タグ別アーカイブ: 休職

職場のストレスうつ病のカウンセリング 銀行勤務一年休職 36才男性

職場のストレスうつ病 銀行勤務 一年間の休職中 36才男性

 

36歳の銀行勤務の男性です。職場を休職して一年がたったのですが、なかなか症状が改善しないということで来所されました。カウンセラーが状況をくわしく聞いていきます。日常生活の過ごし方、家族との関わり、心の不安の対処法などです。職場で感じたストレスなども重要なポイントです。

家の近くの心療内科で薬を処方してもらっておられました。休職して一年間のあいだに、「眠れません」「体調がよくないんです」など不調を訴えるたびに薬は増えて。今16錠の薬を一日3回に分けて飲んでいます。

ご本人の気持ちのなかには、「こんなにたくさんの薬のんでるけど、これってほんまに効いてるんやろか」「のんでるけど、しんどいな、だるいな」といった体調の悪さも気になります。「うつでしんどいのか、薬でしんどいのかわかりません。一体どうなんでしょうか?」といった疑問や不安が服薬に対してふつふつとわき上がってくるようです。その反面、「そやけど減らすゆうてもなー、大丈夫やろか。よけ悪なるんちがうやろか」といった不安があって減らすという方向も無理なようです。長引く症状に「昼間眠くてボーとしてるけど、こんなんで一体いつ復職できるんやろか」「早く職場に戻らないと、みんなから取り残されてしまう」というあせりも強くなってきています。

薬についての質問や不安がでると、精神科医である所長に助けを求めます。カウンセリングに一緒に入室してもらい、「薬を飲んだあと、ボーとしますか?」「途中で目がさめますか?」「食欲はおちていませんか?」など本人に直接質問がだされます。「ボーとして何も楽しめないのは薬のせいかな、など思われますか?」といろんな角度から質問があったあと、クライアントと家族の方に直接説明やアドバイスをさしあげます。精神科医はこの方の場合は薬をのんでいるほうがプラスだろうと判断し、そのように説明をしました。

カウンセリングが終わってご本人がこう言われました。「イライラや不安がつのって、死にたくなるときもありました。お医者さんに気になってたことを直接聞いてもらえてよかったです。不安だった薬についても説明してもらい、なんか心が軽ーくなったようです」。家族の方も「イライラしだしたらどないゆうてあげたらいいんか困っていました。けど今日のアドバイスで、対応の仕方が具体的にわかってホッとしました。ありがとうございました」と。ご本人も家族の方も、安心したような笑顔をうかべて帰って行かれました。

このように精神科医とカウンセラーがチームを組んで、我々はより安心できる確実なカウンセリングを受けていただけるよう、努力しています。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

職場のストレスうつ病のカウンセリング 休職が決まったら早めの相談を

「うつ病で休職中です。あと一週間で休職期間が終わりますが良くなりません。どうすればよいでしょうか」という問い合わせ電話がありました。

職場のストレスやうつの相談は多くありますが、残念に思うのは、休職期間がもうすぐ終わるという時なって、やっと、相談に来られる方が多いという事です。「数ヶ月の休職期間があったが、結局何も変わらず復職期日を迎える」という方がとても多い。

そんな中、「来月から、二ヶ月間休職する事になりました。その間どう過ごしたらよいか相談したいのでカウンセリングの予約をとりたい」という問い合わせ電話が入りました。

早期対応は、早期解決につながります。休職期間○ヶ月というリミットがある中で、早い段階で来所されカウンセリングを受けていただく事は、とても重要です。「休職期間が終わっても、何も変わらなかった」とならないように、自分達で解決できない事は、早めに専門家に相談する事が必要だと感じます。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ職場のストレス治療 遅刻欠勤が増えるが三ヶ月後好転 35才男性

うつ職場のストレス治療 休職する不安

遅刻欠勤が増えるが三ヶ月後好転 35才 男性(商社輸出部門勤務)

 
 

「もうあかん」から、三ヶ月後「これでええんや」と笑顔がでてきて好転

橋本さん(35才 男性)は、職場(商社の輸出部門)で、大きなプロジェクトを任されていた。が、たび重なるミスのため上司から叱責をうけてしまった。そのあたりから遅刻や欠勤がまじりはじめ、とうとう休職をすすめられるまでにいたった。

「自分のポジションがなくなる不安で、仕事を休めないんです」

「もうあかん、これ以上頑張れない」と言いながらも、橋本さんは会社を休むことができないでいた。「休んだら、自分の仕事がなくなってしまう。それに新しい技術についていけないようになる」と言うのが口癖だった。しかし度重なるミスのあと、決定的ともいえる大きなミスをして上司の叱責をうけてしまったのだ。「どうしていいかわからへん」「もう自分なんか、会社にとってはいらん人間や」といった思いが、頭のなかをぐるぐるまわりはじめていた。こんな状態で出社してもいい仕事はできないばかりか、周りからみるとまたミスをおかしかねない危うさが感じられた。

「橋本君、ちょっと部長室まで来てくれますか」と、部長から声がかかったのはこんな不安な状態の時だった。「あのね、君の仕事熱心な気持ちはよくわかるよ。でもねこのごろの君を見ているとすごく疲れている感じがする。どうだね、しばらく休職して心の専門家の診察をうけてみては」。「部長、ご心配かけて申し訳ありません。自分が頼りないばっかりに、ご迷惑をおかけして」と、橋本さんはできるかぎりの声をふりしぼってわびを言った。「でも部長、不安なんです。仕事を休むともう自分のポジションがなくなってしまうんじゃないかと。それが気になって気になって、仕事を休めないんです」と、正直に話してみた。「その心配は私に任せなさい。復帰できてきたときは、力になるから。それより今の危なっかしい状態を、心のお医者さんにみてもらって早くなんとかしないと。君の仕事熱心なのは、みんな認めているんだから」と、部長の声は意外にあたたかく頼もしかった。

部長のあと押しでようやく橋本さんは、インターネットで「職場ストレス・うつ」というキーワードを入れて検索してみた。たくさんのカウンセリング機関の中で、家族にも対応のアドバイスをくれるというところに目がとまった。こうして家族療法を中心におこなっている淀屋橋心理療法センターに行きついたのであった。

「『家族にアドバイスくれるところ』で、ここに決めました」

橋本さんは奥さんにつきそわれて来所した。「『一人で行く』と主人は言ったんですけど、心配なので私がつきそってきました」と、奥さんはハキハキと話しはじめた。「夜も眠れないみたいで、何度も目を覚ましているようです。それに食欲もなくって、体重が5~6キロ減っています。頭を壁にうちつけたり、とても心配な状態なんです」と、かなり具体的な状況説明がはじまった。

「カウンセリング治療をしてくれる所はずいぶん多くあると思いますが、当センターを選ばれたのはなにか理由がおありですか?」というカウンセラーの質問に、奥さんはためらわず答えた。「主人といっしょにインターネットでさがしました。いっぱいあって最初は迷ったんですけど、ここは「家族にも対応のアドバイスをさしあげます」「家族の協力は大きな力です」といったことが書いてあって、それでこちらに決めました。私も主人の立ち直りに力をかせるんだなっていうのがうれしくて。よろしくお願いします」。

「はよう会社いかないと、クビになる」と、あせりで苦しい

カウンセリング治療は橋本さんのあせりや不安をしっかりと受けとめていくことからスタートした。次から次へとでてくる橋本さんの訴えを、いくつか書き出してみた。

橋本さんの訴え

  ■「食事がね、なにを食べても砂をかむようでおいしくないんです」

  ■「夜、なかなか寝付けなくて。眠剤のんでもあきません。すぐ目がさめてしまうし」

  ■「みんなに迷惑ばっかりかけてるような気がして」

  ■「ぼくがやってしまったミスは、取り返しのつかないものや。もうクビや」

  ■「家でこうしてなにもせんと、みんなから取り残されてしまうだけや」

奥さんにも「家でご主人からこのような言葉が出てきたときは、励ましたり否定したりせずに、まずは黙って心ゆくまで聞いてあげてください」というアドバイスをだしておいた。

三ヶ月後、別人のように笑顔がでてきた

いろいろなアドバイスをだしながら家での奥さんの協力もえて、三ヶ月がすぎた。カウンセリング相談で橋本さんが話す内容は、はじめのうちは暗い苦しいものばかりだったが、しだいに変化がみられだした。「『そうか、グチは言ってもええんやな』と思えたので、肩の力がぬけたような気がしました」という言葉もでてくるようになった。奥さんもカウンセラーからアドバイスをもらって、安心して取り組むことができたようだ。

 

つぎに橋本さんの様子からうつから立ち直る姿をいくつかまとめてみた。

良くなった姿

  ■「布団のなかでごろごろしていても、こんでええんや、と思えて。楽ですね」

  ■「マンガが読めだしました。 あーあ、マンガくらいしか読めへんやな、とは思いますが」

  ■「仕事のポジション代えられても、『ま、いいか』って思えるようになりました」

  ■「息子のTVゲーム「ヨッシーアイランド」をやってみたら、けっこうおもしろいんです」

  ■「『パチンコしてこようかな』とゆうたら家内が「え、一人で行けるの」とびっくりして」

こう話す橋本さんの声も表情も別人のようにリラックスしていた。三ヶ月でこれだけ良い変化がでてくるとは。やはり奥さんにもこまかなアドバイスをだし、さまざまな工夫をしてもらい、家で適切な対応をとりながら協力してもらったのがよかったと思える。早い段階で、一ヶ月と決まっていた休職を半年と伸ばしてもらったのもよかった。はじめのうちは「そんな長いこと休んだらもうクビです」と、不安いっぱいの橋本さんだった。しかし腰をすえてカウンセリング治療にとりくむことができたのも、早く好転した理由の一つかもしれない。

「橋本さんには、まだまだこれから気が向かないときや不安なときの対処のしかたや自分の守りかたを、経験してつかんでいってもらわなくては。でもずいぶん元気になって力がついてこられましたね」と、カウンセラーもうれしそうに言葉をかけた。「仕事で先頭にたってやってるときが、一番やりがいがあったなーって思います。でも今は今で別の大切な時間を過ごしているなと。仕事だけが楽しみやないってわかったのが、今回のつまづきで得た一番良い事やったと思います」と、橋本さんは笑いながらこんな話ができるようになっていた。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ職場のストレス治療 うつ病と投薬治療 薬の効果的な飲み方と減らし方

うつ職場のストレス治療 

うつ病と投薬治療 薬の効果的な飲み方と減らし方

 

職場のストレスうつ病の相談でした。妻から夫についての相談です。妻が一番心配しているのは、薬の飲み方についてでした。

病院へ行くと双極Ⅱ型と診断されました。通院しながら薬を飲み、ある程度安定してホッとしていました。

ところが治療が進むにつれ不安な面も出てきました。症状の長期化と薬の飲み方や副作用についてです。本人の気分が向上してくると、「そう状態になってはいけない」と薬を処方され、薬で気分をダウンさせます。まるで薬にコントロールされているような姿を見ると、家族は心配でたまりません。本人も薬を飲むと眠くなって頭がボーっとすると言います。

薬の効果的な飲み方がわからない」「いつ薬をやめたらよいのだろう」「このままずっと薬を飲み続けないといけないのかと心配になってきました。

このまま薬だけの治療でよいのだろうか。「薬を減らしながら解決できる、うつ病の治療方法はないだろうか」と色々探した末、淀屋橋心理療法センターのカウンセリング治療を見つけたそうです。

当センターでは、薬を併用しながらカウンセリング治療を受けている方もおられます。じっくり話をお伺いして、上手に薬を減らして行く方法をアドバイスします。精神科医師がカウンセリング治療をしている家族療法です。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病職場のストレス治療 うつ病と認知療法

認知療法が効果的なうつ病ストレス症状

 

淀屋橋心理療法センターは、今のように認知療法がよく言われる以前から(1983年〔昭和58年〕設立当時から)、アルバート・エリス(Albert Ellis)論理療法アーロン・T・ベック(Aaron Temkin Beck)認知療法に注目し、実践し、多数の症例を経験してきました。我々の経験では、現場(職場)のある人には認知療法が大変効果があります。「明日の会議でうまく発表できるだろうか」「明日もきっとTさんに冷たい目で見られるに違いない」「明日も又ミスをやらかして怒られるのだろうな」「会議の席で恥をかかされるのではないか」等、現場(職場)にいる人達の憂鬱思考は具体的です。そのような時には一回のカウンセリング治療で流れが変わってしまう事さえあるのです。

 

 

認知療法だけではうまくいかないうつ病ストレス症状

 

休職期間で療養中の人には現場(職場)がありません。そこにあるのは、漠然とした不安や漠然としたうつ感情です。こういう時には認知療法だけではうまくいかない場合がしばしばあります。このあたりが認知療法の限界です。ところが、人にはピンチの時には支え合うという大事な機能が残っているはずです。そういう場合に、我々は進化した家族療法カウンセリングでうつ治療に目覚ましい効果を上げています。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。