タグ別アーカイブ: 子ども

うつ病子育ての悩み 友達編 いじめ いじめられっ子

うつ病子育ての悩み 友達編 

いじめ いじめられっ子

 

わが子が「いじめ」られているか否か、母親がこれを見つけるのは大変です。よほどひどくいじめられているのでない限り、外見だけでは判断できないからです。「いじめ」に関する相談は、決してなくなってはいません。

「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)には、「いじめの早期発見チェックリスト」や、事例を紹介しながら「いじめに家族でどう対応するか」など、具体的な問題を家族療法の視点から書いています。この本については、別項目で詳しくお話することにして、まずはPHPの百科事典から紹介しましょう。

 

『いじめられっ子』(別冊PHPより)

なかなか子どもは、自分がいじめられていることを家で言いません。子どもには子どものプライドがあるのでしょうか。叩かれたあとがあっても、「自分で転んだ」と言うことが多いようです。

こんなとき親として気をつけることは、「どうしたの」と問いつめるのでなく、できるだけ話しやすい雰囲気をつくってあげること。いじめられっ子はいじめられてもはっきりと言い返せない、つまり自己表現(主張)が弱い子に多いようです。

「ケーキ買ってきたのよ。食べない?」と場を用意しながら、「きょうね、おばあちゃんから電話あったよ」といった話しやすい話題で言葉がけをしていきます。いじめられて凍りついていた心の扉が少しづつゆるんでくるのを待ちましょう。「お母さんは、どんな話でも聞いてくれる。僕(私)の味方だ」と、子どもの心に信頼感を芽ばえさせることが大事です。

いじめられる子も悪いと言われますが、それは別問題です。なによりも理不尽な目にあわされて傷ついています。教師や他の人の正論に傾かず、しっかりわが子を見つめることです。ただ心配のあまり親が先に動いてしまうことがよくありますが、これは親子の信頼感にひびがはいるもと。「いじめ」は非常にデリケートな問題だけに、取り組みには慎重さが必要です。おとなの判断で「子によかれ」と思って先走らないよう気をつけましょう。ただし、いじめられる度合いがきつく、子どもの心身に危害が及ぶ場合は別です。

いじめをやめさせる努力のなかで、子どもが教師や親に不信感をつのらせていないかは、常に気をつけている必要があります。だんだん本人の信頼感が増えていないと心配です。

 

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

育児ストレスうつ病子育ての悩み 親子関係子どものひっつき虫と母親のヒステリー父親夫の育児参加

 

育児ストレスうつ病子育ての悩み 親子関連編

子どもの『ひっつき虫くっつき虫』と母親のヒステリー父親(夫)の育児参加

 

幼い子ども(一才半)を連れた母親のケースです。カウンセリング治療中にこんな場面が出てきました。母親がなにか話そうとすると、ひざの上にあがってきて、母親の口をふさごうとします。「もう、この子は。あっちへ行ってって言ってるでしょう」と、母親は切れてしまいました。カウンセリング治療どころではありません。「いつもこうですか?これはたいへんですね。次回のカウンセリング治療はお父さんも参加していただきましょう」。

二週間後、こんどは父親(夫)もいっしょでした。母親にしがみついて離れようとしない子どもを、父親(夫)がじょうずにあやして待合い室のほうへと出てくれます。母親は、心に溜まっていたうっぷんを思いの丈を話せて、ようやくすっきりできたようです。父親(夫)の育児参加がどれだけ、母親を救うかがわかりました。PHPの本より該当項目を下に紹介しましょう。

 

『ひっつき虫 くっつき虫』

子どもが母親にまとわりついて離れないことはよくあります。ひっつき(くっつき)虫というのは、「わがまま、甘える」とならんで、子どもの心の成長にとても大切なことなのです。

問題は母親が疲れてしまい「いいかげんにあっちへ行ってなさい」と、ヒステリックに叫んでしまうことにあります。これでは子どもも欲求不満を感じるでしょう。

二~三歳まではこのひっつき(くっつき)虫が安定した情緒形成に重要な役割を果たすので、しっかりとひっつかせ(くっつかせ)てあげます。そのためには父親(夫)の育児参加も必要ですよね。母親が疲れはててしまわないよう、夜○時から○時は父親(夫)と交代、土日は父親(夫)の番とか決めておくと、母親も体を休めることができます。

しつけができる年齢になったら、「今は忙しいから待って」と言い聞かせます。相手の状態を見てガマンする必要があるというしつけは、将来社会性を養う上で、とても大切な要素となります。

ポイントはひっつかせ(くっつかせ)てあげる時と、できない時のメリハリをつけることです。できるときは思いっきりひっつかせ(くっつかせ)てあげて、満足感を与えてあげます。子どもは十分な愛情を感じたら自然に親から離れていきます。成長につれて肌のひっつき虫くっつき虫だけでなく、心のひっつき虫くっつき虫 — いっしょに話し合ったり、掃除をしたり、片づけたり — を育てていくことも大切です。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て悩み30代母親父親ストレス相談 育児書どおりが正しい発達レベルと信じこんで不安

よその子にくらべて遅れていると思うと不安で眠れない

育児書どおりが正しい発達レベルと信じこんで不安な母親 何をしたらよいか分からない父親 (30代 4才児と2才児子どもの母親父親)

面接室には三十代の若い夫婦が座っています。4才と2才の二人の子育てに、母親がまいっているということです。カウンセラーが入室すると母親は立ち上がり「お願いします」とすがるような表情であいさつをしました。いっぽう父親のほうはドタっと椅子の背にもたれたまま。わずかな首の傾ぎがあいさつ代わりでしょうか。子育てに父親はどれだけかかわっているのだろう。しかしカウンセリング治療を受けに母親と一緒に来所することだけでも評価しなくては。態度とはちがって、父親の心のなかは真剣なのかもしれないと、カウンセラーは思いながら座りました。

「なにが一番しんどいですか?」といった問いかけに母親はまず「遅れてると思うんです」と、一言。おもむろにカバンから育児書とメモとハンカチをとりだしました。

「ここを見てください。

 『3才で公園デビューをして、だんだん他の子どもと仲間あそびができる』

 『自分のおもちゃを貸してあげられる』

 『親が絵本を読み聞かせると、聞けるようになる』

とありますでしょう。うちの子どれもできないんです。

公園に連れて行ってもみんなの中に入れないし、無理に入れてもらってもトラブルばっかり。

自分のおもちゃを貸してあげられないし、相手の子のを取り上げてしまうし。だから友だちになってくれる人がいなくて。

最後の絵本の読み聞かせですけど、隣の健ちゃんなんか、もう「これ読んで」って絵本をお母さんのところに持ってくるっていうんですよ。うちの子じっとしていないんですよ、読み聞かせようとしても」。

一気にお母さんはこう話すと、ハンカチで涙をふきました。

「そうですか、それはご心配なことでしょう。でも子どもには発達段階があって、一人一人みんな違いますからね。それに子どもの持って生まれた個性にもよるんですよ」と、カウンセラーは語りかけるが、お母さんの耳には届かないようですそれはわかっています。保育所でも同じことを言われました。でもイライラはとまらなくて。夜も眠れなくなってきてと、かなり緊迫している様子が伝わってきます。

「そうですか、ところでご主人はどう思われますか?奥さんはとても困っておられるようですが?」。カウンセラーはさっきからわれ関せずといった表情と態度の父親に話しかけました。「うーん」と、向き直りながら父親は「私も困ってます。仕事から帰っても、一日中親子げんかやキーキー泣く声でたまりません。もうパチンコに行ってるほうがましですわ」と、言いました。そばで聞いていた妻の目が一瞬キッとなりました。「あなたがちっとも真剣になってくれないから、よけい不安なのよ」「何心配しとんや。元気やったらそれでえやないか」。どうやら子育てをめぐっていつもこんなやりとりが交わされているようです。

どうやら母親は孤立しているようです。どこからも援助が得られず、育児書だけが頼りといった場合によく見られるケースです。「お母さんに援助の手が必要なようですね。心配な話しを聞いてくれる相手、実際に子育ての代わりをしてくれる人、真剣に相談にのってくれる所など。どうでしょう?」「もちろんそれがあればどんなにホッとできるか。この人自分のことばっかりしてるから」と、母親は怒ったような表情で父親を見ました。「何もかもいっぺんに期待するといけません。お父さんもお疲れなのですから。どうですか、子育ての代わりを時間を決めてみてもらうというのは。土日の昼食後2時間とか。これは一例です。まずこの話しを、よかったらここでしませんか」。母親は涙をふいて顔をあげました。「はい、それができたらなんとか。あなたいい?」「ああ、いいよ。おまえはやいやい言うだけで、何をしたらいいかまったくわからないやないか」「いつやったら子どもたちみてくれる?」「そうやな、土日の午後やったらええよ。公園に連れていってもええしな」。

まだまだカウンセリング治療は必要ですが、とりあえずこれだけのことだけでも父親と母親の二人で話し合えることができました。母親も協力してもらえるという安心感からか、表情がずいぶん柔らかになっています。具体的な行動レベルの援助が父親もやりやすく、母親も一番助かるのです。援助が得られ、話し合いもできでくると、「育児書」のみにこだわる気もちも減ってくるものと思われます。母親の「不眠、不安」もこれからのカウンセリング治療で解決できるでしょう。

 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子どものうつ 子育て育児ストレス 本edu 小学館

 

edu 2012年6月号

  • edu
  • 福田俊一 精神科医・所長
    増井昌美 家族問題研究室長
  • 小学館
  • 780円
  • 2012年6月号

子育て誌『edu』6月号での取材から、いくつか抜粋して掲載しています。現代を生きるこどもの環境にはストレスがいっぱい!?子どもの性格や性質をどれだけ知っていますか?ママにお尋ね:子どもの好み、すぐに答えられますか?子どもの本音をキャッチするために、心がけたい5つのポイント。

 

見落とさないで!子どものストレスサイン

”普段の様子”と何かが違う……。そこにストレスのサインが隠れています

子どものストレスサインに素早く気づき、対応できるママになるために必要なことは?そのポイントをご紹介します。

  • 現代を生きる子どもの環境にはストレスがいっぱい!?
  • 子どもの性格や性質をどれだけ知っていますか?
  • 子どもの好み、すぐに答えられますか?

 

タイプ別ストレスサインの見つけ方

子どもはどんなサインを発信し、そこにはどんなストレスが隠れているのか。福田俊一先生にストレスサインの見つけ方をアドバイスしてもらいました。

  • 体にサインが出やすい
  • 行動にサインが出やすい

 

子どものホンネをキャッチするために心がけたい5つのポイント

子どものことを”知っているつもり”になっていませんか?
もう一度、まっさらな気持ちに戻り、子どもと向き合ってみましょう。

 

 

<取材を受けました>…「edu」6月号(小学館2012)

ママの笑顔が、子供を伸ばす、きもちがラクになる子育て誌『edu』6月号(小学舘2012年)に、淀屋橋心理療法センターの取材記事が掲載されました。そのなかから抜粋してお母様方にお知らせいたします。

(福田俊一 所長・精神科医と、増井昌実家族問題研究室長が取材にお答えしました)

 

 

現代を生きるこどもの環境にはストレスがいっぱい!?

「ストレス要因というものは、誰にでもあるものです。子どもにとってのストレスは、ある意味乗り越えなければならない、成長のために必要な課題とも言えるでしょう。けれども人によって性質や感受性が違いますので、小さなストレスを大きく感じてしまう子もいますし、それが蓄積して心や体のトラブルを引き起こしてしまうことがあるので、注意が必要です」(福田所長)

最近の傾向として、摂食障害の子どもさんの低年齢化がすすんでいると言われています。「拒食症や過食症など、以前は中学生や高校生の相談が多かったのですが、ここ数年、小学3~4年生くらいのお子さんをもつ保護者からも相談を受けるようになりました。『あれ、おかしいな』と思ったら、できるだけ早く専門家に相談されることが大切です」(増井)

子どもは何らかの方法で、ストレスを受けていることを発信します。そのサインが出たら見逃さず、そのときに子どもと真剣に向き合うことが必要。初期段階であれば、親が話をしっかり聞くだけでも、子どもの心は落ちついてきます」(福田所長)

 

子どもの性格や性質をどれだけ知っていますか?

では子どもの発信する「ストレスサイン」をどのようにキャッチすればいいでしょうか?

「例をあげてお話しましょう。いつもはトントンと階段を上がり下りするのに、ドンドンと乱暴な足取りになったり、反対にまったく音を立てないで歩いたりしたら、注意をしてみてください。なぜならその子の「普段の様子」となにかちょっと違うなと感じる行動や言動にサインが隠れているからです。その違いを感じるためには、その子の普段の姿(話方のパターンやしぐさなど)や性格、体質、またどんなことに目を輝かせるかなどを知っておく必要があります」(福田所長)

「お母さん方に一日10分でもいいから子どもと会話をもつようにとアドバイスをしています。あれこれ聞くと逆効果になってしまうこともありますので、子どもの好きなタレントやテレビ番組などの雑談から始めて、聞き役に徹することを心かげてみてください」(増井)

「親が自分のストレスや愚痴を子どもに話していませんか?こうなると子どもが親のカウンセラー役になってしまい、自分の言いたいことが言えなくなってしまいます。親子の会話で大切なのは、子どもが喜怒哀楽の気持ちを素直に話すことができる信頼関係を築くことです」(福田所長)

 

 

ママにお尋ね:子どもの好み、すぐに答えられますか?

  1. 今夢中になっている遊びは?
  2. 好きな本やマンガのタイトルは?
  3. 好きな歌手やタレントの名前は?
  4. 好きなおかずは?
  5. 担任の先生のことをどう思っている?
  6. 親友の名前を知っている?

 

●ほとんど答えられなかった「無関心ママ」

もう少し子どもに関心を向けてみましょう。一日10分でもいいので、子どもと向き合って話す時間をもちましょう。

 

●だいたい答えられた「ほどほどママ」

知りすぎるでもなく、知らなさすぎるでもなく、子どもとちょうどいい距離感のようです。

 

●完璧に答えられた「ばっちりママ」

子どものことを知っているすばらしいママ。でも、過干渉になっていないか、ちょっと注意が必要かも。

 

子どもの本音をキャッチするために、心がけたい5つのポイント

 

1.子どもの話をよく聞いていますか?

「宿題は終わったの?」「早くしなさい」など、質問や命令ばかりで、子どもの思いを聞かずにいることはありませんか?なにげない雑談をする時間が気持ちをほぐします。子どもから話を引き出す時間ときっかけを心がけましょう。

 

2.家族でいっしょにご飯を食べていますか?

子どもだけでご飯を食べさせていませんか?食卓は最高のコミュニケーションの場。食卓を囲むことで子どものちょっとした変化をキャッチすることができるはずです。毎日の夕食が無理なら、朝食だけでも家族みんなでとるなど工夫と努力を惜しまずに。

 

3.子どもの個性や性質などを、よくわかっていますか?

もしかしたら「知ってるつもり」なのかもしれません。子どもの「いつものしぐさ」「話し方のパターン」などをマネできるくらい知っておけば、子どものちょっとした変化にもすぐに気づけるママになれます。

 

4.自分から見る子どもの顔だけで判断していませんか?

小学校にあがると子どもの行動範囲と世界は広がります。家庭でママに見せる顔は、ほんの一面であることを忘れずに。学校で見せる顔、友達の家での顔などを知っておくため、先生やママ友と情報交換をするようにしましょう。

 

5.ママ自身がストレスを抱えていませんか?

子どもにグチを言うなど、自分自身のストレスを子どもに向けて発散していませんか。また抱えているストレスを気づかれるような場面を子どもに見せていませんか。大人のストレスが子どもに影響を与えることは多いのです。ママ自身のストレス発散の仕方なども見直してみましょう。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み母親のストレス相談 子どもの「わがまま」で困ったときの言葉かけ

 

 

PHPのびのび子育て Special Edition

子育て中のお母さんへ:『子どもの「わがまま」で困ったときの言葉かけ』

 

『子どもの「わがまま」で困ったときの言葉がけ』という特集で、PHPのびのび子育て誌(PHP研究所)からスペシャル版がだされました。そこに淀屋橋心理療法センターから出した記事が掲載されています(50p)。それをまとめてご紹介しましょう。

 

子育て育児中のお母さん、言葉にできない子どもの苦しみやストレスに気づいていますか?

「心の闇」の受けとめ方・・・・・子どものつらさや悲しさの発信を感じ取り、しっかりストレスケアしていきましょう。

 

【症状1】思い通りにならないとかんしゃくを起こす :-x  幼稚園 5歳 女子

幼稚園に通う真美ちゃん(幼稚園 5歳 女子)はピンクの花模様のワンピースがお気に入りです。前日に汚してしまったので、お母さんは「そのワンピースは洗濯するから今日はこっちを着て行ってね」と言いました。すると真美ちゃんは、「このワンピースでないといや」と言い張ります。お母さんが洗濯しようとすると、「このワンピースでないといや!」と泣き叫びながらひっくり返って足をバタバタ・・・・・。「気に入らないといつもこう。どうしたらいいのかしら」と、お母さんは困ってしまいました。

 

:-o アドバイス:ゆっくり、ていねいに説明する

かんしゃくを起こす子の多くはこだわり性ですから、心の中にわだかまりがあるはずです。それをうまく言葉で言えず「ワーッ」となってしまうのでしょう。かんしゃくがおさまってから「あのワンピース、真美のお気に入りよね。とてもよく似合ってるわ。でも泥で汚れてるね」と見せながら、「真美の体も汚れてしまうから、きれいに洗おうね」と、ゆっくりと説明しましょう。かんしゃくが強い子は、頭の中がすぐに一つのことでいっぱいになってオーバーフローしやすい状態になります。だから一度に多くのことを言わないようにしましょう。一方的に言い聞かせるより、子どもにも言い分を言わせながらのほうがスムーズです。この積み重ねで、人の話も聞けて自分の言いたい事も言えるという器ができていくでしょう。

 

 

【症状2】学校へ行こうとすると腹痛が起こる :-?  小学三年生 男子

毎朝登校時刻が近づくと「お腹いたーい」と孝夫君(小学三年生 男子)はトイレに駆け込んで出てきません。お母さんが「学校に行きたくないんじゃないの。何かあったの?」と聞いても孝夫君は「わからない」と言うばかり。こんな状態がもう一週間も続いています。お母さんは不登校になってしまうのではと、心配でたまりません。「学校を休むなんて、怠けてるんじゃないか」とお父さんが厳しく言ったところ、朝になっても布団から出てこなくなり事態は悪くなる一方です。

 

 :-o アドバイス:さりげなく話しあおう

孝夫君は「お腹が痛い」と訴えていますので、「それなら学校へ行くのはむりね」とまずは受け入れてみましょう。それでも腹痛が続くようなら「お医者さんに診てもらおうか」と声をかけ、そこで異状なしであれば、はじめて心のケアに入ります。子どもの心の中には学校へ行かないことへの罪悪感があるでしょうから、まずは「しばらくゆっくりしていいのよ」と言い、その罪悪感を取り除いてやります。そして、親子のコミュニケーションを大事にしましょう。孝夫君の好きなテレビやマンガなどについてさりげなく話し合っているうちに、緊張していた心もほぐれてくるでしょう。避けていた学校の話が子どもの口から自然に出てくることもよくあります。しっかりと聞いていると、目が輝いてきたり勢いよく話し出したりと次第に元気が湧いてきます。その頃には学校へ行けなかった理由も、自分から話出すということがよくあります。

 

 

【症状3】反抗的な態度をとる :evil:  小学六年生 男子

「あんなにいい子だったのに、このごろ乱暴になって。悪い友だちでもできたのかしら」と、お母さんから息子の翔君(小学六年生 男子)について相談を受けました。「お箸の持ち方、違ってるよ」「こぼしたら拭こうね」と食事のときにお母さんが注意をすると、以前なら「はーい」と言って直していたのに、このごろ「うるさい、ババア」と言ったり、お箸を投げつけたりするそうです。お母さんはびっくりしたのと同時に恐さもあり、最近は腫れ物にさわるようにしか対応できなくなってしまったそうです。

 

:-o アドバイス:聞き役に徹し、気持ちを受けとめる

小学校高学年になると反抗的な態度を取るのはごく自然な変化です。いわゆる自我の芽が伸びて自己主張をはじめる頃です。親からあれこれ言われると抑えつけられている感じがして、大人のすることすべてがうっとおしく、かなり反抗的な態度を出してきます。程度にもよりますが、心配なことではありません。この頃の子どもたちは小さい頃から、怒りや不満などの負の感情を言葉で伝える習慣が少なくなってきています。そのせいでしょうか、中学生や高校生になっても、自己主張の仕方が幼稚で、言葉も荒く、とても世間で通用するものではありません。どこかで思いきり言いたいことを言い、しっかりと聞き役になって受け止めてもらえる場所が必要です。したいことをする中で、子どもは自分の芽の出し方を覚えていきます。

:lol: お知らせ :roll:  淀屋橋心理療法センターから子育てに関する本が2冊出ております。

『しぐさで子どもの心がわかる本』(PHP研究所福田俊一、増井昌美著)

『ちょっと気になる子どもの行動』(PHP研究所〃〃)

本誌50p掲載

 
 
 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。