タグ別アーカイブ: 小学生

うつ病子育ての悩み いじめ不登校

淀屋橋心理療法センターから上梓した本に「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)というのがあります。これは「いじめ」を中心に、家族がどう取り組むか、学校(担任)との協力体制はどうすれば組めるか、本人をどう成長に導くかを書いた本です。ちょうど「いじめ」の項目がでてきましたので、ここで内容を紹介したいと思います。(これは別冊PHPにのっていません)

『家族の心理療法』(朱鷺書房)

 

「子どもの心の傷を癒す家族の力」

いじめ、不登校、無気力症などなど。子どもが心の傷に苦しむとき、本人をとりまく周囲の人にも治療の視野を広げていくことが欠かせない。家族のなかでこそ、子どもは生きる力を獲得していく。家族とはなにか、いかにして家族の治癒力を高めるか。具体的事例をもとに、治療のプロセスを紹介した本である。

 

目次を追いながら、本の内容を紹介

 

一章 母親の不安

    1. 腕の青あざから、いじめを疑う(小学五年生 男子)

事例をもとに親や先生への信頼感を深め、いじめ解決のプロセスで親子の絆を深めるにはを紹介している。

    1. 「どうしてやり返さないの」と、親は思うが(小学五年生 男子)

もっと子どもをよく知るために、日常生活の記録をつけてみることをアドバイスしている。

    1. 「バイキンだ、きたねえぞ」とからかわれて(小学六年生 女子)

「私の育て方が悪かったのか」と悩む母親。しかし悩むだけでは解決しない。いじめられたことを話せる家庭づくりとは。母親はどんな対応をすればいいかなど、具体的にアドバイス。

    1. 娘が「いじめられているらしい」と、聞かされて(小学六年生 女子)

心配で、食事ものどをとおらない母親。担任の先生に話したほうがいいか、迷ったあげくやはり相談を。結果として「話してよかった」という安堵をえることができた。

    1. 「おまえなんか死ね!」の手紙がポストに(中学一年生 女子)

正義感をだしてかばったがために、自分もいじめの標的にされて不登校になってしまった。学校側の協力を得て、再登校にこぎつけることができた。

 

二章 学校との話し合いのむずかしさ

    1. 「先生、いますぐ事実確認してください」(小学四年生 女子)

怪我はしなかったけど、いじめられたのは三回目。母親が担任の先生に伝えるときのこつを説明。

    1. 「過保護ですね、お母さんは」の言葉にカッと(中学一年生 男子)

お金を貸さないと、弁当箱を隠されるといういじめにあっていた。先生に伝えても取りあってもらえないというもどかしさ。教師と親が同じ温度で土俵にあがるのはむずかしい。

    1. 「学校のここだけは許せません」(小学六年生 男子)

給食をじかに机の上におかれて、母親は奮起。父親の協力の大切さと、両親のチームワークの取り方を説明。

  1. 心ない校則、もういいかげんにして(高校二年生 担任の話)
  2. それでも味方をしてやりたい(中学生 生徒相談係の先生の話)
  3. ピンチをチャンスにと、全校あげて取り組む(小学六年生 担任の話)

三章 仲良しグループからいじめで不登校に(小学六年生 女子)

  1. やっと話せたいじめの実態 —- いじめを母親に話したけど、比重がちがう
  2. 功を奏した父親の協力 —- 母親と本人の言い落差を父親がうまくなだめて
  3. 再登校のきっかけ —- 担任の協力が大きな陰日向の力に
  4. 登校後の家庭の役割 —- 再登校したら親はいっそう気持ちを引き締めて

四章 家庭内暴力からの立ち直り(中学二年生 男子)

  1. いじめから不登校、家庭内暴力へ —- 部活が原因?担任と母親の対立が表面化
  2. 争う両親から向き合う両親へ —- 母親が、息子と父親をつなぐ心のパイプ探しに
  3. 両親の協力体制で大きく前進 —- 母親は、父親への「橋渡し役」を。生きる父親の機転
  4. やっと解け始めた心の氷 —- 担任の家庭訪問が、本人の心を開いて、再登校が可能に

五章 いじめの後遺症から学校恐怖に(高校一年生 男子)

  1. 尾を引いていた中学時代のいじめ —- 学校で生徒にはいじめられ、担任からはなじられ
  2. 危機脱出のカギをさぐる —- 親子で「テンポ」の違いを認識、「雑談」ができる家庭に
  3. 危機克服に向けてスタート —- 道案内役のセラピストに導かれ、一歩一歩元気を回復
  4. 「不安がいっぱい」は、良いサインー「もうだめ」「むかつく」「学校はいやだ」と落ち込むけど
  5. 心の重荷を語り出すと、頂上は近いーいじめを自ら語りだして、再登校が実現した

六章 長年の対人緊張を克服(大学一回生 女性)

  1. 根強く残る身近な人への不信感 —- 幼稚園から始まったいじめが、不登校、対人恐怖へと
  2. おだやか家族に嵐を起こす —- 「家族で爆発」のすすめを、セラピストが主導で
  3. 対人緊張はこうすれば克服できる —- 正直な人に多い対人緊張。罪のないうそで切り抜けよう
  4. 子どもの心の傷を癒す「家族で爆発」 —- 家族で怒りの感情を共有し、爆発、発散へと歩む

七章 家族の再生

    1. 学校と家庭のチームワークは大きな力

チームワークの前には多くの困難が

「見守りましょう」の落とし穴

さりげないふだんの様子を知らせ合う

裏目にでやすい子どもの救出作戦

不安を口にしだしたら、担任教師とのパイプを太く

チームワークでピンチをチャンスに

    1. 家族の治癒力を問いなおす

「親子で雑談」が、治癒力を発揮する土台

1+1=5が成り立つ両親協力の力学

ジグソーパズルが完成する父親の参加

「押してもダメ、引いてもダメ」、こんなときどうする?

治癒力を発揮できる家族とは

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ病職場のストレス治療 本「家族療法の面接室から」

 

家族療法の面接室から

  • 家族療法の面接室から
  • 福田俊一 精神科医師・所長
    増井昌美 家族問題研究室長
  • ミネルヴァ書房
  • 2000円(税抜)
  • 1994年9月(初版)
  • 1995年11月

 

「家族療法の面接室から」 内容紹介

家族には、自分たちで問題を解決し、危機をのりこえる力がある。互いに支え合いながら、癒され、立ち直っていく家族たち。家族のもつ力を信じ、援助していく家族療法の実際を紹介する。

 

■不登校―生活のドラマから解決のヒントが

不登校ケース1:観察日記が再登校の手がかりに・・小学四年生/男子
不登校ケース2:親のしつけにつぶされた子どもの芽・・小学五年生/男子
不登校ケース3:理想と現実のギャップで不登校・・高校一年生/女子

 

■摂食障害―拒食症・過食症は自分探しの闘い

摂食障害ケース1:過食は苦しさのはけ口(過食症 女子大生 19才)
摂食障害ケース2:お母さんのようになりたくない(母親否定から過食に 18才)
摂食障害ケース3:心やさしい優等生にもどりたい(声のでない拒食症の中学生 13才)

 

■アパシー(無気力症)―親の対応で立ち直るアパシ―

アパシー(無気力症)ケース1:無気力症は両親への復讐(ふとんから出てこなくなった娘 17才)
アパシー(無気力症)ケース2:息子は母親のカウンセラ―(アパシ―無気力症の息子 25才)
アパシー(無気力症)ケース3:ぶらぶら病の息子(家でぶらぶら、働かないニートNEET 27才)

 

■職場不適応―職場のつまずきを家族の協力で脱出

職場のストレスケース1:薬と会社の制度に阻まれるカウンセリング治療・・26才/男性
職場のストレスケース2:職場のつまずきから人間不信に・・26才/男性
職場のストレスケース3:うつ病の妻を救った夫の協力・・40才/女性

 

著者からのメッセージ

最近いろんな症状を抱えてご両親が相談に来所されます。こうしたケ―スを担当して気がついたことですが、「子育てに自信をなくしている親が多い。子どもに振り回されている。けれどどうしていいかわからない」。不登校にしても無気力症にしても、親が腫れ物にさわるように子どもに対応するものですから、子どもはだんだん増長して王様のようになっています。

この傾向にストップをかけるには、まず家庭のなかに親の指導力を取り戻す必要があります。親だけで、ましてや母親だけで頑張らないことです。母親はつい「自分の育て方が悪かったから、子どもはこうなったのでは」と、自分を責めがちです。それをしてもなんら問題の解決にはつながりません。また決して母親一人が悪いのではないのです。

ではどうすればいいのでしょうか。その答えがこの本にはあちこちに書かれています。ぜひご一読ください。ちなみにそのコツの一つを紹介しましょう。関係者の協力を得る方向に動くことです。父親はもちろん担任の先生、友人や友人のお母さんなど。ネットワークをつくりましょう。一人で頑張らない、つまり孤立しないようにすることが解決へのヒントの一つです。その作り方は本のなかでつかんでください。

* ミネルヴァ書房のホームページから本の注文ができます。
http://www.minervashobo.co.jp/

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病子育ての悩み友達編いじめ いじめっ子心理小学六年生

うつ病子育ての悩み 友達編 

いじめ いじめっ子(小学六年生 男子)

 

小学六年生の男の子をもつ母親の話です。「うちの子、いじめっ子なんです。わかったときショックでした。なんで、友だちをいじめるの」と、母親は嘆いています。

仕事から帰ってきて急いで夕飯の支度をしている時、玄関のチャイムがピーンポーンと鳴りました。「はーい」と答えて母親がドアを開けると、あわてて逃げ帰る男の子の背中が見えたというのです。「なに、どないしたん。あんたいたずらで鳴らしたん」とつかまえて聞くと、なんと次のような言葉が返ってきました。「いじめんといて。S君、僕のこといじめんといて」と、泣きながら叫んで逃げていきました。

初めはなんの事かわからなかった母親ですが、落ち着いてやっとその男の子の言った意味がのみこめました。自分の子が、同じクラスのD君をいじめていたのです。耐えかねて、家に直訴に来たというわけです。

 

 

『いじめっ子』(別冊PHPより)

いじめっ子の心理を知っていますか。いじめる子たちは、グループを組んでいることが多いですね。クラスでもボス格の子がいてそれを三~四人がとりまいて、次々といじめの対象を変えていく。ときにはクラスみんなが参加してはやしたてたり。いじめは集団の結束力を固めるというメリットをもっているのです。

むかしは学校や地域の子ども会などで、みんな協力していろんな行事を行いました。いっしょに汗を流して知恵を出し合うなかで、よい意味の結束が生まれたのです。今はそんな機会も少なくなり、ストレスを解消するという形でいじめが起きています。

いじめは子どもの世界の出来事だけに、おとなが介入してもその実態をつぶさに知ることは不可能に近いでしょう。いじめっ子をつかまえて謝らせてもその時だけで、陰ではもっと陰湿ないじめが潜行する恐れがあります。

ある小学校の校長先生がこう話されました。「いじめっ子五人を呼んで話を聞いたんだが、いじめたことを責めるよりも、一人ひとりの心のなかにある言い分にしっかり耳をかたむけてやることだ。母親のいない淋しさや、父親に殴られたことや、勉強のできないつらさや、教師への不満なんか、いっぱいかかえている。まず、いじめにいたった背景を理解してやり、次にいじめは悪いことだと、しっかり教えてやれば、きっと自分たちのしたことを反省するだろう」。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

育児ストレスうつ病子育ての悩み親子関係 過保護過干渉  小学生中学生の不登校

K子ちゃん(不登校 中学一年生 女子)

育児ストレスうつ病子育ての悩み 親子関連編

過保護・過干渉 小学生・中学生

 

不登校の中学一年生の母親がカウンセリング治療に来所されています。話を聞いて心のなかで驚いています。毎朝、K子ちゃんを起こすことから母親の日課が始まります。「お母さん、のどかわいた。ジュースもってきて」「お母さん、タオル。手がねたねたしてるの」。食べた食器はそのまんま。母親がみんな流しに運びます。脱いだ服も、下着も、みんな母親が後始末。う~ん、これ、なんとかしないと。

 

『過保護・過干渉』(別冊PHPより)

ひと昔前なら、きょうだい四~五人といっても珍しくなかったんです。今では一~二人がふつう。少子化時代だから、つい大事にしすぎるのも無理はないのですが。

子どもが幼いころは、過保護・過干渉でもいいでしょう。まだ自我も小さい芽ですし、かまってあげるほうがすくすく育ちます。問題となるのは、自分で自分のことができるようにしつけていかないといけない年齢になってもまだ親が手を出し、口を出していること。小学生ごろから、この準備はスタートしています。

自己管理ができないと子どもはとても不便だし、母親自身も手を抜くことができず疲れてしまいます。不登校でカウンセリング治療に来所の母親の話です。

使い捨てコンタクトレンズの取り替えを中学三年生になってもできないで、いつも「取り替える時期ですよ」と言ってもらい、してもらい。こんなわけですから、集団生活も自分で自分のことがうまくできません。

小学生にあがったら、少しづつ自分で自分のことができるようしむけてあげましょう。コツは次の三つです。

 

  1、 「ああしなさい、こうしなさい」と、行動の指示をしない。

  2、 「それはだめ。こうじゃない」と、親がすぐに結論を言わない。

  3、 子どもに代わって代弁、代行しない。

 

子どもは自分でできることで喜びを感じ、自信をつけていきます。集団の中でも自信をもって自分を前に出していけるのです。

子育てで一番大事な「子を思う気持ち」はあるわけですから、自信をもって、ただその出し方は工夫しましょう。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子どものうつ 子育て育児ストレス 本edu 小学館

 

edu 2012年6月号

  • edu
  • 福田俊一 精神科医・所長
    増井昌美 家族問題研究室長
  • 小学館
  • 780円
  • 2012年6月号

子育て誌『edu』6月号での取材から、いくつか抜粋して掲載しています。現代を生きるこどもの環境にはストレスがいっぱい!?子どもの性格や性質をどれだけ知っていますか?ママにお尋ね:子どもの好み、すぐに答えられますか?子どもの本音をキャッチするために、心がけたい5つのポイント。

 

見落とさないで!子どものストレスサイン

”普段の様子”と何かが違う……。そこにストレスのサインが隠れています

子どものストレスサインに素早く気づき、対応できるママになるために必要なことは?そのポイントをご紹介します。

  • 現代を生きる子どもの環境にはストレスがいっぱい!?
  • 子どもの性格や性質をどれだけ知っていますか?
  • 子どもの好み、すぐに答えられますか?

 

タイプ別ストレスサインの見つけ方

子どもはどんなサインを発信し、そこにはどんなストレスが隠れているのか。福田俊一先生にストレスサインの見つけ方をアドバイスしてもらいました。

  • 体にサインが出やすい
  • 行動にサインが出やすい

 

子どものホンネをキャッチするために心がけたい5つのポイント

子どものことを”知っているつもり”になっていませんか?
もう一度、まっさらな気持ちに戻り、子どもと向き合ってみましょう。

 

 

<取材を受けました>…「edu」6月号(小学館2012)

ママの笑顔が、子供を伸ばす、きもちがラクになる子育て誌『edu』6月号(小学舘2012年)に、淀屋橋心理療法センターの取材記事が掲載されました。そのなかから抜粋してお母様方にお知らせいたします。

(福田俊一 所長・精神科医と、増井昌実家族問題研究室長が取材にお答えしました)

 

 

現代を生きるこどもの環境にはストレスがいっぱい!?

「ストレス要因というものは、誰にでもあるものです。子どもにとってのストレスは、ある意味乗り越えなければならない、成長のために必要な課題とも言えるでしょう。けれども人によって性質や感受性が違いますので、小さなストレスを大きく感じてしまう子もいますし、それが蓄積して心や体のトラブルを引き起こしてしまうことがあるので、注意が必要です」(福田所長)

最近の傾向として、摂食障害の子どもさんの低年齢化がすすんでいると言われています。「拒食症や過食症など、以前は中学生や高校生の相談が多かったのですが、ここ数年、小学3~4年生くらいのお子さんをもつ保護者からも相談を受けるようになりました。『あれ、おかしいな』と思ったら、できるだけ早く専門家に相談されることが大切です」(増井)

子どもは何らかの方法で、ストレスを受けていることを発信します。そのサインが出たら見逃さず、そのときに子どもと真剣に向き合うことが必要。初期段階であれば、親が話をしっかり聞くだけでも、子どもの心は落ちついてきます」(福田所長)

 

子どもの性格や性質をどれだけ知っていますか?

では子どもの発信する「ストレスサイン」をどのようにキャッチすればいいでしょうか?

「例をあげてお話しましょう。いつもはトントンと階段を上がり下りするのに、ドンドンと乱暴な足取りになったり、反対にまったく音を立てないで歩いたりしたら、注意をしてみてください。なぜならその子の「普段の様子」となにかちょっと違うなと感じる行動や言動にサインが隠れているからです。その違いを感じるためには、その子の普段の姿(話方のパターンやしぐさなど)や性格、体質、またどんなことに目を輝かせるかなどを知っておく必要があります」(福田所長)

「お母さん方に一日10分でもいいから子どもと会話をもつようにとアドバイスをしています。あれこれ聞くと逆効果になってしまうこともありますので、子どもの好きなタレントやテレビ番組などの雑談から始めて、聞き役に徹することを心かげてみてください」(増井)

「親が自分のストレスや愚痴を子どもに話していませんか?こうなると子どもが親のカウンセラー役になってしまい、自分の言いたいことが言えなくなってしまいます。親子の会話で大切なのは、子どもが喜怒哀楽の気持ちを素直に話すことができる信頼関係を築くことです」(福田所長)

 

 

ママにお尋ね:子どもの好み、すぐに答えられますか?

  1. 今夢中になっている遊びは?
  2. 好きな本やマンガのタイトルは?
  3. 好きな歌手やタレントの名前は?
  4. 好きなおかずは?
  5. 担任の先生のことをどう思っている?
  6. 親友の名前を知っている?

 

●ほとんど答えられなかった「無関心ママ」

もう少し子どもに関心を向けてみましょう。一日10分でもいいので、子どもと向き合って話す時間をもちましょう。

 

●だいたい答えられた「ほどほどママ」

知りすぎるでもなく、知らなさすぎるでもなく、子どもとちょうどいい距離感のようです。

 

●完璧に答えられた「ばっちりママ」

子どものことを知っているすばらしいママ。でも、過干渉になっていないか、ちょっと注意が必要かも。

 

子どもの本音をキャッチするために、心がけたい5つのポイント

 

1.子どもの話をよく聞いていますか?

「宿題は終わったの?」「早くしなさい」など、質問や命令ばかりで、子どもの思いを聞かずにいることはありませんか?なにげない雑談をする時間が気持ちをほぐします。子どもから話を引き出す時間ときっかけを心がけましょう。

 

2.家族でいっしょにご飯を食べていますか?

子どもだけでご飯を食べさせていませんか?食卓は最高のコミュニケーションの場。食卓を囲むことで子どものちょっとした変化をキャッチすることができるはずです。毎日の夕食が無理なら、朝食だけでも家族みんなでとるなど工夫と努力を惜しまずに。

 

3.子どもの個性や性質などを、よくわかっていますか?

もしかしたら「知ってるつもり」なのかもしれません。子どもの「いつものしぐさ」「話し方のパターン」などをマネできるくらい知っておけば、子どものちょっとした変化にもすぐに気づけるママになれます。

 

4.自分から見る子どもの顔だけで判断していませんか?

小学校にあがると子どもの行動範囲と世界は広がります。家庭でママに見せる顔は、ほんの一面であることを忘れずに。学校で見せる顔、友達の家での顔などを知っておくため、先生やママ友と情報交換をするようにしましょう。

 

5.ママ自身がストレスを抱えていませんか?

子どもにグチを言うなど、自分自身のストレスを子どもに向けて発散していませんか。また抱えているストレスを気づかれるような場面を子どもに見せていませんか。大人のストレスが子どもに影響を与えることは多いのです。ママ自身のストレス発散の仕方なども見直してみましょう。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。