うつ病子育ての悩み友達編いじめ いじめっ子心理小学六年生

うつ病子育ての悩み 友達編 

いじめ いじめっ子(小学六年生 男子)

 

小学六年生の男の子をもつ母親の話です。「うちの子、いじめっ子なんです。わかったときショックでした。なんで、友だちをいじめるの」と、母親は嘆いています。

仕事から帰ってきて急いで夕飯の支度をしている時、玄関のチャイムがピーンポーンと鳴りました。「はーい」と答えて母親がドアを開けると、あわてて逃げ帰る男の子の背中が見えたというのです。「なに、どないしたん。あんたいたずらで鳴らしたん」とつかまえて聞くと、なんと次のような言葉が返ってきました。「いじめんといて。S君、僕のこといじめんといて」と、泣きながら叫んで逃げていきました。

初めはなんの事かわからなかった母親ですが、落ち着いてやっとその男の子の言った意味がのみこめました。自分の子が、同じクラスのD君をいじめていたのです。耐えかねて、家に直訴に来たというわけです。

 

 

『いじめっ子』(別冊PHPより)

いじめっ子の心理を知っていますか。いじめる子たちは、グループを組んでいることが多いですね。クラスでもボス格の子がいてそれを三~四人がとりまいて、次々といじめの対象を変えていく。ときにはクラスみんなが参加してはやしたてたり。いじめは集団の結束力を固めるというメリットをもっているのです。

むかしは学校や地域の子ども会などで、みんな協力していろんな行事を行いました。いっしょに汗を流して知恵を出し合うなかで、よい意味の結束が生まれたのです。今はそんな機会も少なくなり、ストレスを解消するという形でいじめが起きています。

いじめは子どもの世界の出来事だけに、おとなが介入してもその実態をつぶさに知ることは不可能に近いでしょう。いじめっ子をつかまえて謝らせてもその時だけで、陰ではもっと陰湿ないじめが潜行する恐れがあります。

ある小学校の校長先生がこう話されました。「いじめっ子五人を呼んで話を聞いたんだが、いじめたことを責めるよりも、一人ひとりの心のなかにある言い分にしっかり耳をかたむけてやることだ。母親のいない淋しさや、父親に殴られたことや、勉強のできないつらさや、教師への不満なんか、いっぱいかかえている。まず、いじめにいたった背景を理解してやり、次にいじめは悪いことだと、しっかり教えてやれば、きっと自分たちのしたことを反省するだろう」。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。