タグ別アーカイブ: チェックリスト

職場のストレスうつ病のカウンセリング 家業を継いだ男性(36才)うつ病からの立ち直り(チェック・リストが役立った)

企業に三年勤務後家業を継ぐ。翌年うつ病発症(36歳男性)

事例紹介

商社の海外派遣社員として三年間勤務。仕事も順調にのりだしたころ実家の父親から「家業の印刷業を継げ」という命のもと、退社した。翌年の春ごろからうつっぽくなり、仕事ができなくなる。近くの診療内科で受診したものの、一年たっても改善を見ず、当センターに来所となる。

(福井正雄(仮名)36才男性、既婚、小学6年生と4年生の息子二人)

妻に伴われて来所、苦しい気持ちを打ち明ける

腕組みをしたままじーと動かず福井さんは座っていた。そばにいる妻が心配そうにときどき顔をのぞきこんでいる。「うつになって一年が経過ですか。薬はのんでおられるんですか」というセラピストの問いかけに「はい、近くの心療内科でもらって。でも効かないんですよ」と、福井さん。「詳しくご様子をお聞かせくださいませんか」と言うと、苦しそうな表情がしばらく続いた後、やっとおもい口を開いた。

「朝起きられない日がずーと続いています。もう半年近くも。一日中ふとんの中という日もあります」。パジャマを着替えるでもなく、食事をするでもない。仕事は父親が仕切っているので、生活費の心配はないが。そばにいる妻が口を開いた「私も心配です。いつまでこんな状態なのか。でも最近では夜テレビをみたりしていることもあります。明日は動けるんじゃないかと。それが朝になるとダメで。『いい加減にしてよ。いつまでこんなだらしない生活してるの』と、責めたこともありました。そうはいっても本当につらそうで、今は何とか早く治って欲しいという思いでいっぱいです」。

「こんな父親ではいかん」と、自分を責めて

「一番おつらいことは何ですか」とセラピストが聞くと、福井さんは顔をゆがめてこう答えた。「上の子がもう六年生で、中学受験させたい。塾には通っているが、家でみてやることも必要だ。それも気ばかりでちっともみてやれんままで。下の子は野球が好きで「お父さん、キャッチボールして」とせがむんですが、それどころでない。「テレビゲーム、クリアーできたよ、みてみて」と、なんとかして父親にかまってもらいたくてひっついてくる。

自分の身をもちこたえるだけでもせいいっぱいなのに、そんなたいへんなことはとうていしてやれない。「こんな父親ではいかん。なんとか子どもにとっていい父親にならなくては。そんなこともできない自分は、ほんとうにダメ人間だ」と、自分を責めてばかりいた。

「うつのチェック・リスト」が注意どころを示唆

自己問診票ともいってチェック・リストは自分のうつ度をはかるのに最適な方法である。福井さんにやってもらって、セラピストが採点するとかなり高い点数である。「うーん、68点か。これはかなり重いほうですね。項目を一つ一つ吟味してみましょう」。

細かくみてくなかで、福井さんがとくに生活のなかで注意したほうがいい点がみえてきた。例えば「一日のうちで朝方に気分の悪さがある」という項目。妻は「朝起きてこないのは、怠けているのでは」という非難のまなざしだった。セラピストは「うつは一日のうちでも気分の変動があり、午後から夕方にかけて楽になるものなんです。朝はおつらいでしょうから、ゆっくりさせてあげてください」というアドバイスを出した。 (うつのチェック・リストをお試しください)

企業では優秀社員だった福井さん

福井さんはこう話した。「今はこんな状態で信じられないかもしれませんが、会社では優秀社員と言われてたんですよ」。得意先の評判もよく、ミスも少ないし、きちょうめん。上司からも信頼されていた。「あの頃が最高に楽しかった。やる気まんまんで毎朝出社してました」。

それがなぜこういうしんどい症状に陥ってしまったのか。面接治療がすすむなか、現在の生活で思わぬキーポイントが見つかった。

父親との正反対の性格が浮上

「三年間他の企業で丁稚奉公の修業をつむ」という父親との約束で福井さんの社会人生活はスタートした。約束の三年がきてしまって、残念ながら退社し実家へ戻った。家業を継ぐという名目で父親の下で働きだした。父親は福井さんとはちがってワンマンタイプ。「おい、これはこうやれ」「なんだこのやりかたは」と言い方も命令口調。声は大きく押し出しもつよい。繊細で几帳面な福井さんとは相いれなかった。しかし「長男やからしかたない」と、がまんを重ねていた。

妻に相談したが「お父さんは、あんなタイプの人なのよ。あなたが気にしすぎよ。もっと割り切ったら」と、取り合ってくれなかった。

そんなこんな状態のなかただ自分を抑えてガマンするという一年が過ぎたころから、福井さんはだんだん仕事に対してやる気がなくなってきた。

家族で話し合いの家族療法が立ち直りのきっかけに

個人療法では限界があるし、治癒に長くかかると判断したセラピストは両親や妻も参加の家族療法に切り替えた。

何回かの家族面接ののち、「息子は怠けている」という厳しい目でしか見れなかった父親も、だんだん理解しはじめた。「商売の数字をあげることばかりが大事と思って、つい気がつかんで」と、素直に自分の押し出し商法を抑えることに同意。息子の意見も取り入れ始めた。

福井さんも生活の立て直しをスタートした。妻もふくめ親子四人で話し合った結果、やりやすいことから実行していくことになった。「朝起きたら、服に着替える」「食事は遅れて一人でもいいから、テーブルでとる」「息子と遊ぶのはしんどくなるといけないので、学校から帰ってきたら『おかえり』といって頭をなでてやる」。この三つが決まった。「これならできそうです」と、福井さんも心なしが背筋をしゃんとしていた。

小さなことの積み重ねがうつからの脱却

「こんなことできてあたりまえやないか」と思われるようなことのほうがよい。うつから立ち直るスタートは、欲張らないこと。「新聞の見出しが読めるようになったら、うつから立ち直るきざしですよ」と話したことがある。クライエントは「え、そんなことが?それならできそうだな」と、それを目標にどんどんよくなっていった。

「パジャマを服に着替えるなんて、して当たり前」と、思われるかもしれないが、こんなことができなくなるのがうつである。小さなよい変化を目標にして、できたら家族の人も「よくできたね」と評価してあげる。この積み重ねがうつからの脱却につながるのである。

福井さんも家族療法をスタートして三ヶ月たった。セラピストの指導のもと家族の協力を得て、少しづつ父親の職場に顔を出せるようになってきた。

 

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

 

うつ職場のストレス 部下の退職をきっかけに管理能力に自信をなくしてうつ病になり休職

うつ病治療 「取り残されるあせり」を捨てたら気が楽になって(38才 男性 システムエンジニア)

 

うつ職場のストレス 部下の退職をきっかけに管理能力に自信をなくしてうつ病になり休職

高橋氏はシステム・エンジニア。毎日夜遅くまでプログラムに取り組んでいた。そんなおり、一番信頼していた部下が突然退職を申し出てきた。聞いてみるともっと条件の良い、しかも自分がやりたかった海外での仕事が可能な会社に移るという。「そんな急なことで、今のプロジェクトの責任はどうなってもいいと言うのかね」「そりゃ責任は感じます。けど、課長は任せているようで僕に任せてくれていませんよ。全部自分で把握しないと気のすまない性格で。やりにくいんですよ」と、強気の反論が返ってきた。

部下の言葉は高橋氏にショックだった。信頼して相談もし、任せてきたと思っていたのに。結局は自分の管理能力の足らなさが、今回の退職をひきおこしたのか。一人一人が必死になって取り組まないとまわっていかないプロジェクトだけに、高橋氏のショックもかなり大きなものがあった。

 

不安感から夜眠れなくなり

「アイツのあの言葉、表情、オレをそんなふうにみてたのか」、と夜寝ようと目を閉じると部下の顔が浮かんでくる。一人抜けたせいで、自分が部下の分もカバーしなくてはいけなくなった。寝不足の身に間違いの許されない仕事はきつかった。「課長、このごろお疲れですね。ぼんやりしておられる時が多いですよ」と、いう声もかかってくる。ひそかに「働く男性のストレス度チェックリスト診断」なんかもためしてみると、かなりあてはまる項目がある。「あー、おれはもうだめだ。うつ病になってしまった」と思うと、ほんとうにうつ病になったような気がする。夜中に不安な気持ちがどうしてもとれず不眠が続きだし、とうとう高橋氏は遅刻や欠勤が増えてきた。

 


【働く男性のストレス度チェックリスト】(淀屋橋心理療法センター作成)


 

妻が「うつ 家族」でインターネット検索してみて

高橋氏はとうとう布団からでてこれず欠勤がつづき、上司から専門家の診察を受けるようすすめられた。心配した妻は、インターネットで「うつ 家族」のキーワードで検索をしてみた。すると該当する診療所やカウンセリングオフィスがずらっとでてくる。そのなかで「家族にも対応のアドバイスをさしあげます」と書いてある淀屋橋心理療法センターに目がとまった。

「お父さん、あなたがしんどいときは私が行ってもいいみたい。あなたにどうすればいいか、教えてもらえるんですって」と妻が言う。「それならいいな。行ってみようか」と、高橋氏はこたえた。「しんどくて外に出たくない時もある。そんなときは妻だけが行っていいのなら、助かるな」と、内心ホッとしていた。

 

三ヶ月で改善のきざしが見えてきた

妻と二人のカウンセリング治療がスタートした。毎回課題がだされる。「ホッと気持ちが休まるものをみつけましょう」とか「夜、奥さんといっしょにお茶を飲んでください」といったやさしい課題が中心だが、高橋氏本人にとってはしんどい時もあった。が、次回のカウンセリング治療でじっくり話をきいてもらい、アドバイスをもらう。こんな密着した対応がよかったのか、三ヶ月たったころから少しづつ改善のきざしがみえてきた。

「一日中、フトンでごろごろしてたけど、起きあがってテレビが見られるようになりました」

「妻と家のまわりを散歩しています」

「夜のプロ野球観戦も楽しくなりました。今年は阪神が強いし、みがいがありますね」

「小学生の子どもの宿題、少しくらいならみてやれます」

「なかなか良いきざしですね。この調子でいきましょう。順調に回復していますよ」という治療担当カウンセラーの言葉もうれしかった。

しかしこのまますんなりいくとは思えない。職場うつから休職している大抵の人に言えることだが、現場への復帰意識が強まってきた時に直面する不安感との戦いがやがてやってくるだろう。もう一山こさないといけない。そのしんどい時がまもなくやってくる。

 

「ポジションがなくなってしまう」あせりで悶々と

治療担当カウンセラーの予告どおり、その一山は一月ほどしてやってきた。新聞を読んだり、テレビでニュースを見たりできるようになって、高橋氏は「やれやれこれで自分も、もう一度社会へもどれるな」と思いだしたのはよかった。しかし同時に「こんなのんきなことしててええんやろか。みんなから取り残されてしまう」といったあせりの気持ちが、苦しいほどこみあげてくるようになった。

システムエンジニアという日進月歩の技術革新の世界である。技術的にまわりについていけるだろうかという不安感も強い。「はよ、職場にでんといかん」「自分のポジションがなくなってしまう」といった、現実感をともなったあせりと焦燥感にさいなまされだした。

「いよいよ最後の難関がやってきましたね。ここを乗り越えたら、きっと仕事に復帰できる日も近いですよ。奥さんの力をかりながら、いっしょに乗り切っていきましょう。どんな不安やあせりがあるか、奥さんに話してください。それを奥さんは書き留めて、次回もってきてもらえますか。現実に対応できるよう、不安やあせりを乗り切る力をカウンセリング治療でつけていくのです」。

 

「あー、ビールがおいしい。この店気に入った」と笑顔が

『不安やあせりを乗り切る力をつけていく』という治療担当カウンセラーの言葉はうれしかった。目標がしっかりと定まったような気持ちになれた。それからさらに三ヶ月。高橋氏と奥さんは熱心に淀屋橋心理療法センターに通い、カウンセリング治療を受け続けた。様子をみながらその都度二人にあった適切な課題がだされる。

日がたつにつれ高橋氏に変化がみられだした。これまでは「オレはこの課題をやらされてる」「なんでこんなに次から次へとせなあかんのや」と、ぶつぶつ言いながらこなしていた。それがいまでは「朝はよう起きて散歩したら、『まあなんとかなるかな』ってゆう気になってきましたわ」と、ゆとりのある言葉が聞かれだしたのだ。「あせってもどうにもなりませんな。それよりおいしいもん食べて、飲んで、ゆっくりいきますわ」と。

どうやら散歩しながら気にいったお店がいくつか目にとまったようだ。夜、奥さんをさそってでかけてみようということが2~3回あった。「あー、ビールがおいしい。この店気に入った」と笑顔がでてくるようになった。

 

「あせり」を捨てて「ゆとり」で復職

高橋氏にふたたび「ゆとり」がもどってきた。「主人も変わりました。こないだなんか新聞を読みながら、鼻歌を歌ってるんです」と報告が。疲れて、以前ならイライラして言葉が荒くなったりしていたが、それなりにおだやかに言えるようになっている。

先日のカウンセリング治療で高橋氏はしみじみとこう話した。「抑うつになる前は、私は必死で仕事をやってきました。『結果出さな、成果あげな。それでないと値打ちない。おまえら何しとんや。オレが一番やっとんやぞ』という気持ちでした。自分一人で成果をあげていたと思っていましたが、部下のみんなが協力してくれて、下支えしてくれてたからこそやれてたんやなって。部下が私から離れていったのも無理はないって、今なら思えます」と。

高橋氏はカウンセリング治療をうけて半年がたつ。「あー、長いこと、そんな感情忘れていたなー」と思えることがいくつかあるそうだ。 お風呂上がりに、「お湯にゆっくりつかるだけでも、こんなに疲れがとれるんやな」と、しみじみと感じられるのもその一つだという。

「これなら復職も近いし、職場でなにかあっても自分なりの「ゆとり」で乗り越えられるだろう」と、治療担当カウンセラーはひとまず安堵した。

 
 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

母親妻のうつ育児ストレスチェック

母親妻のうつ育児ストレスチェック

次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいうつストレスチェックポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなります

母親妻のうつ育児ストレスチェックーけっこう多い水面下のうつストレス

夫や子どものことを優先させてしまう母親、妻。あなた自身のうつストレスを一度チェックしてみませんか。思わぬところにガマンの限界がきていたりするものです。

これは淀屋橋心理療法センターで作成したうつストレスチェックで、サンケイ・リビング(2002.05.11)に掲載されました。それにいくつかチェック項目を加え、より正確にはかれるようにしてあります。

 

1) 自分自身のことについて

 

2) 夫について

 

3) 子ども育児について

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ状態(ツング変法) うつ病の早期発見にはチェックリストでうつ病のサインを早期発見

うつ状態(ツング変法)

うつ病の早期発見には、チェックリストでうつ病のサインを早期発見

うつ病にみられやすい初期サイン

  • 「何となくゆううつで、やる気がわいてこない」
  • 「食欲がない」
  • 「夜寝つきがわるく、早朝にめがさめる」

このような状態がこの頃つづいていませんか?初期うつ病のサインは一つ一つをとってみれば、たいしたことはありません。「風邪を引いたのかな」「ちょっと疲れがたまっているようだ」といった印象をうけると思います。こんな負のサインがいくつか重なり、三ヶ月以上たっても改善しないようなら「うつ病」を疑ってみましょう。

淀屋橋心理療法センター

うつ病の五つの特徴

1. 気分の落ち込み

やる気がわいてこない。憂うつ感が去らず、気分がさえない。わけもなく悲しくなるなど。

2. 気分の日内変動

一日のうちでも午前と午後とでは気分が変わる。朝目覚めた時が一番重苦しく、午後になって比較的楽になる。

3. 朝早くめがさめる

4時頃に目が覚めてしまい、それから眠れず悶々と。あるいはうつらうつらしながら、苦しい夢ばかりみているなど。

4. 社会的関心の減退

テレビや新聞を見る気がしない。人と話しをするのがしんどくて、出社するのがおっくう。

5. 自己否定感が強い

「私はだめな人間」「周りの人に迷惑ばかりかけている」といった自分を否定したり責めたりする。うつ状態がすすんでくると、「自分は生きている値打ちがない。死んだ方がましだ」と、思いこむようになる。

こういった心の症状に加えて、うつの場合は体の不調─特に自律神経系の症状が出てきます。例えば「口の中が渇く」「頭が重たい」「便秘や下痢」「耳鳴り」「手足の冷えやしびれ」などです。

チェックリストでうつ病のサインを早期発見

「ちょっとこのごろ気になるな。でも医者へいくほどでもないし・・」と言う人は、うつ病チェックリストをやってみてください。見逃しやすいサインを見つける手がかりとなるでしょう。

うつ状態チェックリスト(ツング変法)

点数のつけ方
いつも しばしばある ときに めったにない
4点 3点 2点 1点
  4 3 2 1
01 気分が沈みがちでゆうつである
02 ささいなことで泣きたくなる
03 夜、よく眠れないし、朝早く目が覚める
04 最近、体重が減ってきた
05 便秘がちである
06 ふだんよりも動悸がする
07 わけもなく疲労感があり、疲れがとれにくい
08 落ち着かず、じっとしていられない
09 ふだんよりイライラ感がある
10 自分がいないほうがみんなのためだと思う
11 一日のうちで朝方に気分の悪さがある
12 食欲不振がある
13 異性に関心がない(性欲がない)
14 気分はふだんよりさっぱりしない
15 手慣れた仕事もてきぱきとできない
16 将来のことに希望がもてない
17 決断力がなく、迷うことが多い
18 自分が役に立つ人間だとは思わない
19 毎日の生活に張りと充実感がない
20 今の生活自体に満足していない

   
ボタンを押しても変化がない場合は下へどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

判定方法:20項目全体の総合得点
40点以下 うつ状態なし
40点~49点 軽症うつ状態
50点~59点 中等度うつ状態
60点以上 重症うつ状態
 
 
 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子どものうつ─母親が見つける子どものうつストレスサインチェック

子どものうつ─母親が見つける子どものうつ病ストレスサインチェック
 

次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすい子どものうつストレスサインのチェックポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなります

子どものうつストレスをみつける
母親が見つける子どものうつ病ストレスサインチェックリスト

子どもだってうつっぽくなることがあります。ほっておくと不登校、無気力症、引きこもり、チックなどさまざまな症状に発展していく恐れがあります。早い段階でお母さんが子どものうつストレスサインに気づいてあげましょう。次の子どものうつストレスをみつける母親が見つける「子どものうつストレスサイン」チェックリストをやってみてください。

(これは淀屋橋心理療法センターで作成した子どものうつストレスサインチェックリストで、サンケイ・リビング(2002.05.11)に掲載されました。それにいくつかチェックポイントを増やし、より正確にしてあります)

 

   
ボタンを押しても変化がない場合は下へどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アドバイス

 

チェックの数が0~5 『元気いっぱい、ハツラツっ子』

なかなか元気いっぱいで頼もしいですね。子どもの輝く笑顔を大切に、充実した毎日を送りましょう。

 

チェックの数が6~11 『ちょっとストレス、がんばりっ子』

「最近うちの子、ちょっと疲れてるのかしら」と、心配顔のお母さん、心配はいりません。これくらいのストレスサインは元気のいい子どもの場合はよくあります。ただこのサインがひどくなったり、回数がふえてきたりしないか、だけは注意を。家族一緒に楽しい時間を過ごして気分転換をはかるのもいいかもしれません。

 

チェックの数が12~17 『あちこちストレス、しんどいっ子』

だいじょうぶかな?かなりストレスサインが出ていますね。子どもの欠点ばかりついて、口やかましくなっていないか振り返ってみてください。子どもが少しでもよいことをしたときは、大いにほめてあげましょう。子どもの様子をよーく観察して、ストレスの原因がどこにあるか、見極める必要があります。

 

チェックの数が18~23 『ストレスいっぱい、心配っ子』

かなりストレスがたまっているようです。学校での様子はどうでしょうか。友人関係はうまくいっていますか。まさかいじめられたりはしていないでしょうね。親の手助けがうまくいけば、思わぬところで立ち直りのきっかけをつかむことがあります。でも、この状態が長引くと、他の家族に影響が出るかもしれません。学校の先生に連絡をとって、相談にのってもらうのもいいかもしれません。

 

チェックの数が24以上 『あらゆるストレス、背負いっ子』

この状態が続くと、なんらかの症状となって出てくる可能性が。本人もしんどいはずです。一番理解してほしいお母さんにもうまく伝えられず、悶々としているのかもしれません。学校、家庭、友だちと、どこでのストレスが一番ひどいのでしょうか。時間をとって、子どもとじっくりと話し合う機会を早い段階で持ちましょう。ストレスが慢性化しないうちに、専門治療機関に相談することをおすすめします。

淀屋橋心理療法センターに来所した人たちを対象に導き出したものです)

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。