うつ職場のストレス 精神科医師とカウンセラーのチームワークでうつ病治療 薬なし薬を使わない

職場のストレスうつ病  一年間の休職中 (36才 男性 銀行勤務)

うつ職場のストレスに効果をあげた精神科医師とカウンセラーのチームワークうつ病治療 薬使用量についての疑問や不安に回答 薬なし薬を使わない

36歳の銀行勤務の男性です。職場のストレスうつ病で会社を休職して一年が経ったのですが、なかなか症状が改善しないということで、淀屋橋心理療法センターへカウンセリング治療に来所されました。

治療担当カウンセラーが状況をくわしく聞いていきます。日常生活の過ごし方、家族との関わり、心の不安の対処法などです。職場で感じたストレスなども重要なポイントです。

家の近くの心療内科で薬を処方してもらっておられました。休職して一年間の間に、「眠れません」「体調がよくないんです」など不調を訴えるたびに薬は増えて。今16錠の薬を一日3回に分けて飲んでいます。

ご本人の気持ちのなかには「こんなにたくさんの薬飲んでるけど、これってほんまに効いてるんやろか」「薬飲んでるけど、しんどいな、だるいな」といった体調の悪さも気になります。「うつでしんどいのか、薬でしんどいのかわかりません。一体どうなんでしょうか?」といった疑問や不安が服薬に対してふつふつとわき上がってくるようです。その反面、「そやけど薬減らすゆうてもなー、大丈夫やろか。薬なしにしたらよけい悪なるんちがうやろか」といった不安があって薬を使わないという治療方向も無理なようです。長引く症状に「昼間眠くてボーとしてるけど、こんなんで一体いつ復職できるんやろか」「早く職場に戻らないと、みんなから取り残されてしまう」というあせりも強くなってきています。

薬についての質問や不安がでると、精神科医師である所長に助けを求めます。カウンセリング治療に一緒に入室してもらい、「薬を飲んだあと、ボーとしますか?」「途中で目がさめますか?」「食欲はおちていませんか?」など本人に直接質問がだされます。「ボーとして何も楽しめないのは薬のせいかな、など思われますか?」といろんな角度から質問があったあと、クライアントと家族の方に直接説明やアドバイスをさしあげます。精神科医師はこの方の場合は治療に薬を飲んでいるほうがプラスだろうと判断し、そのように説明をしました。

カウンセリング治療が終わってご本人がこう言われました。「イライラや不安がつのって、死にたくなるときもありました。お医者さんに気になってたことを直接聞いてもらえてよかったです。不安だった薬についても説明してもらい、なんか心が軽ーくなったようです」。家族の方も「イライラしだしたらどないゆうてあげたらいいんか困っていました。けど今日のアドバイスで、対応の仕方が具体的にわかってホッとしました。ありがとうございました」と。ご本人も家族の方も、安心したような笑顔をうかべて帰って行かれました。

このように精神科医師とカウンセラーがチームを組んで、我々はより安心できる確実なカウンセリング治療を受けていただけるよう、努力しています。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。