タグ別アーカイブ: 不登校

うつ病とひきこもり摂食障害(過食症拒食症) 大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行

大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行に困っておられる親御さんは少なくありません。

小学生の子どもさんが不登校になってからお母様といつも一緒に行動している。お母様がいないと不安で泣き出す。というようなケースは、子どもさんの赤ちゃん返りを受け入れ易いようです。「今は不安定な時期で寂しいのだろう。思い切り甘えさせてあげよう」と、親御さんは気持ちを切り替える事ができます。

ところが、20歳を過ぎた大人でも赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行のような現象が見られる事があります。例えば、本人は30歳の大人ですが、お母様を独占したがり四六時中お母様と一緒でないと気が済まない。お母様は一人で買い物に出かける事もできない。ベタベタと甘えてくる。夜はお母様が添い寝をしないと眠れない。頭をなでてほしい。抱っこしてほしい。膝枕をしてほしい。等もあります。

こういった大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行は、うつ病ひきこもり摂食障害(過食症拒食症)等の相談に来られた親御さんからきかれます。うつ病、ひきこもり、摂食障害(過食症拒食症)等の症状が現れる以前は全くそんな事はなく自立した生活を送る大人だったのに、症状が長引くとともに、段々と赤ちゃん返り(子ども返り)甘えもエスカレートしていったようです。

大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行を受け入れる事は難しいようです。お母様は精神的にもかなりの負担です。心配な反面、どう対応すればよいかが分からず混乱する方がほとんどです。どこまで受け入れたらよいかの判断がつかず、あまりの変わりように「脳の病気ではないか」と不安に駆られる親御さんもおられます。

淀屋橋心理療法センターの家族療法では、こういった大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行についても、親御さんの不安にお答えしアドバイスを差し上げています。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病子育ての悩み いじめ不登校

淀屋橋心理療法センターから上梓した本に「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)というのがあります。これは「いじめ」を中心に、家族がどう取り組むか、学校(担任)との協力体制はどうすれば組めるか、本人をどう成長に導くかを書いた本です。ちょうど「いじめ」の項目がでてきましたので、ここで内容を紹介したいと思います。(これは別冊PHPにのっていません)

『家族の心理療法』(朱鷺書房)

 

「子どもの心の傷を癒す家族の力」

いじめ、不登校、無気力症などなど。子どもが心の傷に苦しむとき、本人をとりまく周囲の人にも治療の視野を広げていくことが欠かせない。家族のなかでこそ、子どもは生きる力を獲得していく。家族とはなにか、いかにして家族の治癒力を高めるか。具体的事例をもとに、治療のプロセスを紹介した本である。

 

目次を追いながら、本の内容を紹介

 

一章 母親の不安

    1. 腕の青あざから、いじめを疑う(小学五年生 男子)

事例をもとに親や先生への信頼感を深め、いじめ解決のプロセスで親子の絆を深めるにはを紹介している。

    1. 「どうしてやり返さないの」と、親は思うが(小学五年生 男子)

もっと子どもをよく知るために、日常生活の記録をつけてみることをアドバイスしている。

    1. 「バイキンだ、きたねえぞ」とからかわれて(小学六年生 女子)

「私の育て方が悪かったのか」と悩む母親。しかし悩むだけでは解決しない。いじめられたことを話せる家庭づくりとは。母親はどんな対応をすればいいかなど、具体的にアドバイス。

    1. 娘が「いじめられているらしい」と、聞かされて(小学六年生 女子)

心配で、食事ものどをとおらない母親。担任の先生に話したほうがいいか、迷ったあげくやはり相談を。結果として「話してよかった」という安堵をえることができた。

    1. 「おまえなんか死ね!」の手紙がポストに(中学一年生 女子)

正義感をだしてかばったがために、自分もいじめの標的にされて不登校になってしまった。学校側の協力を得て、再登校にこぎつけることができた。

 

二章 学校との話し合いのむずかしさ

    1. 「先生、いますぐ事実確認してください」(小学四年生 女子)

怪我はしなかったけど、いじめられたのは三回目。母親が担任の先生に伝えるときのこつを説明。

    1. 「過保護ですね、お母さんは」の言葉にカッと(中学一年生 男子)

お金を貸さないと、弁当箱を隠されるといういじめにあっていた。先生に伝えても取りあってもらえないというもどかしさ。教師と親が同じ温度で土俵にあがるのはむずかしい。

    1. 「学校のここだけは許せません」(小学六年生 男子)

給食をじかに机の上におかれて、母親は奮起。父親の協力の大切さと、両親のチームワークの取り方を説明。

  1. 心ない校則、もういいかげんにして(高校二年生 担任の話)
  2. それでも味方をしてやりたい(中学生 生徒相談係の先生の話)
  3. ピンチをチャンスにと、全校あげて取り組む(小学六年生 担任の話)

三章 仲良しグループからいじめで不登校に(小学六年生 女子)

  1. やっと話せたいじめの実態 —- いじめを母親に話したけど、比重がちがう
  2. 功を奏した父親の協力 —- 母親と本人の言い落差を父親がうまくなだめて
  3. 再登校のきっかけ —- 担任の協力が大きな陰日向の力に
  4. 登校後の家庭の役割 —- 再登校したら親はいっそう気持ちを引き締めて

四章 家庭内暴力からの立ち直り(中学二年生 男子)

  1. いじめから不登校、家庭内暴力へ —- 部活が原因?担任と母親の対立が表面化
  2. 争う両親から向き合う両親へ —- 母親が、息子と父親をつなぐ心のパイプ探しに
  3. 両親の協力体制で大きく前進 —- 母親は、父親への「橋渡し役」を。生きる父親の機転
  4. やっと解け始めた心の氷 —- 担任の家庭訪問が、本人の心を開いて、再登校が可能に

五章 いじめの後遺症から学校恐怖に(高校一年生 男子)

  1. 尾を引いていた中学時代のいじめ —- 学校で生徒にはいじめられ、担任からはなじられ
  2. 危機脱出のカギをさぐる —- 親子で「テンポ」の違いを認識、「雑談」ができる家庭に
  3. 危機克服に向けてスタート —- 道案内役のセラピストに導かれ、一歩一歩元気を回復
  4. 「不安がいっぱい」は、良いサインー「もうだめ」「むかつく」「学校はいやだ」と落ち込むけど
  5. 心の重荷を語り出すと、頂上は近いーいじめを自ら語りだして、再登校が実現した

六章 長年の対人緊張を克服(大学一回生 女性)

  1. 根強く残る身近な人への不信感 —- 幼稚園から始まったいじめが、不登校、対人恐怖へと
  2. おだやか家族に嵐を起こす —- 「家族で爆発」のすすめを、セラピストが主導で
  3. 対人緊張はこうすれば克服できる —- 正直な人に多い対人緊張。罪のないうそで切り抜けよう
  4. 子どもの心の傷を癒す「家族で爆発」 —- 家族で怒りの感情を共有し、爆発、発散へと歩む

七章 家族の再生

    1. 学校と家庭のチームワークは大きな力

チームワークの前には多くの困難が

「見守りましょう」の落とし穴

さりげないふだんの様子を知らせ合う

裏目にでやすい子どもの救出作戦

不安を口にしだしたら、担任教師とのパイプを太く

チームワークでピンチをチャンスに

    1. 家族の治癒力を問いなおす

「親子で雑談」が、治癒力を発揮する土台

1+1=5が成り立つ両親協力の力学

ジグソーパズルが完成する父親の参加

「押してもダメ、引いてもダメ」、こんなときどうする?

治癒力を発揮できる家族とは

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ病職場のストレス治療 本「家族療法の面接室から」

 

家族療法の面接室から

  • 家族療法の面接室から
  • 福田俊一 精神科医師・所長
    増井昌美 家族問題研究室長
  • ミネルヴァ書房
  • 2000円(税抜)
  • 1994年9月(初版)
  • 1995年11月

 

「家族療法の面接室から」 内容紹介

家族には、自分たちで問題を解決し、危機をのりこえる力がある。互いに支え合いながら、癒され、立ち直っていく家族たち。家族のもつ力を信じ、援助していく家族療法の実際を紹介する。

 

■不登校―生活のドラマから解決のヒントが

不登校ケース1:観察日記が再登校の手がかりに・・小学四年生/男子
不登校ケース2:親のしつけにつぶされた子どもの芽・・小学五年生/男子
不登校ケース3:理想と現実のギャップで不登校・・高校一年生/女子

 

■摂食障害―拒食症・過食症は自分探しの闘い

摂食障害ケース1:過食は苦しさのはけ口(過食症 女子大生 19才)
摂食障害ケース2:お母さんのようになりたくない(母親否定から過食に 18才)
摂食障害ケース3:心やさしい優等生にもどりたい(声のでない拒食症の中学生 13才)

 

■アパシー(無気力症)―親の対応で立ち直るアパシ―

アパシー(無気力症)ケース1:無気力症は両親への復讐(ふとんから出てこなくなった娘 17才)
アパシー(無気力症)ケース2:息子は母親のカウンセラ―(アパシ―無気力症の息子 25才)
アパシー(無気力症)ケース3:ぶらぶら病の息子(家でぶらぶら、働かないニートNEET 27才)

 

■職場不適応―職場のつまずきを家族の協力で脱出

職場のストレスケース1:薬と会社の制度に阻まれるカウンセリング治療・・26才/男性
職場のストレスケース2:職場のつまずきから人間不信に・・26才/男性
職場のストレスケース3:うつ病の妻を救った夫の協力・・40才/女性

 

著者からのメッセージ

最近いろんな症状を抱えてご両親が相談に来所されます。こうしたケ―スを担当して気がついたことですが、「子育てに自信をなくしている親が多い。子どもに振り回されている。けれどどうしていいかわからない」。不登校にしても無気力症にしても、親が腫れ物にさわるように子どもに対応するものですから、子どもはだんだん増長して王様のようになっています。

この傾向にストップをかけるには、まず家庭のなかに親の指導力を取り戻す必要があります。親だけで、ましてや母親だけで頑張らないことです。母親はつい「自分の育て方が悪かったから、子どもはこうなったのでは」と、自分を責めがちです。それをしてもなんら問題の解決にはつながりません。また決して母親一人が悪いのではないのです。

ではどうすればいいのでしょうか。その答えがこの本にはあちこちに書かれています。ぜひご一読ください。ちなみにそのコツの一つを紹介しましょう。関係者の協力を得る方向に動くことです。父親はもちろん担任の先生、友人や友人のお母さんなど。ネットワークをつくりましょう。一人で頑張らない、つまり孤立しないようにすることが解決へのヒントの一つです。その作り方は本のなかでつかんでください。

* ミネルヴァ書房のホームページから本の注文ができます。
http://www.minervashobo.co.jp/

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病と摂食障害 非嘔吐過食症(むちゃ食い障害) 体重が増える太る恐怖

吐けない過食症  体重が増える 太る恐怖

うつ病と摂食障害

非嘔吐過食症(むちゃ食い障害) 

 

 

摂食障害(過食症拒食症)電話問い合わせで、嘔吐無しの過食症の事を、非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)と言う方が多くなってきました。「吐けない体質」「吐こうとしたがうまく吐けなかった」「最初は吐けていたのに、段々吐けなくなってきた」等、吐きたいけれども吐けないという事で悩んでおられます。中には「上手な吐き方を教えて欲しい」という問い合わせもあり、びっくりしました。

非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)の人達は、まず何よりも体重が増える事を恐れています。吐けない恐怖は太る恐怖です。吐けないので体重がどんどん増えます。太った身体を見られたくないという思いが強くなり、摂食障害(過食症拒食症)以外の症状が出る事もあります。

「『こんなに醜い太った身体を見られるのは嫌だ』と言って、非嘔吐過食症(むちゃ食い障害)から不登校になってしまった」という母親からの相談もありました。働いている方からは「吐けないのでお腹がパンパンで胃が痛い。身体を動かす事ができず、仕事に行けない。でも、もう会社を休めない」という相談もありました。そして段々と何もやる気がしなくなり無気力になって、うつっぽくなったり、家にひきこもりがちになる事もあります。一人部屋にひきこもっていると、食べ物の事しか考えられなくなり、益々過食がひどくなるという悪循環に陥る場合もあります。

「過食だけれど、吐いていないからまだ症状は重くない」と親御さんは考えがちですが、本人にとっては、『吐けない』『太る』というのはとても辛い状況です。早い段階で専門家に相談し、適切な治療を受ける事が早期解決につながります。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ職場のストレス治療 大学卒業後就職活動失敗してひきこもり

うつ職場のストレス

大学卒業したが就職活動に失敗してひきこもり

 

うつ病やひきこもりの相談は以前から多くありましたが、うつやひきこもりNEET(ニート)になるパターンが少し変わってきたような気がします。特につまずく時期が違います。

以前は中学、高校時代に不登校になり、そこからうつ状態ひきこもりNEET(ニート)になっていった。というようなパターンが多かったように思います。

最近は大学は卒業したのに就職活動で失敗し、その挫折がきっかけでうつ状態になり、ひきこもりNEET(ニート)になる。というケースが確実に増えています。就職活動はとても大変な状況にあります。そこで挫折した事により、自信をなくしたり、やる気を失ったりして、うつ病になる方もおられます。就職活動が大きなターニングポイントになる場合が多く見られるようになりました。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。