タグ別アーカイブ: ひきこもり

うつ病とひきこもり摂食障害(過食症拒食症) 大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行

大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行に困っておられる親御さんは少なくありません。

小学生の子どもさんが不登校になってからお母様といつも一緒に行動している。お母様がいないと不安で泣き出す。というようなケースは、子どもさんの赤ちゃん返りを受け入れ易いようです。「今は不安定な時期で寂しいのだろう。思い切り甘えさせてあげよう」と、親御さんは気持ちを切り替える事ができます。

ところが、20歳を過ぎた大人でも赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行のような現象が見られる事があります。例えば、本人は30歳の大人ですが、お母様を独占したがり四六時中お母様と一緒でないと気が済まない。お母様は一人で買い物に出かける事もできない。ベタベタと甘えてくる。夜はお母様が添い寝をしないと眠れない。頭をなでてほしい。抱っこしてほしい。膝枕をしてほしい。等もあります。

こういった大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行は、うつ病ひきこもり摂食障害(過食症拒食症)等の相談に来られた親御さんからきかれます。うつ病、ひきこもり、摂食障害(過食症拒食症)等の症状が現れる以前は全くそんな事はなく自立した生活を送る大人だったのに、症状が長引くとともに、段々と赤ちゃん返り(子ども返り)甘えもエスカレートしていったようです。

大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行を受け入れる事は難しいようです。お母様は精神的にもかなりの負担です。心配な反面、どう対応すればよいかが分からず混乱する方がほとんどです。どこまで受け入れたらよいかの判断がつかず、あまりの変わりように「脳の病気ではないか」と不安に駆られる親御さんもおられます。

淀屋橋心理療法センターの家族療法では、こういった大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行についても、親御さんの不安にお答えしアドバイスを差し上げています。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病と摂食障害 非嘔吐過食症(むちゃ食い障害) 体重が増える太る恐怖

吐けない過食症  体重が増える 太る恐怖

うつ病と摂食障害

非嘔吐過食症(むちゃ食い障害) 

 

 

摂食障害(過食症拒食症)電話問い合わせで、嘔吐無しの過食症の事を、非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)と言う方が多くなってきました。「吐けない体質」「吐こうとしたがうまく吐けなかった」「最初は吐けていたのに、段々吐けなくなってきた」等、吐きたいけれども吐けないという事で悩んでおられます。中には「上手な吐き方を教えて欲しい」という問い合わせもあり、びっくりしました。

非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)の人達は、まず何よりも体重が増える事を恐れています。吐けない恐怖は太る恐怖です。吐けないので体重がどんどん増えます。太った身体を見られたくないという思いが強くなり、摂食障害(過食症拒食症)以外の症状が出る事もあります。

「『こんなに醜い太った身体を見られるのは嫌だ』と言って、非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)から不登校になってしまった」という母親からの相談もありました。働いている方からは「吐けないのでお腹がパンパンで胃が痛い。身体を動かす事ができず、仕事に行けない。でも、もう会社を休めない」という相談もありました。そして段々と何もやる気がしなくなり無気力になって、うつっぽくなったり、家にひきこもりがちになる事もあります。一人部屋にひきこもっていると、食べ物の事しか考えられなくなり、益々過食がひどくなるという悪循環に陥る場合もあります。

「過食だけれど、吐いていないからまだ症状は重くない」と親御さんは考えがちですが、本人にとっては、『吐けない』『太る』というのはとても辛い状況です。早い段階で専門家に相談し、適切な治療を受ける事が早期解決につながります。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ職場のストレス治療 大学卒業後就職活動失敗してひきこもり

うつ職場のストレス

大学卒業したが就職活動に失敗してひきこもり

 

うつ病やひきこもりの相談は以前から多くありましたが、うつやひきこもりNEET(ニート)になるパターンが少し変わってきたような気がします。特につまずく時期が違います。

以前は中学、高校時代に不登校になり、そこからうつ状態ひきこもりNEET(ニート)になっていった。というようなパターンが多かったように思います。

最近は大学は卒業したのに就職活動で失敗し、その挫折がきっかけでうつ状態になり、ひきこもりNEET(ニート)になる。というケースが確実に増えています。就職活動はとても大変な状況にあります。そこで挫折した事により、自信をなくしたり、やる気を失ったりして、うつ病になる方もおられます。就職活動が大きなターニングポイントになる場合が多く見られるようになりました。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子どものうつ─母親が見つける子どものうつストレスサインチェック

子どものうつ─母親が見つける子どものうつ病ストレスサインチェック
 

次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすい子どものうつストレスサインのチェックポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなります

子どものうつストレスをみつける
母親が見つける子どものうつ病ストレスサインチェックリスト

子どもだってうつっぽくなることがあります。ほっておくと不登校、無気力症、引きこもり、チックなどさまざまな症状に発展していく恐れがあります。早い段階でお母さんが子どものうつストレスサインに気づいてあげましょう。次の子どものうつストレスをみつける母親が見つける「子どものうつストレスサイン」チェックリストをやってみてください。

(これは淀屋橋心理療法センターで作成した子どものうつストレスサインチェックリストで、サンケイ・リビング(2002.05.11)に掲載されました。それにいくつかチェックポイントを増やし、より正確にしてあります)

 

   
ボタンを押しても変化がない場合は下へどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アドバイス

 

チェックの数が0~5 『元気いっぱい、ハツラツっ子』

なかなか元気いっぱいで頼もしいですね。子どもの輝く笑顔を大切に、充実した毎日を送りましょう。

 

チェックの数が6~11 『ちょっとストレス、がんばりっ子』

「最近うちの子、ちょっと疲れてるのかしら」と、心配顔のお母さん、心配はいりません。これくらいのストレスサインは元気のいい子どもの場合はよくあります。ただこのサインがひどくなったり、回数がふえてきたりしないか、だけは注意を。家族一緒に楽しい時間を過ごして気分転換をはかるのもいいかもしれません。

 

チェックの数が12~17 『あちこちストレス、しんどいっ子』

だいじょうぶかな?かなりストレスサインが出ていますね。子どもの欠点ばかりついて、口やかましくなっていないか振り返ってみてください。子どもが少しでもよいことをしたときは、大いにほめてあげましょう。子どもの様子をよーく観察して、ストレスの原因がどこにあるか、見極める必要があります。

 

チェックの数が18~23 『ストレスいっぱい、心配っ子』

かなりストレスがたまっているようです。学校での様子はどうでしょうか。友人関係はうまくいっていますか。まさかいじめられたりはしていないでしょうね。親の手助けがうまくいけば、思わぬところで立ち直りのきっかけをつかむことがあります。でも、この状態が長引くと、他の家族に影響が出るかもしれません。学校の先生に連絡をとって、相談にのってもらうのもいいかもしれません。

 

チェックの数が24以上 『あらゆるストレス、背負いっ子』

この状態が続くと、なんらかの症状となって出てくる可能性が。本人もしんどいはずです。一番理解してほしいお母さんにもうまく伝えられず、悶々としているのかもしれません。学校、家庭、友だちと、どこでのストレスが一番ひどいのでしょうか。時間をとって、子どもとじっくりと話し合う機会を早い段階で持ちましょう。ストレスが慢性化しないうちに、専門治療機関に相談することをおすすめします。

淀屋橋心理療法センターに来所した人たちを対象に導き出したものです)

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。