うつ病子育ての悩み 友達編思春期中学生 集団生活がこわい

うつ病子育ての悩み 友だち編 思春期中学生 

集団生活がこわい(別冊PHPより)

 

もともと性格的に臆病な子は、「集団の雰囲気に押しつぶされるような気がする」と言います。それと気はしっかりしているが、親が子どもグループに慣れさせようと無理強いした結果、心にイヤな思いだけが残ってしまった子もいます。

いずれにしても集団になじまず、「この子、これから先どうなるのかしら」と、母親は心配がつのります。 あわてずじっくりと子どもを見てみましょう。どこかに突破口はないでしょうか。

お誕生会などで数人の子どもをよんでみたところ、抵抗なく遊びだしたという話も聞きました。「自分から外 へ出て遊び集団に入ろうとはしないけど、家へきた子たちとは遊べるんだわ」というお母さんの気づきが突破口 になったのです。このプラスの受け止め方が土台になり、次第に外へも出られるようになったそうです。

思春期以前なら「集団がこわい」とは言っても、根深い問題になる心配はまずないでしょう。中学生くらいで 集団生活に交われないということであれば、そんな自分を否定的に見たり、劣等感として残ったりします。こわい 気持ちが少しずつでも改善されているか、だんだんきつくなったり対象がひろがったりしていないか。この点の 見きわめが、適切な専門家にかかるか否かの目安になると思います。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。