動関連編 ひっこみ思案

「うちの子、学校から帰っても自分から遊びに行こうとしないんです」。お母さんの心配は、幼稚園に通う達也君の引っこみ思案な性格です。

幼稚園の個別懇談でも先生からこんな指摘を受けました。「達也君は、ちょっと変わってますね。『さあ、今から好きなことしていいですよ』って言うと、ほとんどみんな運動場に飛び出して遊びだすんです。それなのに達也君、教室のすみの桜文庫のまえで一人絵本を読んでるんです。おうちでもそうですか」と。自分から手をあげて発表しない。わからないんじゃないという。あてられると、ちゃんと答えられる。でも自分からは積極的に手をあげて言うことはしない。

「私の育て方が悪いのかしたら。それともこの子、変わっているのかしら。こんな引っこみ思案で将来だいじょうぶかしら」と、お母さんの不安はふくらみます。

『引っこみ思案』(別冊PHPより)

「引っこみ思案」は現代では、つい価値がないように思われています。もっと積極的な子になってほしいというのがお母さん方の思いでしょう。

でも引っこみ思案な子は、よい意味で慎重な子のことなのです。それに「引っこみ思案」は一方で、前に出たいという強い気持ちがあって、それができないということなのです。「引っこみ思案」の子は前にでたい、表に立ちたいという積極性を心の中にもっていることを、まず理解してあげてください。

そのうえで、嫌がる子のお尻を押してもいいですし、それが逆効果になると思ったら視点を変えて、日常生活のなかで自分から能動的に動こうとしている場面を思い起こしてほしいのです。本来、能動性の芽があるのに、親が面倒がってそれを育てていない、生かしてやっていないことが見つかるはずです。

それを認めて、できそうなことはやらせていく、それを繰り返すことで、前に出たい気持ちが生かされ、積極的な子どもに変わっていきます。

また、子どもの話をよく聞いてやることも引っこみ思案を直します。しゃべりたい気持ちは強いのですから、話したそうにしているとき、しっかり目を見て、じっくり聞いてやることで、引っこみ思案は確実に治っていきます。もちろん早急に改善するということはありません。何年も積み重ねていくことで、子どもは変わっていくのです。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み 性格・行動関連編 落ち着きがない

疲労困憊してしまったお母さんがこられました。ご主人と一才半になる男の子もいっしょでした。

母:なんでこの子、こんなに動くんやろね。一時もじっとしてないんです。

父:あんたもそうやで。ずーとなんかしてんと、気がすまへんタイプやんか。

母:ということは、この子は私に似てるっていうの。私が子育てにへとへとになってるの、自業自得やっていうの?

父:そんなことゆうてへんやん。被害意識強いから、なんもあんたには言えへんのや。

母:お父さんも変人やし、私も変人やし、その子が変人なんもむりないな。

子:(ギャー、ギャーと言いながら父と母の間に割って入って話ができなくなる)

子どもが騒いで、二人の口げんかっぽいやりとりは、中断してしまいました。母親が誰と話をしていても、じゃまをしにやってくるということです。テレビを見ていたら、チャンネルを変える、スイッチを切ってしまうなど。片時も目が離せないほど、落ち着きがなく育てにくいと、母親からグチがこぼれました。

『落ち着きがない』(別冊PHPより)

いつもじっとしていなくて、タンスから飛び降りたり、叫んだり、弟の頭をポカンと叩いたり、普通の落ち着きのなさと違って常軌を逸している子がいます。そういう子はだいたいに好奇心が非常に強い場合がよくありあります。好奇心が強いということは、素質的にはとても楽しみな子どもなのですが、極端な落ち着きのなさの背景には、不安な気持ちがいっぱいあるのです。とても恐がりな気持ちをもっている子でもあるのです。それをお母さんになかなかわかってもらえない、自分も表現するすべを知らないというケースが多いようですね。

ですから、落ち着きが治ってきたとき、ものすごい恐がりが表面化することがよくあります。今までその子本来の姿が発揮されてなかったのですね。

お父さんとお母さんが話していると割って入ってくる子がいます。じっと一人で待っていられないのですね。ある程度、世代ごとにけじめになる線があって、それを「世代間境界線」というのですが、そこを乗りこえてくる。こういう場合、「いいよ、おいで」と境界を破る手伝いをしてもいいですし、あるときは「今はダメ」と、けじめを覚えさせることもたいせつです。

また、お母さんに際限なくしゃべりかけている子がいます。もともとしゃべるのが好きということもありますが、親の対応が悪くって、しゃべっても満足していない場合があります。短い時間でも子どもの話をしっかり聞いて、十分満足感を与える聞き方をこころがけてください。学校の授業中に走り回る子とか大声でしゃべる子、先生をちゃかす子は自分に関心をもってほしいのです。家庭でうんと関心を示してやれば治ります。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み 嫁・姑関連編:性格の衝突

「もうガマンできません。なんでお義母さんは、あそこまで反対ばっかり言われるんか」。

幼稚園に通う男の子を連れたお母さんの第一声です。聞くと、孫に関することは、なにからなにまで口をはさんでこられるようです。「おもちゃの片づけなんかに、目くじらたてることないやないの」「食べ残したら、あんたが食べてやったらえんや」「家の中で遊びたいゆうてるのに、むりに外へいかさんでも」・・・。

「小さい頃にこそ、きちんとしたしつけをしなくては」と、お母さんはあせります。でもお母さんがちょっと声をあらげると、子どもは「やーだよ」といって、おばあちゃんのとこへ逃げていくようになりました。「お義母さんのせいで、この子のしつけは台無しやないの。どうしてくれるの」と、お母さんのイライラは止まりません。

『性格の衝突』(別冊PHPより)

家事、育児、時間の配分、近所づきあいなど、いろいろな場面や状況で「性格の衝突」は、表面化します。

「同じような性格の人同士」、「しきりたい人同士」、「しきりたい人と自分を抑える人」、「大ざっぱな人と几帳面な人」というような「性格の衝突」がよく起こります。しきりたい人と自分を抑える人との組み合わせでは、自分を抑える人が心と体を崩しがちです。大ざっぱな人と几帳面な人では、几帳面な人にしわ寄せが行きますから、几帳面な人はイライラします。これらは、お互いに話し合える関係さえあれば、話し合いのなかで解決していけるのですが、互いの「性格」を多大なエネルギーをかけて何とかしなければ、というほどのことでもないので、つい中途半端なままで放置されがちになります。ですから、イライラが解消されないまま残るのです。

「性格」の違う者同士がうまくいくためのコツは、「相手が察してくれるということは、まずない」ということを知っておくことです。自分と同じように考えるはずだと思うと、「違い」感が強調されてイライラするからです。「わかりあえる仲だ」とか、「もう十年も一緒なんだから」という安易な気持ちは捨てたほうがいいでしょう。一歩下がって客観的に見ることも、頭を冷やすのに役立ちます。「自分」をはっきり表現することも大事です。

そして「自分」のことをよく知っておくこと。何を望んでいるのか、不満のなかで何が一番大きな問題なのか、どうなればハッピーを感じられるのか、などを知った上で相手にしっかり伝える方法を考えるのです。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。