タグ別アーカイブ: 失敗

うつ職場のストレス治療 遅刻欠勤が増えるが三ヶ月後好転 35才男性

うつ職場のストレス治療 休職する不安

遅刻欠勤が増えるが三ヶ月後好転 35才 男性(商社輸出部門勤務)

 
 

「もうあかん」から、三ヶ月後「これでええんや」と笑顔がでてきて好転

橋本さん(35才 男性)は、職場(商社の輸出部門)で、大きなプロジェクトを任されていた。が、たび重なるミスのため上司から叱責をうけてしまった。そのあたりから遅刻や欠勤がまじりはじめ、とうとう休職をすすめられるまでにいたった。

「自分のポジションがなくなる不安で、仕事を休めないんです」

「もうあかん、これ以上頑張れない」と言いながらも、橋本さんは会社を休むことができないでいた。「休んだら、自分の仕事がなくなってしまう。それに新しい技術についていけないようになる」と言うのが口癖だった。しかし度重なるミスのあと、決定的ともいえる大きなミスをして上司の叱責をうけてしまったのだ。「どうしていいかわからへん」「もう自分なんか、会社にとってはいらん人間や」といった思いが、頭のなかをぐるぐるまわりはじめていた。こんな状態で出社してもいい仕事はできないばかりか、周りからみるとまたミスをおかしかねない危うさが感じられた。

「橋本君、ちょっと部長室まで来てくれますか」と、部長から声がかかったのはこんな不安な状態の時だった。「あのね、君の仕事熱心な気持ちはよくわかるよ。でもねこのごろの君を見ているとすごく疲れている感じがする。どうだね、しばらく休職して心の専門家の診察をうけてみては」。「部長、ご心配かけて申し訳ありません。自分が頼りないばっかりに、ご迷惑をおかけして」と、橋本さんはできるかぎりの声をふりしぼってわびを言った。「でも部長、不安なんです。仕事を休むともう自分のポジションがなくなってしまうんじゃないかと。それが気になって気になって、仕事を休めないんです」と、正直に話してみた。「その心配は私に任せなさい。復帰できてきたときは、力になるから。それより今の危なっかしい状態を、心のお医者さんにみてもらって早くなんとかしないと。君の仕事熱心なのは、みんな認めているんだから」と、部長の声は意外にあたたかく頼もしかった。

部長のあと押しでようやく橋本さんは、インターネットで「職場ストレス・うつ」というキーワードを入れて検索してみた。たくさんのカウンセリング機関の中で、家族にも対応のアドバイスをくれるというところに目がとまった。こうして家族療法を中心におこなっている淀屋橋心理療法センターに行きついたのであった。

「『家族にアドバイスくれるところ』で、ここに決めました」

橋本さんは奥さんにつきそわれて来所した。「『一人で行く』と主人は言ったんですけど、心配なので私がつきそってきました」と、奥さんはハキハキと話しはじめた。「夜も眠れないみたいで、何度も目を覚ましているようです。それに食欲もなくって、体重が5~6キロ減っています。頭を壁にうちつけたり、とても心配な状態なんです」と、かなり具体的な状況説明がはじまった。

「カウンセリング治療をしてくれる所はずいぶん多くあると思いますが、当センターを選ばれたのはなにか理由がおありですか?」というカウンセラーの質問に、奥さんはためらわず答えた。「主人といっしょにインターネットでさがしました。いっぱいあって最初は迷ったんですけど、ここは「家族にも対応のアドバイスをさしあげます」「家族の協力は大きな力です」といったことが書いてあって、それでこちらに決めました。私も主人の立ち直りに力をかせるんだなっていうのがうれしくて。よろしくお願いします」。

「はよう会社いかないと、クビになる」と、あせりで苦しい

カウンセリング治療は橋本さんのあせりや不安をしっかりと受けとめていくことからスタートした。次から次へとでてくる橋本さんの訴えを、いくつか書き出してみた。

橋本さんの訴え

  ■「食事がね、なにを食べても砂をかむようでおいしくないんです」

  ■「夜、なかなか寝付けなくて。眠剤のんでもあきません。すぐ目がさめてしまうし」

  ■「みんなに迷惑ばっかりかけてるような気がして」

  ■「ぼくがやってしまったミスは、取り返しのつかないものや。もうクビや」

  ■「家でこうしてなにもせんと、みんなから取り残されてしまうだけや」

奥さんにも「家でご主人からこのような言葉が出てきたときは、励ましたり否定したりせずに、まずは黙って心ゆくまで聞いてあげてください」というアドバイスをだしておいた。

三ヶ月後、別人のように笑顔がでてきた

いろいろなアドバイスをだしながら家での奥さんの協力もえて、三ヶ月がすぎた。カウンセリング相談で橋本さんが話す内容は、はじめのうちは暗い苦しいものばかりだったが、しだいに変化がみられだした。「『そうか、グチは言ってもええんやな』と思えたので、肩の力がぬけたような気がしました」という言葉もでてくるようになった。奥さんもカウンセラーからアドバイスをもらって、安心して取り組むことができたようだ。

 

つぎに橋本さんの様子からうつから立ち直る姿をいくつかまとめてみた。

良くなった姿

  ■「布団のなかでごろごろしていても、こんでええんや、と思えて。楽ですね」

  ■「マンガが読めだしました。 あーあ、マンガくらいしか読めへんやな、とは思いますが」

  ■「仕事のポジション代えられても、『ま、いいか』って思えるようになりました」

  ■「息子のTVゲーム「ヨッシーアイランド」をやってみたら、けっこうおもしろいんです」

  ■「『パチンコしてこようかな』とゆうたら家内が「え、一人で行けるの」とびっくりして」

こう話す橋本さんの声も表情も別人のようにリラックスしていた。三ヶ月でこれだけ良い変化がでてくるとは。やはり奥さんにもこまかなアドバイスをだし、さまざまな工夫をしてもらい、家で適切な対応をとりながら協力してもらったのがよかったと思える。早い段階で、一ヶ月と決まっていた休職を半年と伸ばしてもらったのもよかった。はじめのうちは「そんな長いこと休んだらもうクビです」と、不安いっぱいの橋本さんだった。しかし腰をすえてカウンセリング治療にとりくむことができたのも、早く好転した理由の一つかもしれない。

「橋本さんには、まだまだこれから気が向かないときや不安なときの対処のしかたや自分の守りかたを、経験してつかんでいってもらわなくては。でもずいぶん元気になって力がついてこられましたね」と、カウンセラーもうれしそうに言葉をかけた。「仕事で先頭にたってやってるときが、一番やりがいがあったなーって思います。でも今は今で別の大切な時間を過ごしているなと。仕事だけが楽しみやないってわかったのが、今回のつまづきで得た一番良い事やったと思います」と、橋本さんは笑いながらこんな話ができるようになっていた。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ職場のストレス 新入社員女性 ミスが重なり自信喪失ストレスからうつ病(三ヶ月後職場復帰)

新入社員として銀行に入った大下美保(女性)のケース (新入社員 女性 銀行勤務)

うつ職場のストレス 新入社員女性 初歩的なミスが重なり自信喪失ストレスからうつ病(三ヶ月後職場復帰) 

 

就職したばかりの新入社員の人たちに抑うつ症状が増えています。「こんな事くらいで、なんで抑うつになるのかな」と思うくらい、小さなミスや失敗がほとんどです。今年大学を出たばかりで、新入社員として銀行に入った大下美保のケースを追ってみましょう。

美保はかなり優秀な成績で大学を卒業し、ある都市銀行に新入社員として勤務することになりました。就職の氷河期と言われて久しいのですが、無事合格を勝ち取れて大喜び。はりきって通勤していたのですが、3ヶ月たったころから体調を崩し元気がなくなってきました。淀屋橋心理療法センターにカウンセリング治療を受けにやってきた美保の話しに耳をかたむけていくと・・。

 

通勤電車で汗がだらだらとでてきた

「どんなご様子ですか?」という治療担当カウンセラーの問いかけに、美保はしんどそうに話し始めました。就職して一月たったころ、通勤電車で汗がいっぱいでてくるようになったそうです。五月だから汗ばむ陽気の日もありますが、汗がだらだらというのはたしかにおかしい。「なんかのぼせたみたいになって、体温調節がくるってしまったんやろか」と思って汗を拭いていました。「そら入社したてやから緊張してるんやわ。気にせんでもええんとちがうの」という母親の言葉に、一応美保は納得していました。

 

夜眠れなくなりめまいの症状

ところがさらに二月たったころ、夜が眠れなくなってきました。目をつぶると課長の顔が目の前に浮かぶし、やっと寝入っても打ちミスばかりした書類を前に叱られている夢をみたりします。「私、銀行にむいてないんやないかな。やめたほうがええんとちがうやろか」と、一人悶々とするようになりました。しかし銀行に就職が決まったと喜んでいる両親の顔をみているとそれも言いだせませんでした。

ある日パソコンの入力仕事をすませて立ち上がったとき、突然クラッとめまいが。あわてて机の上に両手をついて事なきをえましたが、それからたびたびめまいに悩まされることになりました。「家庭の医学」という分厚い本を開いてめまいの項目を読んでみると「メニエール病」という文字が飛び込んできます。「あー、私はたいへんな病気になってしもたんや。もうあかん、仕事続けられへん」とショックを受けて、ふとんから出られなくなってしまいました。

耳鼻科医院で「メニエールではありません」という診断をもらったものの、美保は職場に行こうとすると体中にしんどさがどっとでたり、頭がおもーくなりめまいを感じたりするようになって欠勤が増えてきました。

 

初歩的なミスとライフスタイルの変化

重苦しそうな表情の美保が母親につきそわれて、淀屋橋心理療法センターにやってきました。カウンセリング治療で話を聞いていくと、大きな失敗などでショックを受けたりしたのではなく、初歩的なミスや上司から受けた注意の積み重ねで、すっかり自信喪失になっていることがわかってきました。それに学生時代は自由時間がいっぱいあって自分のペースで過ごせましたが、働きだすと時間や行動の束縛がありライフスタイルの変化にもついていけていないことがわかってきました。

美保の話しにそって、新入社員によくある注意点を整理してみましょう。カウンセリング治療で一つ一つをていねいに聞きながらアドバイスをだしていくうちに、今では美保さんはすっかり元気になって職場に復帰しています。

 

「おはようございます」と大きな声で言えない

美保の課は課長さんを頭に6人のスタッフが働いています。席に着く前に美保は「おはようございます」と皆に頭をさげていました。「ちゃんとあいさつしてるし、これでいいんだ」と思っていましたが、「大下君、君のあいさつの声は小さいね。もっと大きな声で、元気良く言えないかね」と、課長さんから注意をうけました。「はい、すみません」「ちょっと、言ってみて」「おはようござます」と、立って2~3回繰り返し練習をさせられました。

美保にとって、この練習が意外にもつらかったのです。みんながこっちを見ているし、大きな声をだそうとしても喉がつまったようになって出なかったし。みんなの前で恥じをかかされた」という思いから、毎朝の出勤がつらくなりだした第一歩でした。

 

職場で使う言葉になじめずつい話し言葉になってしまう

先輩社員から仕事の説明を受けているとき、「えー、こんなんするの、すっごいわー」と、思わず学生調のしりあがりになってしまって。一瞬座がシーンとなったので、「あ、またやってしもた」とは気づいたのですが。仕事中に言葉づかいがしらずしらずのうちに、ため口調になってしまい何度か先輩に注意を受けていました。

 

得意先からの電話でミスして自信喪失

電話がなりだすと、とたんに緊張して表情がこわばってしまいます。こないだも「どちらさまですか?」と聞くのを忘れて田中さんにつないでしまいました。田中さんと聞いてすぐさま向かいに座っている田中さんだと思ってしまって「田中さん、お電話です」と。しかしそれはもう一人の田中部長への電話で、しかも大切なお得意さまからの電話だったのです。

課長から「何度同じ注意を受けたらなおるんや。もうあんたなんか来んでええ!」と、叱られてしまいました。「私なりに、ちゃんと取り次げたと思ったのに」と、美保は落ち込んでしまいました。学生時代は「勉強のできるしっかりものの美保ちゃん」で通っていただけに、自信喪失の体験はどさっと砂袋が肩にかかってきたような感じでした。

 

カウンセリング治療を受けて三ヶ月で職場復帰できた

「もう今は家でごろごろしてるだけでなんにもする気がしないねん」という美保に治療担当カウンセラーは、語りかけていきます。「今まで注意されたり、腹がたったりしたことを思い出せるだけ話してみて下さい」。治療担当カウンセラーは美保の悩みの一つ一つをていねいに聞きながら書き出していきました。「美保さんは、気にしーですか」という治療担当カウンセラーの問いに美保はハッとしたように「はい、私、気にしーです」と答えました。

「むかついたときは、大きく深呼吸して。はい、三回繰り返しましょう」。まるで小学生と対話しているようになってきました。「深呼吸か、ええもんですね」と、いつのまにか美保もついてきます。

「仕事したい。けど行くのいやや。課長の顔みるんがいやや」と、美保の口から怒りの言葉がでてきました。そのときの様子をくわしく聞いていくと、美保にはそれなりの理由があったようです。「Yさんが休みやって、私が一人でてんてこまいして頑張ってるのに、課長ゆうたら『遅いやないか。仕事の段取り悪いんちがうか』やて。もう超むかつく!」。美保は、課長に目をつけられてしまったようです。「課長ゆうたらね、いやみったらしく、『まだ見習いやで。正社員やと決まってへんからな』やて。わかっとう、しつこいな。くそおやじ。なんで私ばっかりいじめるんよ」って、涙が出そうになってん」と、美保は目に涙を浮かべながら話しました。

一つ一つの怒りや悩みを思いっきり話したあと、治療担当カウンセラーはアドバイスを出していきました。「そんなん考えてたら、うつ病ぽーなってきて。私なんかもうなんの役にもたたへんのやなって思いだします」という言葉もしっかりと受けとめながら。今までカウンセリング治療をした新入社員の失敗談も話して聞かせると、美保は「えー、そんなことがー。私だけやないんやね」と、うれしそうに笑いながら聞いていました。

カウンセリング治療をはじめて三ヶ月たったころには美保はすっかり元気になっていました。「ここで教えてもらった『職場での対応のコツ』を忘れず、実行してみます。ゆきづまったらすぐに飛んで来ますから、またよろしくお願いします」と、言いながら職場に復帰していきました。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ職場のストレス 新入社員女性うつ病 就職が決まったが遅刻や欠勤がふえてきた

職場の基本姿勢を母親とトレーニングしてピンチを切り抜けた(新入社員 22才 女性 法律事務所勤務)

うつ職場のストレス 新入社員女性うつ病 就職が決まったが遅刻や欠勤がふえてきた

麻子が母親につきそわれて淀屋橋心理療法センターの扉をくぐったのは、夏が終わり秋風が吹くころであった。春には大学の法学部を卒業、大阪にある法律事務所に就職が決まった。麻子はもとより両親も弟も大喜びたった。

ところが入社して三ヶ月たったころ、麻子が出社をおっくうがりだした。「先輩にこわーいおばさんがいるねん。ミスしたら怒られるもん」と、はじめは軽いぐちからスタート。さらにふた月ほどたつと、朝おきをぐずりだしふとんをかぶってしまう。「またか」とため息をつきながら母親は、「入ったばっかりじゃない。ミスしたってあたりまえでしょ。考えすぎよ、麻ちゃんは」と、軽くたしなめたりした。こんな問答がしばらく続いたのち、とうとう麻子は朝起きられなくなってしまった。

麻子は事務所が提携している診療所で診てもらって「軽いうつ」と診断され薬をのんでいた。抗うつ剤、安定剤、入眠剤。服薬をはじめて一月たったが、麻子の職場欠勤や遅刻の状態は改善しなかった。

職場ストレス うつ」で検索し、淀屋橋心理療法センターに出会う

あれだけ大学で学んだ知識が生かせる職場に入れたと、喜んでいたのに。いったいこれはどういうこと。母親はぶつぶつ言いながら、インターネットで「職場ストレス うつ」というキーワードを入力し検索してみた。麻子には薬の治療だけでは十分でなく、カウンセリング治療が必要と判断したからだ。

淀屋橋心理療法センターのHPを読んでいくと『家族療法を中心にカウンセリング治療を行い、家族にも対応のアドバイスをさしあげます』とある。当センターにかかろうと決めた理由として、あとになって母親はこう言った。「母親にもアドバイスがもらえるなんて、うれしいです。子どもがつらい思いしてるのに、そばにいる親がどうしてやったらいいか、わからなくて困っていました。こんなカウンセリング治療をしてくれる所を、さがしていたんんです」。

「職場でつらかったこと」を話してもらう

「私なんて、いないほうがいいんです」と、うつむいたまま話す麻子。夜もあまり眠れないし、食欲もないという状態で3Kgやせたという。どうやらミスやお叱りの連続で、すっかり自信をなくしてしまっているようだ。カウンセラーは、麻子の話を聞きながら具体的に書きとめていった。

   注意をうけた内容‥‥上司、先輩からのお叱りやお小言

  • 朝のあいさつの声が小さい。‥‥「朝のあいさつくらい、大きな声で返してね」と、嫌みをいわれた。
  • 「報・連・相」ができていない。‥‥「なぜ『報告』が漏れるんだ」と、弁護士先生からお叱りをうけた。
  • 質問はまとめて相手のあいた時に。‥‥「こちらの忙しいときに、そちらの都合でのべつ聞かないでよ」と先輩に叱られた。
  • ミスを指摘されたときの対応がまずい。‥‥「えー、どうしよう」ではなくて、「すみませんでした。以後よくきをつけます」と言うのだと、たしなめられた。
  • 来談者へのあいさつができていない。‥‥「こんにちわ。どうぞこちらへ」とお通しするんですよ。あなたは睨み付けているみたいで、感じが悪いと思います。

気になった点を書き留めていったが、ざっとこんな点ができていないと注意を受けたようである。

新入社員なら、誰でもできなくて当たり前のことばかり。ミスを指摘されながら自分で正したり、先輩からなぜいけなかったのかを聞いたりして、覚えていくものだが。どこがいけなかったのか。夜も眠れないくらい、うつ症状を出すくらいにまで落ち込んだのはなぜだろう。治療担当カウンセラーはその点が解せなかった。

同期で入社 仕事のできるKさんが同じ課に入ってきた

休み時間も「電話がなったらどうしよう」「来談者の方がこられたらどうしよう」と、緊張して休めなかったという。それでも「失敗ノート」というのを作って、その日注意を受けたことを書き留めている。

カウンセラー: うーん、えらいじゃないですか。ちゃんとそこまで反省できているなんて。

麻子: はー、注意されたことはいやじゃないんです。一応納得がいくことばっかりやし。

カウンセラー: なにかあるんでしょう。他にこんなに落ち込んでしまう理由が?

麻子: はい。それが・・・入ってきたんです。すごくできる人が、同じ課に。ハキハキしてるし、お客様の対応も感じがいいし。先輩にも気にいられてるみたいやし。

カウンセラー: あー、それで急に自信がなくなってしまったのね。

麻子: はい、それが同期の人なんです。同じ時に入って、なんでこんなに差があるんや。私、なんでこんなに不器用なんやって。だんだん自信がなくなってしまったし。仕事やる気もなくなってきて。

カウンセラー: そうか、それで夜も眠れなくなってしまったんですね。そういうことだったんですか。わかりました。それじゃ今から対策を考えてきます。しばらく休憩をしてから、今度はこちらからアドバイスをさしあげましょう。

練習すれば克服できることばかり

叱られた項目はどれもみな回数を重ねる、つまり練習すれば克服できることばかりである。治療担当カウンセラーはスポーツと同じであることを説明した。

カウンセラー: 麻子さんはなにかスポーツしておられますか?

麻子: はい、テニスを中学、高校とやってました。けっこう試合でも強かったんですよ。
(麻子はうれしそうに答えた。気のせいか胸をはって自信ありげなムードが伝わってきた)。

カウンセラー: そうですか、それは素晴らしいですね。でもそのテニスの試合って、すぐに勝てるようになりましたか?練習したでしょう。何日も何年も同じ技を練習したからこそ、今の強さが身についたんでしょう。スポーツも仕事の技術=スキルも同じだとおもいませんか。

麻子: そうか、そうかもしれない。

家族の接し方、対応のコツ 母親にも手助けのアドバイスをだして

麻子は治療担当カウンセラーが書きとめた「職場でつらかったこと」をもう一度しっかりと読んでみた。そして「叱られたり、ミスしたりしたこと」に対して、「どうすれば、よかったか」という内容を考えてくることという課題を与えられた。それから母親にも手助けのアドバイスが出され、二人三脚でがんばって練習するように言われた。二人で具体的に練習項目を考え出し、声に出してロールプレイのようなことをやってみた。

それから一月もたたないうちに麻子が職場に通えだしたという報告を受けた。治療担当カウンセラーが「あれ、まだ同期の女性のことが未解決のままだったんですけどね」と、言うと、麻子は笑ってこう答えた。「あのー、先生が仕事のスキルもテニスの技術も同じやって言われて、私、ハッとしたんです。『目からうろこ』って感じで。そしたら『私にもできるかも、いやできるはずだ』って思えだして。思い切って職場にでてみました。初めはドキドキでしたけど、お母さんと練習したこと思い出して、大きな声で言ってみたら、けっこううまくいって。先輩の女性もほめてくれたりして。なんか同期の人のこと、いつのまにか気にならなくなっていました」。

職場のストレスからうつ病になった麻子のケースは、このようにして思いがけず早く解決した。麻子自身の気づきと頑張りがあったこと。その影に「早くカウンセリング治療を受けないと」という母親の適切な判断と協力、その後の治療担当カウンセラーが出すアドバイスに一生懸命取り組んでくれたことが早期解決をもたらしたように思える。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。