うつ職場のストレス 部下の退職をきっかけに管理能力に自信をなくしてうつ病になり休職

うつ病治療 「取り残されるあせり」を捨てたら気が楽になって(38才 男性 システムエンジニア)

 

うつ職場のストレス 部下の退職をきっかけに管理能力に自信をなくしてうつ病になり休職

高橋氏はシステム・エンジニア。毎日夜遅くまでプログラムに取り組んでいた。そんなおり、一番信頼していた部下が突然退職を申し出てきた。聞いてみるともっと条件の良い、しかも自分がやりたかった海外での仕事が可能な会社に移るという。「そんな急なことで、今のプロジェクトの責任はどうなってもいいと言うのかね」「そりゃ責任は感じます。けど、課長は任せているようで僕に任せてくれていませんよ。全部自分で把握しないと気のすまない性格で。やりにくいんですよ」と、強気の反論が返ってきた。

部下の言葉は高橋氏にショックだった。信頼して相談もし、任せてきたと思っていたのに。結局は自分の管理能力の足らなさが、今回の退職をひきおこしたのか。一人一人が必死になって取り組まないとまわっていかないプロジェクトだけに、高橋氏のショックもかなり大きなものがあった。

 

不安感から夜眠れなくなり

「アイツのあの言葉、表情、オレをそんなふうにみてたのか」、と夜寝ようと目を閉じると部下の顔が浮かんでくる。一人抜けたせいで、自分が部下の分もカバーしなくてはいけなくなった。寝不足の身に間違いの許されない仕事はきつかった。「課長、このごろお疲れですね。ぼんやりしておられる時が多いですよ」と、いう声もかかってくる。ひそかに「働く男性のストレス度チェックリスト診断」なんかもためしてみると、かなりあてはまる項目がある。「あー、おれはもうだめだ。うつ病になってしまった」と思うと、ほんとうにうつ病になったような気がする。夜中に不安な気持ちがどうしてもとれず不眠が続きだし、とうとう高橋氏は遅刻や欠勤が増えてきた。

 


【働く男性のストレス度チェックリスト】(淀屋橋心理療法センター作成)


 

妻が「うつ 家族」でインターネット検索してみて

高橋氏はとうとう布団からでてこれず欠勤がつづき、上司から専門家の診察を受けるようすすめられた。心配した妻は、インターネットで「うつ 家族」のキーワードで検索をしてみた。すると該当する診療所やカウンセリングオフィスがずらっとでてくる。そのなかで「家族にも対応のアドバイスをさしあげます」と書いてある淀屋橋心理療法センターに目がとまった。

「お父さん、あなたがしんどいときは私が行ってもいいみたい。あなたにどうすればいいか、教えてもらえるんですって」と妻が言う。「それならいいな。行ってみようか」と、高橋氏はこたえた。「しんどくて外に出たくない時もある。そんなときは妻だけが行っていいのなら、助かるな」と、内心ホッとしていた。

 

三ヶ月で改善のきざしが見えてきた

妻と二人のカウンセリング治療がスタートした。毎回課題がだされる。「ホッと気持ちが休まるものをみつけましょう」とか「夜、奥さんといっしょにお茶を飲んでください」といったやさしい課題が中心だが、高橋氏本人にとってはしんどい時もあった。が、次回のカウンセリング治療でじっくり話をきいてもらい、アドバイスをもらう。こんな密着した対応がよかったのか、三ヶ月たったころから少しづつ改善のきざしがみえてきた。

「一日中、フトンでごろごろしてたけど、起きあがってテレビが見られるようになりました」

「妻と家のまわりを散歩しています」

「夜のプロ野球観戦も楽しくなりました。今年は阪神が強いし、みがいがありますね」

「小学生の子どもの宿題、少しくらいならみてやれます」

「なかなか良いきざしですね。この調子でいきましょう。順調に回復していますよ」という治療担当カウンセラーの言葉もうれしかった。

しかしこのまますんなりいくとは思えない。職場うつから休職している大抵の人に言えることだが、現場への復帰意識が強まってきた時に直面する不安感との戦いがやがてやってくるだろう。もう一山こさないといけない。そのしんどい時がまもなくやってくる。

 

「ポジションがなくなってしまう」あせりで悶々と

治療担当カウンセラーの予告どおり、その一山は一月ほどしてやってきた。新聞を読んだり、テレビでニュースを見たりできるようになって、高橋氏は「やれやれこれで自分も、もう一度社会へもどれるな」と思いだしたのはよかった。しかし同時に「こんなのんきなことしててええんやろか。みんなから取り残されてしまう」といったあせりの気持ちが、苦しいほどこみあげてくるようになった。

システムエンジニアという日進月歩の技術革新の世界である。技術的にまわりについていけるだろうかという不安感も強い。「はよ、職場にでんといかん」「自分のポジションがなくなってしまう」といった、現実感をともなったあせりと焦燥感にさいなまされだした。

「いよいよ最後の難関がやってきましたね。ここを乗り越えたら、きっと仕事に復帰できる日も近いですよ。奥さんの力をかりながら、いっしょに乗り切っていきましょう。どんな不安やあせりがあるか、奥さんに話してください。それを奥さんは書き留めて、次回もってきてもらえますか。現実に対応できるよう、不安やあせりを乗り切る力をカウンセリング治療でつけていくのです」。

 

「あー、ビールがおいしい。この店気に入った」と笑顔が

『不安やあせりを乗り切る力をつけていく』という治療担当カウンセラーの言葉はうれしかった。目標がしっかりと定まったような気持ちになれた。それからさらに三ヶ月。高橋氏と奥さんは熱心に淀屋橋心理療法センターに通い、カウンセリング治療を受け続けた。様子をみながらその都度二人にあった適切な課題がだされる。

日がたつにつれ高橋氏に変化がみられだした。これまでは「オレはこの課題をやらされてる」「なんでこんなに次から次へとせなあかんのや」と、ぶつぶつ言いながらこなしていた。それがいまでは「朝はよう起きて散歩したら、『まあなんとかなるかな』ってゆう気になってきましたわ」と、ゆとりのある言葉が聞かれだしたのだ。「あせってもどうにもなりませんな。それよりおいしいもん食べて、飲んで、ゆっくりいきますわ」と。

どうやら散歩しながら気にいったお店がいくつか目にとまったようだ。夜、奥さんをさそってでかけてみようということが2~3回あった。「あー、ビールがおいしい。この店気に入った」と笑顔がでてくるようになった。

 

「あせり」を捨てて「ゆとり」で復職

高橋氏にふたたび「ゆとり」がもどってきた。「主人も変わりました。こないだなんか新聞を読みながら、鼻歌を歌ってるんです」と報告が。疲れて、以前ならイライラして言葉が荒くなったりしていたが、それなりにおだやかに言えるようになっている。

先日のカウンセリング治療で高橋氏はしみじみとこう話した。「抑うつになる前は、私は必死で仕事をやってきました。『結果出さな、成果あげな。それでないと値打ちない。おまえら何しとんや。オレが一番やっとんやぞ』という気持ちでした。自分一人で成果をあげていたと思っていましたが、部下のみんなが協力してくれて、下支えしてくれてたからこそやれてたんやなって。部下が私から離れていったのも無理はないって、今なら思えます」と。

高橋氏はカウンセリング治療をうけて半年がたつ。「あー、長いこと、そんな感情忘れていたなー」と思えることがいくつかあるそうだ。 お風呂上がりに、「お湯にゆっくりつかるだけでも、こんなに疲れがとれるんやな」と、しみじみと感じられるのもその一つだという。

「これなら復職も近いし、職場でなにかあっても自分なりの「ゆとり」で乗り越えられるだろう」と、治療担当カウンセラーはひとまず安堵した。

 
 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。