子育て悩み30代母親父親ストレス相談 育児書どおりが正しい発達レベルと信じこんで不安

よその子にくらべて遅れていると思うと不安で眠れない

育児書どおりが正しい発達レベルと信じこんで不安な母親 何をしたらよいか分からない父親 (30代 4才児と2才児子どもの母親父親)

面接室には三十代の若い夫婦が座っています。4才と2才の二人の子育てに、母親がまいっているということです。カウンセラーが入室すると母親は立ち上がり「お願いします」とすがるような表情であいさつをしました。いっぽう父親のほうはドタっと椅子の背にもたれたまま。わずかな首の傾ぎがあいさつ代わりでしょうか。子育てに父親はどれだけかかわっているのだろう。しかしカウンセリング治療を受けに母親と一緒に来所することだけでも評価しなくては。態度とはちがって、父親の心のなかは真剣なのかもしれないと、カウンセラーは思いながら座りました。

「なにが一番しんどいですか?」といった問いかけに母親はまず「遅れてると思うんです」と、一言。おもむろにカバンから育児書とメモとハンカチをとりだしました。

「ここを見てください。

 『3才で公園デビューをして、だんだん他の子どもと仲間あそびができる』

 『自分のおもちゃを貸してあげられる』

 『親が絵本を読み聞かせると、聞けるようになる』

とありますでしょう。うちの子どれもできないんです。

公園に連れて行ってもみんなの中に入れないし、無理に入れてもらってもトラブルばっかり。

自分のおもちゃを貸してあげられないし、相手の子のを取り上げてしまうし。だから友だちになってくれる人がいなくて。

最後の絵本の読み聞かせですけど、隣の健ちゃんなんか、もう「これ読んで」って絵本をお母さんのところに持ってくるっていうんですよ。うちの子じっとしていないんですよ、読み聞かせようとしても」。

一気にお母さんはこう話すと、ハンカチで涙をふきました。

「そうですか、それはご心配なことでしょう。でも子どもには発達段階があって、一人一人みんな違いますからね。それに子どもの持って生まれた個性にもよるんですよ」と、カウンセラーは語りかけるが、お母さんの耳には届かないようですそれはわかっています。保育所でも同じことを言われました。でもイライラはとまらなくて。夜も眠れなくなってきてと、かなり緊迫している様子が伝わってきます。

「そうですか、ところでご主人はどう思われますか?奥さんはとても困っておられるようですが?」。カウンセラーはさっきからわれ関せずといった表情と態度の父親に話しかけました。「うーん」と、向き直りながら父親は「私も困ってます。仕事から帰っても、一日中親子げんかやキーキー泣く声でたまりません。もうパチンコに行ってるほうがましですわ」と、言いました。そばで聞いていた妻の目が一瞬キッとなりました。「あなたがちっとも真剣になってくれないから、よけい不安なのよ」「何心配しとんや。元気やったらそれでえやないか」。どうやら子育てをめぐっていつもこんなやりとりが交わされているようです。

どうやら母親は孤立しているようです。どこからも援助が得られず、育児書だけが頼りといった場合によく見られるケースです。「お母さんに援助の手が必要なようですね。心配な話しを聞いてくれる相手、実際に子育ての代わりをしてくれる人、真剣に相談にのってくれる所など。どうでしょう?」「もちろんそれがあればどんなにホッとできるか。この人自分のことばっかりしてるから」と、母親は怒ったような表情で父親を見ました。「何もかもいっぺんに期待するといけません。お父さんもお疲れなのですから。どうですか、子育ての代わりを時間を決めてみてもらうというのは。土日の昼食後2時間とか。これは一例です。まずこの話しを、よかったらここでしませんか」。母親は涙をふいて顔をあげました。「はい、それができたらなんとか。あなたいい?」「ああ、いいよ。おまえはやいやい言うだけで、何をしたらいいかまったくわからないやないか」「いつやったら子どもたちみてくれる?」「そうやな、土日の午後やったらええよ。公園に連れていってもええしな」。

まだまだカウンセリング治療は必要ですが、とりあえずこれだけのことだけでも父親と母親の二人で話し合えることができました。母親も協力してもらえるという安心感からか、表情がずいぶん柔らかになっています。具体的な行動レベルの援助が父親もやりやすく、母親も一番助かるのです。援助が得られ、話し合いもできでくると、「育児書」のみにこだわる気もちも減ってくるものと思われます。母親の「不眠、不安」もこれからのカウンセリング治療で解決できるでしょう。

 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。