月別アーカイブ: 2014年5月

うつ病と摂食障害 非嘔吐過食症(むちゃ食い障害) 体重が増える太る恐怖

吐けない過食症  体重が増える 太る恐怖

うつ病と摂食障害

非嘔吐過食症(むちゃ食い障害) 

 

 

摂食障害(過食症拒食症)電話問い合わせで、嘔吐無しの過食症の事を、非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)と言う方が多くなってきました。「吐けない体質」「吐こうとしたがうまく吐けなかった」「最初は吐けていたのに、段々吐けなくなってきた」等、吐きたいけれども吐けないという事で悩んでおられます。中には「上手な吐き方を教えて欲しい」という問い合わせもあり、びっくりしました。

非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)の人達は、まず何よりも体重が増える事を恐れています。吐けない恐怖は太る恐怖です。吐けないので体重がどんどん増えます。太った身体を見られたくないという思いが強くなり、摂食障害(過食症拒食症)以外の症状が出る事もあります。

「『こんなに醜い太った身体を見られるのは嫌だ』と言って、非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)から不登校になってしまった」という母親からの相談もありました。働いている方からは「吐けないのでお腹がパンパンで胃が痛い。身体を動かす事ができず、仕事に行けない。でも、もう会社を休めない」という相談もありました。そして段々と何もやる気がしなくなり無気力になって、うつっぽくなったり、家にひきこもりがちになる事もあります。一人部屋にひきこもっていると、食べ物の事しか考えられなくなり、益々過食がひどくなるという悪循環に陥る場合もあります。

「過食だけれど、吐いていないからまだ症状は重くない」と親御さんは考えがちですが、本人にとっては、『吐けない』『太る』というのはとても辛い状況です。早い段階で専門家に相談し、適切な治療を受ける事が早期解決につながります。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。