うつ職場のストレス 抑うつになり休職一年 思い切った対応が早い回復を  35才男性

うつ職場のストレス 抑うつになり休職一年 思い切った対応が早い回復を (35才 男性 大手スーパー勤務)
 
 
 
上昇気流をまえに「抑うつ」でダウン
 
 

大阪の梅田にある大手スーパー「チューリップ」。そこの店長を高田さん(35才)は三年勤めていました。比較的若い人たちで動いているスーパーですが、なかでも高田さんは優秀と言われて32才で店長に抜てきされました。高田さんの一生懸命の働きのおかげで、梅田○○支店の売上はグングン上昇。ところがさらに波にのるための企画を始めたところ、どこか高田さんに元気がなくなってきました。「頑張ろう」という気持ちはあるのに、体がついてこないというのです。朝起きがつらく遅刻もポツポツ。がんばって職場に出ても全身の倦怠感がとれず、ふさぎこんでいる時が多くなってきました。

「あと一月で職場復帰」と、追い詰められて

高田さんは近くにある心療内科へ行ったところ、「抑うつ」と診断されました。お医者さんには「三ヶ月の休職を要する」という診断書を書いてもらい、思い切って職場を休むことにしました。はじめは長いと思った三ヶ月ですが、あっというまに二ヶ月がすぎあと一月となってしまいました。

不安になってきた高田さんは「あと一月で、仕事に戻れるやろか。こんな調子で」と、妻に口癖のように言います。「えらいこっちゃ、まだ治ってないのに」と言っては、そわそわと部屋を歩き回ります。「仕事に復帰せな」「どないなるんやろ」といったあせりの言葉がでてきていました。

けっきょく「あと一月で職場復帰せなあかん」というプレッシャーのため、またうつ状態がぶり返してしまったようです。そこで「抑うつ」のカウンセリング治療では実績のある淀屋橋心理療法センターを紹介されました。そこは「家族にも対応のアドバイス」をだしてくれるという点も心強く、妻と二人で行くことにしたということです。

「えー、一年の休職?!そんな長い間は休めません」

高田さんは、妻といっしょにカウンセリング治療に参加しました。高田さんの話を聞いて治療担当カウンセラーはつぎのように言いました。「うーん、高田さんはあせると無理に無理をかさねだされる傾向がおありですね」と。そう言われると確かにその通りです。「来月は棚卸しや。僕が行かんと」と、電話をかけようとしたり。「店のバイトの子が、二人辞めたらしい。どないなるんや」と気になったり。職場復帰が近づいてくればくるほど頭のなかが仕事のことでいっぱいになってきます。あと一月休めるのにこの調子では、とても休養できる状態ではありません。

「どうでしょう。思い切って一年の休暇がとれませんか。じっくりとご自分のあせりと向きあっていったほうがいいのでは。あせりの気持ちに振り回されて、治るものも治らない感じがしますが」と、治療担当カウンセラーはアドバイスをだしました。それを聞いて高田さんは、治療担当カウンセラーの顔をジーとみつめ「えー、一年ですか?!そんな長い間は休めません。私の仕事もポジションもなくなってしまいます」と叫びにちかい声をあげました。

しかし「そんなことはとてもできません」といった高田さんでしたが、「ダメもとじゃない、あなた。会社にかけあってみましょうよ」という妻の説得で、直属の上司である部長に尋ねてみることにしました。部長は心配そうな口ぶりで「一度人事に問い合わせて社内規定を調べてもらおう。あとで詳細を知らせるから」と、電話はきれました。一時間後「一年の休職はできるそうだよ。手続きが必要だがね」という返事をもらい、人事課に一年の休職願いを申し出ることにしました。「高田君は優秀な社員だから、しっかり治してまた元気になって職場に出てきてもらいたい。奥さんも大変でしょうが、がんばって支えてあげてくださいよ」というあたたかい部長の励ましに、高田さんも妻もどんなにか心が休まりました。

半年後、「クイズ番組っておもしろいな」と笑い声が

会社を休んで半年がたちました。最近では布団の上でゴロゴロしていても平気になりました。休んでいることにたいする罪悪感がうすらいできたようです。「『寝ときたいなー』という気持ちにのっかっていったほうが、長い目でみて仕事復帰につながりますよ」という治療担当カウンセラーの言葉も、素直に聞けるようになりました。

「このごろはテレビをよく見ます。とくにクイズ番組が気に入ったようで」と、妻からの報告がありました。以前はニュース以外はテレビを見ない人だったのですが。「この答えは○○や。あたった。僕のほうがよう知ってるなー」とか「おーい百合子(妻)、ちょと来いや、いっしょに見ようや」と、気楽に妻にもさそいがかかります。「びっくりするくらい大きな声がでるようになりましたね」と、妻も最近の高田さんの様子をうれしそうに話しました。

やっぱり思い切って一年休職を延長してもらったことが、早い好転回復のきっかけになりました。高田さんは妻といっしょに、あせらずじっくりと生活の中のさりげない楽しみを見つけていくことができたようです。

頑張りの糸がきれて、あたらしい芽がでるチャンスに

いっときは「もうあかん、これでオレの仕事人生もおわりや」と絶望の淵に追いやられた高田さんですが、先日のカウンセリング治療でこんなことを話しました。「うつになって、マイナスばっかりやなかったですね。家内といっしょに買い物に出たり映画見たりもできるし。息子の野球の試合も応援に行ってやれて。こんなに楽しいこと、今まで知らんかったんやなって思いました」。今度は家族みんなで家庭菜園をやりだしたそうです。そう語る高田さんの目は輝いています。

「頑張ってた糸がプッツンと切れたんですね。頑張ってたことは、決して悪いことではありません。『あー、これが僕の限界やったんやな』と気づいて、はじめて荷物をおろすことができます。これはあたらしい芽がでてくるチャンスでもあるんですよ」と、治療担当カウンセラーが話すと、高田さんはなんども深くうなづいていました。あと半年休職期間は残っていますが、予定より早く回復復職できそうなきざしがみえてきました。

 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。