うつ職場のストレス劣等感 性格を変えようとするよりも生かす工夫を 45才男性

うつ職場のストレス 劣等感 性格は変わる?変えようとするよりも生かす工夫を(45才 男性 商事会社勤務)

 

劣等感から抜けきれない自分を、なんとか変えたい

面接室には男性が一人座っている。手帳を前に広げて、しきりにスケジュールを確認しているようだ。なでつけたヘアースタイルから、几帳面さが感じられる。

「電話受け付け表はどこかな」。治療担当カウンセラーは、前もって要点を書き込んである受け付け用紙に目をとおした。「阪田啓次(仮名)、うつで入院歴あり。服薬を続けている。高校生の子どもさんが二人。現在は休職中」。治療担当カウンセラーはカウンセリング室へと入って行った。

(以下は治療担当カウンセラーとクライエント阪田さんの話しである)

 

うつは治ったが、劣等感の性格が足を引っ張って

カウンセラー: 今通院中ですか?そこでうつ病の薬をもらって飲んでおられるようですね。

阪田: はい。やっぱり薬を飲みだしてからうつ病の苦しさは楽になりました。2週間入院もしまして。うつ病はもう大丈夫かなと思って、会社に復職したんですけど、そこで又つまづいてしまいまして。

カウンセラー: 仕事がきつかったんですか?退院していきなり現場復帰復職は再発しやすいんですがね。

阪田: いや、前の現場最前線からは外してもらいまして。それは良かったんですけど、事務職がなじめなくて。「なんでこんな事ができないんや」と、思い出したら落ち込んでしまって。

カウンセラー: なにか失敗をされて、それを上司の人にでも叱られたんですか?

阪田: 叱られたんじゃないんです。上司は気をつかってくれまして。それがかつての部下でして。ノルマはないし。働きやすい環境を配慮してもらって。

カウンセラー: それはありがたい。なぜそれがつまづきに?うつ病からは入院、服薬で乗りこえられた。職場の対応も良い。それでまた休職中とは。よほど根のある問題があるんでしょうか?

阪田: 性格です。中学生ごろからずーと引きずってます。劣等感から逃れられないんです。仕事にたいしてなかなか決断がくだせないし。頼まれると「あ、自分にはできひん」と、断ってしまうし。この劣等感の強い性格をなんとか変えたいんですが。

カウンセラー: それでよく商社の営業畑でやってこれましたね。かなり無理をされてたんではないですか?

阪田: そうです、その通りなんです。自分の劣等感を隠して、必死で仕事に打ち込んできました。それが40才をむかえたころから下り坂になってきたような気がします。

カウンセラー: 頑張りすぎはったんですね。燃え尽きたというわけですか。休養と薬で回復する人も多いんですがね。

阪田: はい、初めは薬も良かったんです。でもだんだん増えてきまして。今は6種類くらい飲んでます。薬も良いけど、ほんまに自分の抱えてる問題は解決せーへんと思いまして。この性格をなんとかせんことには。

カウンセラー: 性格を変える?性格は生まれつきのものやからね、変えるのは難しいんですよ。それより持ち味を生かすという方向で取り組んだほうがずっとメリットが大きいと思いますが。

阪田: こんな性格でも生かす方法はあるんでしょうか?

カウンセラー: もちろんですよ。あなたのように何かをやるまえに不安になったり、何をしても人より劣っていると劣等感を感じたりする人は沢山いはります。けどそんな人たちでも持ち味を上手に生かして、成功している人も沢山いはります。自分の性格のつき合い方のこつをカウンセリング治療で覚えていただきましょう。その方向でやってみませんか?

阪田: はい、よろしくお願いします。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来 

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。 

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。