タグ別アーカイブ: うつ病の人への接し方

うつ職場のストレス 一人で治したい うつ病の人への接し方家族の対応 28才女性銀行勤務

一人で治したいんです(28才 女性 銀行勤務)

うつ病の人への接し方 家族の対応 一人で頑張るのは難しい。親(家族)の助けを求めてください

 

順調に行っていると思えた玲奈の人生に陰りが見え始めたのは、28才をむかえてまもなくだった。職場ではベテランの部類にはいる。大学も優秀な成績で卒業し、銀行という当時としては難関といわれた職場にパス。仲間からもずいぶんうらやましがられた。それが「今ここで、なんで私がこんな思いをせなあかんの」。今までつまづいたことがなかっただけに、落ち込み始めるとどんどん下っていった。

玲奈は三ヶ月の休職願いを出した。診てもらった医師の診断によるものだ。しかし自分のかかえている問題は、抗うつ剤や安定剤だけでは解決できないと感じていた。医師のすすめもありカウンセリング治療を受ける為に淀屋橋心理療法センターへ足を運ぶ事となったようだ。

玲奈は「親(家族)には内緒でカウンセリング治療を受けたい。一人でなんとかしたい」と言う。こういうけなげな心意気はたいへん良いことのように思えるが、意外に落とし穴がある。これを皆さんにわかっていただきたいと思い、玲奈と治療担当カウンセラーのやりとりをまとめてみた。

玲奈: 人間関係がうまくいかなくて。

カウンセラー: 職場のですか?

玲奈: 全てです。職場も家族も友人関係も。どうしたらいいか考えても答えがみつからなくて。近くの内科で診てもらってるんですけど、あんまり話しが聞いてもらえないし、薬がでるだけで。

カウンセラー: 休職中ということは今家におられるんですね。ご両親ご家族といっしょの生活ですか?

玲奈: はい、そうです。でもねーー。

カウンセラー: ご両親(家族)はなんとおっしゃっていますか?ご家族は心配しておられるでしょうね。

玲奈: 母なんか『あんたが休職してどうするの。あんたみたいな強い子はおらへんのに』って。中学生のころから親(家族)に相談したりしなかったから。私のことは安心しきってるんです。

カウンセラー: 今の問題をご家族に相談するとどうなりますか?

玲奈: 親(家族)には相談したことありません。親(家族)に相談しようとも思いません。

カウンセラー: そうですか。ではお父さんは?

玲奈: 父は小さい頃から口を開くと「勉強さえちゃんとやっとたらえんや」で。私のことわかってくれようともしませんから。親(家族)が同席のカウンセリング治療なんて、考えられません。一人でカウンセリング治療を受けて治したいんですけど、何とかならないでしょうか?

カウンセラー: 一人でカウンセリング治療をねー。一人でカウンセリング治療をやっても治りは悪いですよ。なかなか続かないんですよ。あなたのような落ち込みの症状の方は特に。「こんなに私困ってます」と親(家族)に言ったら、心配しない親(家族)はいないと思いますが。

玲奈: 親(家族)に言ってもわかってもらえないとゆう気持ちが強いんです。それに困ってるって事、私、親(家族)には言えません。

カウンセラー: 「親(家族)に言えない」という親子家族関係こそ見直しが必要ではないですか。あなたは誰かに相談するということをしてきましたか?なんでも自分で解決できる、またしようとしてきたのではないですか?

玲奈: そうです。自分でやらなあかん!自分でやらな誰も助けてくれへん!こんなことばっかり言い聞かせてやってきました。

カウンセラー: 自分の仕事の責任が深まったり広がったりしてくると、なかなか自分の力だけでは解決できないこともでてくるでしょう。そんなとき信頼して相談できる上司か誰かをつくっておかないと、よく行き詰まるんですよ。誰か相談できる人はいますか?

玲奈: そんな人いません。上司なんて誰も信用できません。

カウンセラー: その考え方だったら、行き詰まるな。問題点はあちこちにあるようですね。 今こうして休職している時がチャンスだと思って、スタートをきりませんか?一人でカウンセリング治療をするなら、それなりの治療条件が必要です。それをはじめにお話しておきます。

 

1、一人で頑張れない時、助けてくれる人(家族)を確保すること

落ち込んでどうしようもない時、やはり助けが必要です。親家族が一番良いんですけどね。

 

2、カウンセリング治療予約に遅れたり、休む時は必ず連絡を

カウンセリング治療に遅れたとか約束をすっぽかしてしまったとかをやると、せっかくの良くなるチャンスをつぶしてしまいます。あなたも気が滅入るでしょうし、カウンセラーもやる気が失せてきます。

 

3、治療担当カウンセラーは道案内をする人。歩いて山を登るのはあなた

どうしたら治る糸口がみつかるか。親子家族関係や職場の人間関係などの問題をこれから解決していかないといけない。道は複雑です。「カウンセラーはこっちの道が近道です。安全ですよ」と言って、道案内をする役目で、その道を歩くのはあなたです。だからあなたもしっかりと歩ける工夫をしないといけません。

 

4、カウンセリング治療は闘いです

ここは癒される所とは違います。最終的には癒されるんですが、そこへ行く道のりは闘いだと思ってください。覚悟が必要なんです。どうしたら楽になれるだろろ。どうしたら解決の糸口がみつかるだろうという道を捜すのは、中途半端な気持ちでは見つかりません。

カウンセラー: おわかりいただけましたか。一度帰って考えてみてください。よし、やってみようと決心がおできになったら、またご連絡ください。

 

 

淀屋橋心理療法センター うつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ職場のストレス 仕事への迷いからうつ 28才女性

 

うつ職場のストレス 仕事への迷いからうつに (28才 女性 商社勤務)

向上心の強いまじめなK子さんが落ち込んだうつの穴

課長のなにげない発言がグサッと胸に

K子さんは商社勤務。入社して五年がたつ。未婚で現在は両親と三人で暮らしている。自分としてはまじめに一生懸命働いてきたつもりだ。しかし最初に配属された輸出部から動いたことは一度もない。昇進といった動きもK子さんにはお呼びがかからない。「同期入社のS君は、経理部へ異動して、主任になっているのに」「もう数字の入力作業ばかりもいやになった。もっとやりがいのある仕事をしたい」。こんなイライラ感を抱きつつも、飛び上がれずにいた。

ある日課長と話しをしていた時「K子さんも、もう28才か。よくやるよね。そろそろやな」という何気ない発言がひっかかった。「そろそろってどういうことですか」「まあまあそうむきにならんでもええやないか。ようやってくれるから、休養も必要やで、ぐらいの意味やで」と、さりげなくかわされた。

忘れようとしたが、「そろそろ」という言葉にひっかかって仕方がない。その日以来じわっと押し寄せるしんどさに悩まされるようになった。あんなに頑張って取り組んでいた仕事にもやる気がわかなくなった。張りつめていた風船がパーンと割れたような感じがしていた。遅刻が増え、欠勤も目立ち始め、心配した母親に伴われて淀屋橋心理療法センターの家族療法カウンセリング治療に来所した。

 

苦しい感情を日記に書くこと

K子さんの場合、まずはじめに落ち込み状態になる前と、なるきっかけとなった場面と、なってからの様子をくわしく日記のように書き出してもらった。その内容に沿いながらカウンセリング治療で聞いていった。その結果わかった事は、確かに課長の「そろそろやな」という一言がグサッと胸にきたのだが、どうもそれだけが今回のうつへの落ち込みではなさそうだ。「そろそろ」とう言葉は「そろそろ結婚して、退職することだな」と、K子さんには解釈できた。同僚や後輩、それに学生時代の友人達が次々と結婚していくなか、自分でも「そろそろ私も結婚しなくては」といったあせりを感じていたこともハッキリした。仕事か結婚か、と言われたら迷いなく「仕事」と答えられるK子さんだが、それでもすっぱりと割り切れてはいなかったという自分に気がついた。

 

「このままの私ではだめ」という自己否定感が浮上

カウンセリング治療を重ねていく中で「このままの私ではだめだ」という自己否定の思いが強いことがわかった。まじめで向上心の強いプラスの面が行動に結びつかず、ジレンマからうつの穴に落ちていったと思われる。引き続き苦しい気持ちを紙にぶつけるよう指示を出した。

 

良い意味付けを重ね、プラス思考に

日記にかかれた苦しい思いをカウンセリング治療で振り返りながら暗い表現を拾い上げ良い意味付けにかえていく。例えば「私は、こんな仕事しかできない」とあったら「こんな仕事ならゆうゆうとこなせる」と。「おせっかいやき」を「よく気がつく人」というふうに。

このように一つの出来事も視点をかえてみていくと、いつの間にか、見方が変わってくる。特に落ち込んでどうしようもない時に、効果を発揮するやり方である。ただしうつの人は自己否定感が強いので、その気持ちを否定するような言い方にならないよう注意を要する。

 

三ヶ月のち、吹っ切れて笑顔がもどる

三ヶ月たってK子さんは、こう話してくれた。「私、いまの自分でもいいと思えるようになりました。もちろん良い仕事を目指してがんばるという気持ちは変わりませんが。あせりのほうがよっぽど毒になるんですね。なにか資格を身に付けそれから転職のことは考えるようにします」と。

それから急激にしんどい波が押し寄せる回数は減り、今ではふたたび仕事に取り組んでいる。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病の人へ対応のコツ 職場での接し方 家庭の接し方

職場での接し方家族の接し方 うつ病の人へ対応のコツ

まわりの人の一言で急に悪くなったり、良くなったりするのもうつ病の特徴です。

 明るいはげましは逆効果

 

1.はげましは本人にムチをうつに等しい

「このごろ元気ないね。頑張って」「あなたらしくないわよ。しっかりして」と、つい言ってしまいがちです。はげましのつもりで言った言葉ですが、本人はいっそうつらさと苦しさが増してきます。

その場では「そうだね、ありがとう」と、明るくなったようでも後になって必ずといっていいほど落ち込みます。「がんばれないじぶんが悪いんだ」「みんなに迷惑かけて、自分は生きている値打ちがない」と、どんどん自分を責めて落ち込んでいきます。

 

2.「怠け」でないことをわかってあげる

はた目には何をしてもだらだら、ぼんやりといった感じがし、怠けているように見えます。うつ病はエネルギーを使い果たした状態と言えます。何をするのものろく、やる気がみえず、表情もさえません。風邪を引いたときのように「だるい、しんどい」を繰り返しますが、内科で診察をしてもらっても「異常なし」と言われます。

しかし本人の心のなかは絶望感や焦燥感と必死で戦っているのです。「なんとかしなければ」と、頑張ろうとすればするほど苦しさが増してきます。職場の人も家族の人もうつ病の人のつらさを十分にわかってあげましょう。

 

3.共感の気持ちで暖かく見守る

「しんどいんだ」と、本人が言ったら「本当にしんどいね。無理しなくていいよ」。「気が滅入ってしかたない」と言ったら「誰でもそういう時あるよ。今は落ち込んでいい時じゃないの」というふうに。

つらさを共有する言葉は、本人に「つらいけど、今の自分はこれでいいんだな」という肯定感をあたえ、瞬時であってもホッとできるのです。

 

4.長引くばあいは専門家に相談をしよう

「心の風邪ひき」といわれるうつ病。今ほんとうに増えてきています。誰もがかかる可能性のある症状です。

対応のコツさえわかれば恐れるには足りません。しかし内科の診察を受けても一月以上状態が改善しないときには、精神面、心理面でのケアーが必要です。専門家に相談しましょう。

 
 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ職場のストレス 部下の退職をきっかけに管理能力に自信をなくしてうつ病になり休職

うつ病治療 「取り残されるあせり」を捨てたら気が楽になって(38才 男性 システムエンジニア)

 

うつ職場のストレス 部下の退職をきっかけに管理能力に自信をなくしてうつ病になり休職

高橋氏はシステム・エンジニア。毎日夜遅くまでプログラムに取り組んでいた。そんなおり、一番信頼していた部下が突然退職を申し出てきた。聞いてみるともっと条件の良い、しかも自分がやりたかった海外での仕事が可能な会社に移るという。「そんな急なことで、今のプロジェクトの責任はどうなってもいいと言うのかね」「そりゃ責任は感じます。けど、課長は任せているようで僕に任せてくれていませんよ。全部自分で把握しないと気のすまない性格で。やりにくいんですよ」と、強気の反論が返ってきた。

部下の言葉は高橋氏にショックだった。信頼して相談もし、任せてきたと思っていたのに。結局は自分の管理能力の足らなさが、今回の退職をひきおこしたのか。一人一人が必死になって取り組まないとまわっていかないプロジェクトだけに、高橋氏のショックもかなり大きなものがあった。

 

不安感から夜眠れなくなり

「アイツのあの言葉、表情、オレをそんなふうにみてたのか」、と夜寝ようと目を閉じると部下の顔が浮かんでくる。一人抜けたせいで、自分が部下の分もカバーしなくてはいけなくなった。寝不足の身に間違いの許されない仕事はきつかった。「課長、このごろお疲れですね。ぼんやりしておられる時が多いですよ」と、いう声もかかってくる。ひそかに「働く男性のストレス度チェックリスト診断」なんかもためしてみると、かなりあてはまる項目がある。「あー、おれはもうだめだ。うつ病になってしまった」と思うと、ほんとうにうつ病になったような気がする。夜中に不安な気持ちがどうしてもとれず不眠が続きだし、とうとう高橋氏は遅刻や欠勤が増えてきた。

 


【働く男性のストレス度チェックリスト】(淀屋橋心理療法センター作成)


 

妻が「うつ 家族」でインターネット検索してみて

高橋氏はとうとう布団からでてこれず欠勤がつづき、上司から専門家の診察を受けるようすすめられた。心配した妻は、インターネットで「うつ 家族」のキーワードで検索をしてみた。すると該当する診療所やカウンセリングオフィスがずらっとでてくる。そのなかで「家族にも対応のアドバイスをさしあげます」と書いてある淀屋橋心理療法センターに目がとまった。

「お父さん、あなたがしんどいときは私が行ってもいいみたい。あなたにどうすればいいか、教えてもらえるんですって」と妻が言う。「それならいいな。行ってみようか」と、高橋氏はこたえた。「しんどくて外に出たくない時もある。そんなときは妻だけが行っていいのなら、助かるな」と、内心ホッとしていた。

 

三ヶ月で改善のきざしが見えてきた

妻と二人のカウンセリング治療がスタートした。毎回課題がだされる。「ホッと気持ちが休まるものをみつけましょう」とか「夜、奥さんといっしょにお茶を飲んでください」といったやさしい課題が中心だが、高橋氏本人にとってはしんどい時もあった。が、次回のカウンセリング治療でじっくり話をきいてもらい、アドバイスをもらう。こんな密着した対応がよかったのか、三ヶ月たったころから少しづつ改善のきざしがみえてきた。

「一日中、フトンでごろごろしてたけど、起きあがってテレビが見られるようになりました」

「妻と家のまわりを散歩しています」

「夜のプロ野球観戦も楽しくなりました。今年は阪神が強いし、みがいがありますね」

「小学生の子どもの宿題、少しくらいならみてやれます」

「なかなか良いきざしですね。この調子でいきましょう。順調に回復していますよ」という治療担当カウンセラーの言葉もうれしかった。

しかしこのまますんなりいくとは思えない。職場うつから休職している大抵の人に言えることだが、現場への復帰意識が強まってきた時に直面する不安感との戦いがやがてやってくるだろう。もう一山こさないといけない。そのしんどい時がまもなくやってくる。

 

「ポジションがなくなってしまう」あせりで悶々と

治療担当カウンセラーの予告どおり、その一山は一月ほどしてやってきた。新聞を読んだり、テレビでニュースを見たりできるようになって、高橋氏は「やれやれこれで自分も、もう一度社会へもどれるな」と思いだしたのはよかった。しかし同時に「こんなのんきなことしててええんやろか。みんなから取り残されてしまう」といったあせりの気持ちが、苦しいほどこみあげてくるようになった。

システムエンジニアという日進月歩の技術革新の世界である。技術的にまわりについていけるだろうかという不安感も強い。「はよ、職場にでんといかん」「自分のポジションがなくなってしまう」といった、現実感をともなったあせりと焦燥感にさいなまされだした。

「いよいよ最後の難関がやってきましたね。ここを乗り越えたら、きっと仕事に復帰できる日も近いですよ。奥さんの力をかりながら、いっしょに乗り切っていきましょう。どんな不安やあせりがあるか、奥さんに話してください。それを奥さんは書き留めて、次回もってきてもらえますか。現実に対応できるよう、不安やあせりを乗り切る力をカウンセリング治療でつけていくのです」。

 

「あー、ビールがおいしい。この店気に入った」と笑顔が

『不安やあせりを乗り切る力をつけていく』という治療担当カウンセラーの言葉はうれしかった。目標がしっかりと定まったような気持ちになれた。それからさらに三ヶ月。高橋氏と奥さんは熱心に淀屋橋心理療法センターに通い、カウンセリング治療を受け続けた。様子をみながらその都度二人にあった適切な課題がだされる。

日がたつにつれ高橋氏に変化がみられだした。これまでは「オレはこの課題をやらされてる」「なんでこんなに次から次へとせなあかんのや」と、ぶつぶつ言いながらこなしていた。それがいまでは「朝はよう起きて散歩したら、『まあなんとかなるかな』ってゆう気になってきましたわ」と、ゆとりのある言葉が聞かれだしたのだ。「あせってもどうにもなりませんな。それよりおいしいもん食べて、飲んで、ゆっくりいきますわ」と。

どうやら散歩しながら気にいったお店がいくつか目にとまったようだ。夜、奥さんをさそってでかけてみようということが2~3回あった。「あー、ビールがおいしい。この店気に入った」と笑顔がでてくるようになった。

 

「あせり」を捨てて「ゆとり」で復職

高橋氏にふたたび「ゆとり」がもどってきた。「主人も変わりました。こないだなんか新聞を読みながら、鼻歌を歌ってるんです」と報告が。疲れて、以前ならイライラして言葉が荒くなったりしていたが、それなりにおだやかに言えるようになっている。

先日のカウンセリング治療で高橋氏はしみじみとこう話した。「抑うつになる前は、私は必死で仕事をやってきました。『結果出さな、成果あげな。それでないと値打ちない。おまえら何しとんや。オレが一番やっとんやぞ』という気持ちでした。自分一人で成果をあげていたと思っていましたが、部下のみんなが協力してくれて、下支えしてくれてたからこそやれてたんやなって。部下が私から離れていったのも無理はないって、今なら思えます」と。

高橋氏はカウンセリング治療をうけて半年がたつ。「あー、長いこと、そんな感情忘れていたなー」と思えることがいくつかあるそうだ。 お風呂上がりに、「お湯にゆっくりつかるだけでも、こんなに疲れがとれるんやな」と、しみじみと感じられるのもその一つだという。

「これなら復職も近いし、職場でなにかあっても自分なりの「ゆとり」で乗り越えられるだろう」と、治療担当カウンセラーはひとまず安堵した。

 
 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病治療 家族療法カウンセリング治療と投薬治療

 

 うつ病治療は、淀屋橋心理療法センターにおまかせください

うつ病治療 家族療法カウンセリング治療と投薬治療

淀屋橋心理療法センターは1983年に設立されました。当初からうつ病のカウンセリング治療に力を注いでいます。軽いうつから自殺が危ぶまれる重大なうつ状態まで、幅広く対応することができます。やはり成功のキー・ポイントは「なんとかしたい」という本人の気持ちであり、「なんとか助けたい」という周りの人達の熱意、家族の対応です。

最近はSSRIをはじめ、新しい世代の抗うつ剤が出ておりますが、当センターの考えとしては、やはり薬は一時しのぎでしかありません。また最近のマスコミの論調では、よい薬がでたので「うつ病は心の風邪ひき」と考えてよいといった安易な解決法が目立ちます。

うつ病の人達は、心のピンチの時にどうするかという自分にあった解決策が欠けているように思います。それを獲得できるように淀屋橋心理療法センターは真剣にお手伝いします。

そのメリットは

  • うつ病の再発におびえなくてすむ。
  • 自分がフルパワーを出すことを恐れなくてもよくなる。
  • 自分の疲れを恐れなくてすむ。
  • 自分が心のバクダンをもった人間だという恐怖をもたずに、人生を送ることができる

淀屋橋心理療法センターでは、うつ病のさまざまな状況に合わせて、色々な治療法もあり、カウンセリング治療を組み合わせて治療をすすめていきます。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。