タグ別アーカイブ: カウンセリング

職場のストレスうつ病のカウンセリング 銀行勤務一年休職 36才男性

職場のストレスうつ病 銀行勤務 一年間の休職中 36才男性

 

36歳の銀行勤務の男性です。職場を休職して一年がたったのですが、なかなか症状が改善しないということで来所されました。カウンセラーが状況をくわしく聞いていきます。日常生活の過ごし方、家族との関わり、心の不安の対処法などです。職場で感じたストレスなども重要なポイントです。

家の近くの心療内科で薬を処方してもらっておられました。休職して一年間のあいだに、「眠れません」「体調がよくないんです」など不調を訴えるたびに薬は増えて。今16錠の薬を一日3回に分けて飲んでいます。

ご本人の気持ちのなかには、「こんなにたくさんの薬のんでるけど、これってほんまに効いてるんやろか」「のんでるけど、しんどいな、だるいな」といった体調の悪さも気になります。「うつでしんどいのか、薬でしんどいのかわかりません。一体どうなんでしょうか?」といった疑問や不安が服薬に対してふつふつとわき上がってくるようです。その反面、「そやけど減らすゆうてもなー、大丈夫やろか。よけ悪なるんちがうやろか」といった不安があって減らすという方向も無理なようです。長引く症状に「昼間眠くてボーとしてるけど、こんなんで一体いつ復職できるんやろか」「早く職場に戻らないと、みんなから取り残されてしまう」というあせりも強くなってきています。

薬についての質問や不安がでると、精神科医である所長に助けを求めます。カウンセリングに一緒に入室してもらい、「薬を飲んだあと、ボーとしますか?」「途中で目がさめますか?」「食欲はおちていませんか?」など本人に直接質問がだされます。「ボーとして何も楽しめないのは薬のせいかな、など思われますか?」といろんな角度から質問があったあと、クライアントと家族の方に直接説明やアドバイスをさしあげます。精神科医はこの方の場合は薬をのんでいるほうがプラスだろうと判断し、そのように説明をしました。

カウンセリングが終わってご本人がこう言われました。「イライラや不安がつのって、死にたくなるときもありました。お医者さんに気になってたことを直接聞いてもらえてよかったです。不安だった薬についても説明してもらい、なんか心が軽ーくなったようです」。家族の方も「イライラしだしたらどないゆうてあげたらいいんか困っていました。けど今日のアドバイスで、対応の仕方が具体的にわかってホッとしました。ありがとうございました」と。ご本人も家族の方も、安心したような笑顔をうかべて帰って行かれました。

このように精神科医とカウンセラーがチームを組んで、我々はより安心できる確実なカウンセリングを受けていただけるよう、努力しています。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み 性格行動関連 チック

『チック』(別冊PHPより)

目をパチパチさせたり、肩をひくつかせたりして、それをしないと落ち着いていられない状態がチックです。元来、心配な病気ではありませんので、親があまり気にせず、そうっと見守っていれば自然に治ると言われています。とくに子どもが小さいほど、自然治癒するようです。しかし、チックの裏に子どもの気持ちの不具合や不安が隠れているのかもしれませんので、長く続くようでしたら、専門の医師に診てもらうといいでしょう。

チックを気にする親はつい「やめなさい」と、言ってしまいがちです。言って止まればもうけもんですが、おそらく止まることはないでしょう。また、チックは体の他の場所に移動することもあります。肩のチックが目のチックになったり、首のチックになるという具合に変わっていくのです。それを利用して治療する方法もあります。

ともあれチックを示す子どもには、なにか訴えたいという気持ちがあるはずですから、きっかけがあれば聞き出すことはできるでしょう。まず、正攻法で「なにか悩みがあるの」と聞いてみますが、ふつうは「べつに」とか「なにもない」という返事しか聞けないと思います。そこで親はあわてずにゆったりと構えて、子どもの好きなことを一緒にやったり、お風呂に入ったり、話を聞いてやったりしているうちに、「あのね」と心のわだかまりが溶けて、チックが消えてしまうこともよくあります。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病とひきこもり摂食障害(過食症拒食症) 大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行

大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行に困っておられる親御さんは少なくありません。

小学生の子どもさんが不登校になってからお母様といつも一緒に行動している。お母様がいないと不安で泣き出す。というようなケースは、子どもさんの赤ちゃん返りを受け入れ易いようです。「今は不安定な時期で寂しいのだろう。思い切り甘えさせてあげよう」と、親御さんは気持ちを切り替える事ができます。

ところが、20歳を過ぎた大人でも赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行のような現象が見られる事があります。例えば、本人は30歳の大人ですが、お母様を独占したがり四六時中お母様と一緒でないと気が済まない。お母様は一人で買い物に出かける事もできない。ベタベタと甘えてくる。夜はお母様が添い寝をしないと眠れない。頭をなでてほしい。抱っこしてほしい。膝枕をしてほしい。等もあります。

こういった大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行は、うつ病ひきこもり摂食障害(過食症拒食症)等の相談に来られた親御さんからきかれます。うつ病、ひきこもり、摂食障害(過食症拒食症)等の症状が現れる以前は全くそんな事はなく自立した生活を送る大人だったのに、症状が長引くとともに、段々と赤ちゃん返り(子ども返り)甘えもエスカレートしていったようです。

大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行を受け入れる事は難しいようです。お母様は精神的にもかなりの負担です。心配な反面、どう対応すればよいかが分からず混乱する方がほとんどです。どこまで受け入れたらよいかの判断がつかず、あまりの変わりように「脳の病気ではないか」と不安に駆られる親御さんもおられます。

淀屋橋心理療法センターの家族療法では、こういった大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行についても、親御さんの不安にお答えしアドバイスを差し上げています。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病子育ての悩み いじめ不登校

淀屋橋心理療法センターから上梓した本に「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)というのがあります。これは「いじめ」を中心に、家族がどう取り組むか、学校(担任)との協力体制はどうすれば組めるか、本人をどう成長に導くかを書いた本です。ちょうど「いじめ」の項目がでてきましたので、ここで内容を紹介したいと思います。(これは別冊PHPにのっていません)

『家族の心理療法』(朱鷺書房)

 

「子どもの心の傷を癒す家族の力」

いじめ、不登校、無気力症などなど。子どもが心の傷に苦しむとき、本人をとりまく周囲の人にも治療の視野を広げていくことが欠かせない。家族のなかでこそ、子どもは生きる力を獲得していく。家族とはなにか、いかにして家族の治癒力を高めるか。具体的事例をもとに、治療のプロセスを紹介した本である。

 

目次を追いながら、本の内容を紹介

 

一章 母親の不安

    1. 腕の青あざから、いじめを疑う(小学五年生 男子)

事例をもとに親や先生への信頼感を深め、いじめ解決のプロセスで親子の絆を深めるにはを紹介している。

    1. 「どうしてやり返さないの」と、親は思うが(小学五年生 男子)

もっと子どもをよく知るために、日常生活の記録をつけてみることをアドバイスしている。

    1. 「バイキンだ、きたねえぞ」とからかわれて(小学六年生 女子)

「私の育て方が悪かったのか」と悩む母親。しかし悩むだけでは解決しない。いじめられたことを話せる家庭づくりとは。母親はどんな対応をすればいいかなど、具体的にアドバイス。

    1. 娘が「いじめられているらしい」と、聞かされて(小学六年生 女子)

心配で、食事ものどをとおらない母親。担任の先生に話したほうがいいか、迷ったあげくやはり相談を。結果として「話してよかった」という安堵をえることができた。

    1. 「おまえなんか死ね!」の手紙がポストに(中学一年生 女子)

正義感をだしてかばったがために、自分もいじめの標的にされて不登校になってしまった。学校側の協力を得て、再登校にこぎつけることができた。

 

二章 学校との話し合いのむずかしさ

    1. 「先生、いますぐ事実確認してください」(小学四年生 女子)

怪我はしなかったけど、いじめられたのは三回目。母親が担任の先生に伝えるときのこつを説明。

    1. 「過保護ですね、お母さんは」の言葉にカッと(中学一年生 男子)

お金を貸さないと、弁当箱を隠されるといういじめにあっていた。先生に伝えても取りあってもらえないというもどかしさ。教師と親が同じ温度で土俵にあがるのはむずかしい。

    1. 「学校のここだけは許せません」(小学六年生 男子)

給食をじかに机の上におかれて、母親は奮起。父親の協力の大切さと、両親のチームワークの取り方を説明。

  1. 心ない校則、もういいかげんにして(高校二年生 担任の話)
  2. それでも味方をしてやりたい(中学生 生徒相談係の先生の話)
  3. ピンチをチャンスにと、全校あげて取り組む(小学六年生 担任の話)

三章 仲良しグループからいじめで不登校に(小学六年生 女子)

  1. やっと話せたいじめの実態 —- いじめを母親に話したけど、比重がちがう
  2. 功を奏した父親の協力 —- 母親と本人の言い落差を父親がうまくなだめて
  3. 再登校のきっかけ —- 担任の協力が大きな陰日向の力に
  4. 登校後の家庭の役割 —- 再登校したら親はいっそう気持ちを引き締めて

四章 家庭内暴力からの立ち直り(中学二年生 男子)

  1. いじめから不登校、家庭内暴力へ —- 部活が原因?担任と母親の対立が表面化
  2. 争う両親から向き合う両親へ —- 母親が、息子と父親をつなぐ心のパイプ探しに
  3. 両親の協力体制で大きく前進 —- 母親は、父親への「橋渡し役」を。生きる父親の機転
  4. やっと解け始めた心の氷 —- 担任の家庭訪問が、本人の心を開いて、再登校が可能に

五章 いじめの後遺症から学校恐怖に(高校一年生 男子)

  1. 尾を引いていた中学時代のいじめ —- 学校で生徒にはいじめられ、担任からはなじられ
  2. 危機脱出のカギをさぐる —- 親子で「テンポ」の違いを認識、「雑談」ができる家庭に
  3. 危機克服に向けてスタート —- 道案内役のセラピストに導かれ、一歩一歩元気を回復
  4. 「不安がいっぱい」は、良いサインー「もうだめ」「むかつく」「学校はいやだ」と落ち込むけど
  5. 心の重荷を語り出すと、頂上は近いーいじめを自ら語りだして、再登校が実現した

六章 長年の対人緊張を克服(大学一回生 女性)

  1. 根強く残る身近な人への不信感 —- 幼稚園から始まったいじめが、不登校、対人恐怖へと
  2. おだやか家族に嵐を起こす —- 「家族で爆発」のすすめを、セラピストが主導で
  3. 対人緊張はこうすれば克服できる —- 正直な人に多い対人緊張。罪のないうそで切り抜けよう
  4. 子どもの心の傷を癒す「家族で爆発」 —- 家族で怒りの感情を共有し、爆発、発散へと歩む

七章 家族の再生

    1. 学校と家庭のチームワークは大きな力

チームワークの前には多くの困難が

「見守りましょう」の落とし穴

さりげないふだんの様子を知らせ合う

裏目にでやすい子どもの救出作戦

不安を口にしだしたら、担任教師とのパイプを太く

チームワークでピンチをチャンスに

    1. 家族の治癒力を問いなおす

「親子で雑談」が、治癒力を発揮する土台

1+1=5が成り立つ両親協力の力学

ジグソーパズルが完成する父親の参加

「押してもダメ、引いてもダメ」、こんなときどうする?

治癒力を発揮できる家族とは

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

職場のストレスうつ病のカウンセリング 休職が決まったら早めの相談を

「うつ病で休職中です。あと一週間で休職期間が終わりますが良くなりません。どうすればよいでしょうか」という問い合わせ電話がありました。

職場のストレスやうつの相談は多くありますが、残念に思うのは、休職期間がもうすぐ終わるという時なって、やっと、相談に来られる方が多いという事です。「数ヶ月の休職期間があったが、結局何も変わらず復職期日を迎える」という方がとても多い。

そんな中、「来月から、二ヶ月間休職する事になりました。その間どう過ごしたらよいか相談したいのでカウンセリングの予約をとりたい」という問い合わせ電話が入りました。

早期対応は、早期解決につながります。休職期間○ヶ月というリミットがある中で、早い段階で来所されカウンセリングを受けていただく事は、とても重要です。「休職期間が終わっても、何も変わらなかった」とならないように、自分達で解決できない事は、早めに専門家に相談する事が必要だと感じます。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。