カテゴリー別アーカイブ: うつ病職場のストレス治療ー仕事や人間関係の悩み相談

職場のストレスうつのカウンセリング:介護福祉士(24才男性)1母親の対応を教えて 

「職場のストレス・マネジメント」(メディカ出版)*という本を、母親が図書館でみつけた。息子の雄一が「うつ」と診断され職場を休職することになったのだ。

「母親としてどうしてやったらいいんやろ。もう大人やし、あれこれこまかくいうのもなんやし」と、母親はとほうにくれていた。近くの図書館で「職場のストレス」という索引をひいたりして出会ったのがこの本だった。

「先生、親としてどうしたらいいか教えてください」

「介護のお仕事をされてるんですか。さいきんは需要が多いでしょうね」と、カウンセラーはやわらかく母親に語りかけた。「はい。忙しくて、夜勤もありますし。家に帰ってきてもお風呂にはいって寝るだけという日がずーと続いていました」。「そうですか。それで今休職されてるとか。ようすを聞かせていただけますか」。

うつむきかげんだった母親は、きっと顔をあげてすがるようにこう言いました。「先生、どうしたらいいかわからないんです。ふとんかぶって寝ている息子に、母親としてなにをしてやったらいいのか。教えて下さい。助けて下さい。お願いします」。

母親の表情は真剣だった。カウンセリングの治療は、すぐに効果がでるものでないこと、かなり親のねばりと熱意が必要であることを説明した。「頑張ります。息子のためです。ついていきますので、よろしくお願いします」と、母親は声を高めて約束した。

「ここは、親御さんにアドバイスをさしあげる所です」

長男の雄一(24才)は、介護福祉士としてスタートをきって三年になる。この地域ではかなり大きな老人介護施設の「ひまわりケアーセンター」に勤務していた。

母親の話によると、雄一は今年に入ってから出勤しようとすると腹痛や下痢で、近くの心療内科で診察をうけていた。「もう僕あかんわ。能力ないねんや」と、ぶつぶつ言い出して遅刻や欠勤がふえてきたのはまもなくのこと。「なにゆうてるの。これからやないの。がんばらんと」と、母親は励ましていたがようすは悪くなる一方だった。

そんな母親の話をきいていたカウンセラーは、次のように説明した。「ここは、家族療法をメインとするカウンセリングセンターです。親御さんから話をきかせていただき、わかりやすく具体的なアドバイスをさしあげています。ご本人はもう自分のことを話す気力は残されていないかもしれません。しばらくそっとしておいてあげましょう。そのあいだに、ここでお母さん、必要ならお父さんにもおいでいただいて、対応のしかたをお話しましょう。それでかなりの効果をあげることができるでしょう」。

それを聞いた母親はうれしそうに「ありがとうございます。わたしらに適切な対応のアドバイスを下さるところをさがしていました。がんばりますのでよろしくお願いします」と、答えた。

話をよく聞いてあげましょう

「息子さん、話はされますか?ぐちとか、上司の批判とかなんかでもいいんですが」という問いかけに、母親はメモをくりながら説明をはじめた。雄一の言ったことを書き留めてきたようだ。

『僕はだめだ。なにをやっても認められない』

『もう疲れた。なにもかもいやになった。職場のこと考えるだけでもいやだ』

『あいつが主任になったのに、なんで僕はなれないんや』

『出勤しようとすると、吐き気がする。お腹も痛い』

『一月やすむ。みんなに迷惑かけてしまう。よけいダメ人間になってしまう』

「聞いてるといやになってしまいます。『そんなぐちばっかりゆうてるから、よけいうつがひどなるんとちがうん。もうやめとき』ゆうんですが」。そんな母親にカウンセラーはしずかにこうアドバイスをした。「ぐちでもいいんですよ。話されるんだったら、じっくりと聞いてあげましょう。質問したり、話を止めたりしないで。だまったままでもいいから聞いてあげましょう。いいですか。次回はそれをやってみて息子さんのようすはどうだったかお聞かせ下さい」。「はい、わかりました。聞くだけならそんなに頑張らなくてもやれます。それでいいんですね」と、母親はすこしホッとした表情でカウンセリングルームをあとにした。

介護福祉士(24才男)1:母親としてどうしたらいいか教えて。

*「職場のストレス・マネジメント」(1989年、メディカ出版)福田俊一、増井昌美著

淀屋橋心理療法センターより刊行された本ですが、今は絶版になっています。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

職場のストレスうつ病のカウンセリング 家業を継いだ男性(36才)うつ病からの立ち直り(チェック・リストが役立った)

企業に三年勤務後家業を継ぐ。翌年うつ病発症(36歳男性)

事例紹介

商社の海外派遣社員として三年間勤務。仕事も順調にのりだしたころ実家の父親から「家業の印刷業を継げ」という命のもと、退社した。翌年の春ごろからうつっぽくなり、仕事ができなくなる。近くの診療内科で受診したものの、一年たっても改善を見ず、当センターに来所となる。

(福井正雄(仮名)36才男性、既婚、小学6年生と4年生の息子二人)

妻に伴われて来所、苦しい気持ちを打ち明ける

腕組みをしたままじーと動かず福井さんは座っていた。そばにいる妻が心配そうにときどき顔をのぞきこんでいる。「うつになって一年が経過ですか。薬はのんでおられるんですか」というセラピストの問いかけに「はい、近くの心療内科でもらって。でも効かないんですよ」と、福井さん。「詳しくご様子をお聞かせくださいませんか」と言うと、苦しそうな表情がしばらく続いた後、やっとおもい口を開いた。

「朝起きられない日がずーと続いています。もう半年近くも。一日中ふとんの中という日もあります」。パジャマを着替えるでもなく、食事をするでもない。仕事は父親が仕切っているので、生活費の心配はないが。そばにいる妻が口を開いた「私も心配です。いつまでこんな状態なのか。でも最近では夜テレビをみたりしていることもあります。明日は動けるんじゃないかと。それが朝になるとダメで。『いい加減にしてよ。いつまでこんなだらしない生活してるの』と、責めたこともありました。そうはいっても本当につらそうで、今は何とか早く治って欲しいという思いでいっぱいです」。

「こんな父親ではいかん」と、自分を責めて

「一番おつらいことは何ですか」とセラピストが聞くと、福井さんは顔をゆがめてこう答えた。「上の子がもう六年生で、中学受験させたい。塾には通っているが、家でみてやることも必要だ。それも気ばかりでちっともみてやれんままで。下の子は野球が好きで「お父さん、キャッチボールして」とせがむんですが、それどころでない。「テレビゲーム、クリアーできたよ、みてみて」と、なんとかして父親にかまってもらいたくてひっついてくる。

自分の身をもちこたえるだけでもせいいっぱいなのに、そんなたいへんなことはとうていしてやれない。「こんな父親ではいかん。なんとか子どもにとっていい父親にならなくては。そんなこともできない自分は、ほんとうにダメ人間だ」と、自分を責めてばかりいた。

「うつのチェック・リスト」が注意どころを示唆

自己問診票ともいってチェック・リストは自分のうつ度をはかるのに最適な方法である。福井さんにやってもらって、セラピストが採点するとかなり高い点数である。「うーん、68点か。これはかなり重いほうですね。項目を一つ一つ吟味してみましょう」。

細かくみてくなかで、福井さんがとくに生活のなかで注意したほうがいい点がみえてきた。例えば「一日のうちで朝方に気分の悪さがある」という項目。妻は「朝起きてこないのは、怠けているのでは」という非難のまなざしだった。セラピストは「うつは一日のうちでも気分の変動があり、午後から夕方にかけて楽になるものなんです。朝はおつらいでしょうから、ゆっくりさせてあげてください」というアドバイスを出した。 (うつのチェック・リストをお試しください)

企業では優秀社員だった福井さん

福井さんはこう話した。「今はこんな状態で信じられないかもしれませんが、会社では優秀社員と言われてたんですよ」。得意先の評判もよく、ミスも少ないし、きちょうめん。上司からも信頼されていた。「あの頃が最高に楽しかった。やる気まんまんで毎朝出社してました」。

それがなぜこういうしんどい症状に陥ってしまったのか。面接治療がすすむなか、現在の生活で思わぬキーポイントが見つかった。

父親との正反対の性格が浮上

「三年間他の企業で丁稚奉公の修業をつむ」という父親との約束で福井さんの社会人生活はスタートした。約束の三年がきてしまって、残念ながら退社し実家へ戻った。家業を継ぐという名目で父親の下で働きだした。父親は福井さんとはちがってワンマンタイプ。「おい、これはこうやれ」「なんだこのやりかたは」と言い方も命令口調。声は大きく押し出しもつよい。繊細で几帳面な福井さんとは相いれなかった。しかし「長男やからしかたない」と、がまんを重ねていた。

妻に相談したが「お父さんは、あんなタイプの人なのよ。あなたが気にしすぎよ。もっと割り切ったら」と、取り合ってくれなかった。

そんなこんな状態のなかただ自分を抑えてガマンするという一年が過ぎたころから、福井さんはだんだん仕事に対してやる気がなくなってきた。

家族で話し合いの家族療法が立ち直りのきっかけに

個人療法では限界があるし、治癒に長くかかると判断したセラピストは両親や妻も参加の家族療法に切り替えた。

何回かの家族面接ののち、「息子は怠けている」という厳しい目でしか見れなかった父親も、だんだん理解しはじめた。「商売の数字をあげることばかりが大事と思って、つい気がつかんで」と、素直に自分の押し出し商法を抑えることに同意。息子の意見も取り入れ始めた。

福井さんも生活の立て直しをスタートした。妻もふくめ親子四人で話し合った結果、やりやすいことから実行していくことになった。「朝起きたら、服に着替える」「食事は遅れて一人でもいいから、テーブルでとる」「息子と遊ぶのはしんどくなるといけないので、学校から帰ってきたら『おかえり』といって頭をなでてやる」。この三つが決まった。「これならできそうです」と、福井さんも心なしが背筋をしゃんとしていた。

小さなことの積み重ねがうつからの脱却

「こんなことできてあたりまえやないか」と思われるようなことのほうがよい。うつから立ち直るスタートは、欲張らないこと。「新聞の見出しが読めるようになったら、うつから立ち直るきざしですよ」と話したことがある。クライエントは「え、そんなことが?それならできそうだな」と、それを目標にどんどんよくなっていった。

「パジャマを服に着替えるなんて、して当たり前」と、思われるかもしれないが、こんなことができなくなるのがうつである。小さなよい変化を目標にして、できたら家族の人も「よくできたね」と評価してあげる。この積み重ねがうつからの脱却につながるのである。

福井さんも家族療法をスタートして三ヶ月たった。セラピストの指導のもと家族の協力を得て、少しづつ父親の職場に顔を出せるようになってきた。

 

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

 

職場のストレスうつ病のカウンセリング 結婚してまもなく不眠に悩むB氏 33才

物忘れひどく、不眠に悩まされ心療内科へ

「課長、ちょっとおかしいですよ」と、部下の祐美から言われた。冗談はんぶんに笑いながらだから、そんなに気にすることはないのだが。たしかに置いたはずの机の鍵がまたみつからないのだ。「おかしいな、どこに置き忘れたんだろう」と、思いながらまたさがす。「ありましたよ」と、コピー機のほうから声が。「あ、そうか。さっきコピーをとりにいったとき、横においたんだ。そのまままた忘れてしまってたんだな」。ほっとするとどうじに、「このごろは、なんでこんなに物忘れがひどくなったんだろう。夜眠れないのが原因だろうか」。先日は大事な会議の時間をまちがえてしまって、冷や汗をかいたばかりだった。

結婚して半年。まだ生活の変化についていけないなにかを感じているのだが、どうしていいか自分ではわからない。仕事に影響がでないあいだに、なんとかしないと。こんなあせりの気持ちもあった。そこでB氏は、思い切って近くの心療内科をおとずれた。そこでは5分ほど話をきいてもらって、簡単なうつのテストがあった。そしてさいごにでたのが抗うつ剤と安定剤。「しばらく服薬して様子をみましょう」ということだった。あれから3週間たつが、状態はかわらない。そこで思い切って妻もいっしょに参加できる家族療法を希望して、淀屋橋心理療法センターに来所となった。

よく気がつく頑張りやさんの夫と明るいおおざっぱな妻

B氏は早くに母親をなくしていた。一番うえの姉が母親がわりになって育ててくれた。そんな家庭環境で育ったせいか、よく気がつく気配りタイプ。そのうえなにがあってもそう簡単には弱音を吐かないガンバリ屋さん。いっぽう妻はというと、なにごともプラスにとらえる明るく大ざっぱなタイプ。夫から気分の落ち込みと物忘れを打ち明けられたときも、「そんなくよくよしなくてもいいのに。気にしすぎよ」と、夫を励ましている。

カウンセリングをすすめていくうちに、一つの状況がみえてきた。それはB氏のばあい、母親がわりに育ててくれた姉への気づかいから、自分の芽を伸ばしていくことができなかったようである。個人の症状と考えられるうつだが、それがフィットする状況がまわりにあって発病することが多い。そこへタイプのちがう妻との新生活がスタートした。なにかとストレスを感じたが、そこは「グチを言わない頑張り屋さん」のB氏のこと。「合わせて、合わせて」と、言い聞かせながらの新生活だったという。

夜のおかずでぎくしゃくしかけたが、ぐっとこらえるB氏

カウンセラーは、二人の生活の様子をこまかく聞いていった。とくにタイプがちがうと感じられるでき事について。たとえば今夜のおかずについて。「あれ、今夜は焼き肉じゃなかったのか」と夫がいうと妻は「え、焼き肉?ちがうわよ。とても新鮮な鯖がでてたから、煮付けにしたの」「うーん、そうか、今日は焼き肉だって言ってなかったか、きのうは。期待して帰ってきたんだけどな」「まあ、いいじゃない。鯖もおいしいわよ」と妻。

あっけらかんと明るく言いかえす妻に、夫は不満の言葉をのんだ。「あれだけ明日は肉の料理を頼むと言ったのに。さいきんエネルギーぎれだからと、説明したのに。ムムムー。まあ、いいか。これ以上言うとけんかになるな。僕が我慢すればまるくおさまるんだから」という具合に。

うつにもプラスの面があった?

こんなさりげない夜のおかずをめぐるやりとりにも、ぐっと我慢しているB氏の気持ち、妻に合わせているB氏の様子がみてとれる。おそらくこのような自分を抑える場面が、生活のあちこちにみられるのだろう。話を聞き終わったカウンセラーは、あえてうつのもつ「プラスの面」をさぐっていくことにした。するとB氏のうつ状態は、妻との仲がこれ以上緊迫したものにならないよう「ストッパー役」を果たしていることがわかってきた。そこでカウンセラーは次のアドバイスを与えた。「ご主人はできるだけ不満を言葉で表現するようにしましょう。反対に奥さんは、気配りタイプのご主人に意識して合わせるように」と。

うつから脱出するためには、その症状が果たしているプラスの面にきづくことも一つの方法である。さりげない日常のアドバイスではあったが、その後二人の努力の結果、B氏のうつ状態はしだいに回復していった。物忘れも気がついたらあまりしなくなっていたと、その後の面接で報告があった。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

職場のストレスうつ病のカウンセリング 銀行勤務一年休職 36才男性

職場のストレスうつ病 銀行勤務 一年間の休職中 36才男性

 

36歳の銀行勤務の男性です。職場を休職して一年がたったのですが、なかなか症状が改善しないということで来所されました。カウンセラーが状況をくわしく聞いていきます。日常生活の過ごし方、家族との関わり、心の不安の対処法などです。職場で感じたストレスなども重要なポイントです。

家の近くの心療内科で薬を処方してもらっておられました。休職して一年間のあいだに、「眠れません」「体調がよくないんです」など不調を訴えるたびに薬は増えて。今16錠の薬を一日3回に分けて飲んでいます。

ご本人の気持ちのなかには、「こんなにたくさんの薬のんでるけど、これってほんまに効いてるんやろか」「のんでるけど、しんどいな、だるいな」といった体調の悪さも気になります。「うつでしんどいのか、薬でしんどいのかわかりません。一体どうなんでしょうか?」といった疑問や不安が服薬に対してふつふつとわき上がってくるようです。その反面、「そやけど減らすゆうてもなー、大丈夫やろか。よけ悪なるんちがうやろか」といった不安があって減らすという方向も無理なようです。長引く症状に「昼間眠くてボーとしてるけど、こんなんで一体いつ復職できるんやろか」「早く職場に戻らないと、みんなから取り残されてしまう」というあせりも強くなってきています。

薬についての質問や不安がでると、精神科医である所長に助けを求めます。カウンセリングに一緒に入室してもらい、「薬を飲んだあと、ボーとしますか?」「途中で目がさめますか?」「食欲はおちていませんか?」など本人に直接質問がだされます。「ボーとして何も楽しめないのは薬のせいかな、など思われますか?」といろんな角度から質問があったあと、クライアントと家族の方に直接説明やアドバイスをさしあげます。精神科医はこの方の場合は薬をのんでいるほうがプラスだろうと判断し、そのように説明をしました。

カウンセリングが終わってご本人がこう言われました。「イライラや不安がつのって、死にたくなるときもありました。お医者さんに気になってたことを直接聞いてもらえてよかったです。不安だった薬についても説明してもらい、なんか心が軽ーくなったようです」。家族の方も「イライラしだしたらどないゆうてあげたらいいんか困っていました。けど今日のアドバイスで、対応の仕方が具体的にわかってホッとしました。ありがとうございました」と。ご本人も家族の方も、安心したような笑顔をうかべて帰って行かれました。

このように精神科医とカウンセラーがチームを組んで、我々はより安心できる確実なカウンセリングを受けていただけるよう、努力しています。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

職場のストレスうつ病のカウンセリング 24才入社3年「宴会係」という心ない上司の言葉に傷ついて

明るく活発な社員と思われていたはずなのに

入社して三年目を迎えた佐藤さん(24才仮名)は、面接室で腕組みをしながらうつむいていた。「自分がよもやカウンセリング治療を受けるようになるとは」という思いでいっぱいだった。担当セラピストにうながされ、事のいきさつを語り始めた。

電気機器メーカーに勤めてから、第一営業部に配属され、その明るく活発な人柄で上司にも同僚にも評判が良かった。それが半年ほど前からなんか元気がない。やる気がわいてこないのだ。自分でも思い当たる節はあるのだが、「いつまでそんなことにこだわってるんだ。自分らしくないぞ」という否定感で打ち消そうとしていた。以下はカウンセリング治療でのやりとりの一部である。

 

佐藤:いやー、まいってます。自分てこんなに女々しい性格だったんかなって。

セラピスト:忘れようとしても忘れられないんですか?

佐藤:はい。あの時の上司の言葉にカチンときて。ショックでいまだに怒りがわいてくるんですよ。僕が「春のお花見会」の幹事をまかされて、準備に追われている時にですよ。本当なら「お疲れさま」くらい言ってもらって当然なのに、『えらい楽しそうやな。こんどは宴会係に行ってもらおか』ゆうて、からかうみたいに笑って。「くそ、こいつ何ゆうとんや。どついたろか」と、思いましたね。

セラピスト:幹事さんて大変なんでしょう?

佐藤:そうですよ。通常の仕事に加えていろんなことせんとあきませんので。場所取りに行くもんとか、お酒や弁当の数を数えて注文するとか。余興の人頼みみもせなあかんし。もうてんてこまいで。僕はぜーんぶ仕事終わってからそんなんをやってたんですよ。それやのにあいつゆうたら、仕事さぼって宴会に嬉々として走り回ってるかのように言うんですから。

セラピスト:それでどうしました?その上司にくってかかりましたか?怒りをぶつけましたか?

佐藤:いやー、それがですね。僕っていいかっこしーなんです。とっさに『はあ、なんとか頑張らしてもらってます』なんか、頭かきながら笑って。そんな僕にも後になって考えたら腹がたって。同僚にぐちこぼしたら「そこが佐藤のええとこやんか。なんでも明るくさらっと受けて流してするとこが」言われて

セラピスト:そうですか。でもすっきりしなかった。それどころかずーと腹立たしい思いが尾を引いている。果ては仕事もやる気がわいてこないというわけですね。

佐藤:はい、そうです。

セラピスト:その上司に対してなにか失った感じはしませんか?なにか形はないけど大事なものを?

佐藤:そういわれると、それ以来「信頼感」がなくなりました。「宴会係」ゆう言葉をやけに真剣にとらえてしまったなあという気もします。その上司が人事担当部長と親しいということを知っていたので、よけいそう思ったのかもしれません。こんな会社やったんかという思いが強くて。

セラピスト:佐藤さんは、ほんとうに明るくさわやかなこだわりのない好青年ですか?会社内外の評判はそうですけど。また今までのあなたはそうでしょうけど。本来の自分はどうですか?どこか本質の部分では「こだわる自分、きつーい激しい面をもった自分」がいませんか?

佐藤:はー、自分でもなんか今までと違う自分を感じてるんでがーー

セラピスト:そうですか。こんなに一つのできごとに腹が立ち、ここまで尾を引いているという事実をみると、地殻変動をおこしてマグマが噴き出してきたように、本質の自分が出てきたのかもしれません。ところがそんな自分にとまどったり、うまくコントロールできないまま失速してきたとも考えられます。

佐藤:ほんまに自分は明るいだけの男やったかなーと、振り返ってみて思うことがあります。親に叱られてもわりと素直やったんですけど、一回だけものすごい反抗して家出したことがありました。小学6年生の時です。えらい思いきったことができるんやなーと自分でも驚いたことがあります。

セラピスト:それではこれからどうしたらいいか。新しく底から出てきた本質の自分を否定するんではなくて、どうすれば受け入れて成長させていけるかですね。激しい、気にしー、恨みがましい自分をです。どうすれば受け入れられるかはこれからいっしょにカウンセリング治療で話し合っていきましょう。三ヶ月ほどたったころ「佐藤さんて、明るいだけの人やと思ってたけど、なんか一皮むけて人間の幅が広がらはったね」と言われるように。

佐藤:そう言われてみると、今まで激しいとこが出し切れてないと思います。怒りや悲しみが深いとこで眠っているような気がします。

セラピスト:抑え込もうしてもこれからは無理なんです。むしろ「そんな自分こそが本当の自分なんや」と考え受け入れるほうが、本当のあなたの成長につながりますよ。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。