タグ別アーカイブ: 嫁姑

子育て育児の悩み 嫁・姑関連編:性格の衝突

「もうガマンできません。なんでお義母さんは、あそこまで反対ばっかり言われるんか」。

幼稚園に通う男の子を連れたお母さんの第一声です。聞くと、孫に関することは、なにからなにまで口をはさんでこられるようです。「おもちゃの片づけなんかに、目くじらたてることないやないの」「食べ残したら、あんたが食べてやったらえんや」「家の中で遊びたいゆうてるのに、むりに外へいかさんでも」・・・。

「小さい頃にこそ、きちんとしたしつけをしなくては」と、お母さんはあせります。でもお母さんがちょっと声をあらげると、子どもは「やーだよ」といって、おばあちゃんのとこへ逃げていくようになりました。「お義母さんのせいで、この子のしつけは台無しやないの。どうしてくれるの」と、お母さんのイライラは止まりません。

『性格の衝突』(別冊PHPより)

家事、育児、時間の配分、近所づきあいなど、いろいろな場面や状況で「性格の衝突」は、表面化します。

「同じような性格の人同士」、「しきりたい人同士」、「しきりたい人と自分を抑える人」、「大ざっぱな人と几帳面な人」というような「性格の衝突」がよく起こります。しきりたい人と自分を抑える人との組み合わせでは、自分を抑える人が心と体を崩しがちです。大ざっぱな人と几帳面な人では、几帳面な人にしわ寄せが行きますから、几帳面な人はイライラします。これらは、お互いに話し合える関係さえあれば、話し合いのなかで解決していけるのですが、互いの「性格」を多大なエネルギーをかけて何とかしなければ、というほどのことでもないので、つい中途半端なままで放置されがちになります。ですから、イライラが解消されないまま残るのです。

「性格」の違う者同士がうまくいくためのコツは、「相手が察してくれるということは、まずない」ということを知っておくことです。自分と同じように考えるはずだと思うと、「違い」感が強調されてイライラするからです。「わかりあえる仲だ」とか、「もう十年も一緒なんだから」という安易な気持ちは捨てたほうがいいでしょう。一歩下がって客観的に見ることも、頭を冷やすのに役立ちます。「自分」をはっきり表現することも大事です。

そして「自分」のことをよく知っておくこと。何を望んでいるのか、不満のなかで何が一番大きな問題なのか、どうなればハッピーを感じられるのか、などを知った上で相手にしっかり伝える方法を考えるのです。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み 嫁・姑関連編:同居・生活干渉

「あ、怒ったらあかん。がまんせな、母親といえへんよ」って、お義母さんは言うんです。子どもが私が見てるTVドラマのチャンネルをガチャガチャ回してしまうのに。どうやら姑さんの子育て干渉に、耐えかねている母親の相談でした。なかでも頭にきたせりふは「そんなんかめへんやないの。やらせとき。この子の姿はあんたそっくりやで」と。

『同居・生活干渉』(別冊PHPより)

「核家族化」と言われて久しいですが、姑と「同居」する若夫婦は、ますます少なくなってきました。ただ最近は、住宅事情や経済事情で、親と「同居」する夫婦もで始めています。不況で失業した若夫婦の家族が、ふるさと回帰で同居するというケースもありました。

「同居」に踏み切るとき、心がけておきたいことがあります。まず夫とのチームワークがとれているかどうかを確かめてください。「嫁と姑」という関係が一つ屋根の下で始まるわけですから、波風が立たないという保証はありません。そういうとき、助けてくれるのは夫しかいないのです。夫が味方をしてくれるかどうかを確認しておきましょう。

また、できるなら前もって、お互いにある程度ズケズケ言って、それでもお互いに傷つかない関係を築いておきたいものです。もしそういう関係が作れないと、お互いに気づかいでくたびれはて、陰で不満をもらすしかない、惨めな生活になるおそれがあります。

「同居」を始めて問題になるものの一つが、「生活干渉」です。基本的には、誰でも干渉されるのはイヤなものですが、人によっては干渉されてもあまり気にしない人もいます。逆に干渉されることに対する嫌悪感がとても強い人もいます。そういう人は、姑さんに抗議するときは、「干渉をやめて」という言い方はしないで、「私はそういうことは、とてもイヤな性格なんです」と告げるほうがいいでしょう。なぜなら「干渉をする側」は、自分のしていることが「干渉」であることを知らないことが多いからです。

「受け止める側」が、なにを「干渉」と感じるかを、しっかりと正攻法で相手に伝えておくことがたいせつです。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。