育児ストレスうつ病子育ての悩み親子関係 過保護過干渉  小学生中学生の不登校

K子ちゃん(不登校 中学一年生 女子)

育児ストレスうつ病子育ての悩み 親子関連編

過保護・過干渉 小学生・中学生

 

不登校の中学一年生の母親がカウンセリング治療に来所されています。話を聞いて心のなかで驚いています。毎朝、K子ちゃんを起こすことから母親の日課が始まります。「お母さん、のどかわいた。ジュースもってきて」「お母さん、タオル。手がねたねたしてるの」。食べた食器はそのまんま。母親がみんな流しに運びます。脱いだ服も、下着も、みんな母親が後始末。う~ん、これ、なんとかしないと。

 

『過保護・過干渉』(別冊PHPより)

ひと昔前なら、きょうだい四~五人といっても珍しくなかったんです。今では一~二人がふつう。少子化時代だから、つい大事にしすぎるのも無理はないのですが。

子どもが幼いころは、過保護・過干渉でもいいでしょう。まだ自我も小さい芽ですし、かまってあげるほうがすくすく育ちます。問題となるのは、自分で自分のことができるようにしつけていかないといけない年齢になってもまだ親が手を出し、口を出していること。小学生ごろから、この準備はスタートしています。

自己管理ができないと子どもはとても不便だし、母親自身も手を抜くことができず疲れてしまいます。不登校でカウンセリング治療に来所の母親の話です。

使い捨てコンタクトレンズの取り替えを中学三年生になってもできないで、いつも「取り替える時期ですよ」と言ってもらい、してもらい。こんなわけですから、集団生活も自分で自分のことがうまくできません。

小学生にあがったら、少しづつ自分で自分のことができるようしむけてあげましょう。コツは次の三つです。

 

  1、 「ああしなさい、こうしなさい」と、行動の指示をしない。

  2、 「それはだめ。こうじゃない」と、親がすぐに結論を言わない。

  3、 子どもに代わって代弁、代行しない。

 

子どもは自分でできることで喜びを感じ、自信をつけていきます。集団の中でも自信をもって自分を前に出していけるのです。

子育てで一番大事な「子を思う気持ち」はあるわけですから、自信をもって、ただその出し方は工夫しましょう。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。