月別アーカイブ: 2015年10月

子育て育児の悩み 性格・行動関連編 ひっこみ思案

「うちの子、学校から帰っても自分から遊びに行こうとしないんです」。お母さんの心配は、幼稚園に通う達也君の引っこみ思案な性格です。

幼稚園の個別懇談でも先生からこんな指摘を受けました。「達也君は、ちょっと変わってますね。『さあ、今から好きなことしていいですよ』って言うと、ほとんどみんな運動場に飛び出して遊びだすんです。それなのに達也君、教室のすみの桜文庫のまえで一人絵本を読んでるんです。おうちでもそうですか」と。自分から手をあげて発表しない。わからないんじゃないという。あてられると、ちゃんと答えられる。でも自分からは積極的に手をあげて言うことはしない。

「私の育て方が悪いのかしたら。それともこの子、変わっているのかしら。こんな引っこみ思案で将来だいじょうぶかしら」と、お母さんの不安はふくらみます。

『引っこみ思案』(別冊PHPより)

「引っこみ思案」は現代では、つい価値がないように思われています。もっと積極的な子になってほしいというのがお母さん方の思いでしょう。

でも引っこみ思案な子は、よい意味で慎重な子のことなのです。それに「引っこみ思案」は一方で、前に出たいという強い気持ちがあって、それができないということなのです。「引っこみ思案」の子は前にでたい、表に立ちたいという積極性を心の中にもっていることを、まず理解してあげてください。

そのうえで、嫌がる子のお尻を押してもいいですし、それが逆効果になると思ったら視点を変えて、日常生活のなかで自分から能動的に動こうとしている場面を思い起こしてほしいのです。本来、能動性の芽があるのに、親が面倒がってそれを育てていない、生かしてやっていないことが見つかるはずです。

それを認めて、できそうなことはやらせていく、それを繰り返すことで、前に出たい気持ちが生かされ、積極的な子どもに変わっていきます。

また、子どもの話をよく聞いてやることも引っこみ思案を直します。しゃべりたい気持ちは強いのですから、話したそうにしているとき、しっかり目を見て、じっくり聞いてやることで、引っこみ思案は確実に治っていきます。もちろん早急に改善するということはありません。何年も積み重ねていくことで、子どもは変わっていくのです。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。