タグ別アーカイブ: 教師

うつ病子育ての悩み いじめ不登校

淀屋橋心理療法センターから上梓した本に「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)というのがあります。これは「いじめ」を中心に、家族がどう取り組むか、学校(担任)との協力体制はどうすれば組めるか、本人をどう成長に導くかを書いた本です。ちょうど「いじめ」の項目がでてきましたので、ここで内容を紹介したいと思います。(これは別冊PHPにのっていません)

『家族の心理療法』(朱鷺書房)

 

「子どもの心の傷を癒す家族の力」

いじめ、不登校、無気力症などなど。子どもが心の傷に苦しむとき、本人をとりまく周囲の人にも治療の視野を広げていくことが欠かせない。家族のなかでこそ、子どもは生きる力を獲得していく。家族とはなにか、いかにして家族の治癒力を高めるか。具体的事例をもとに、治療のプロセスを紹介した本である。

 

目次を追いながら、本の内容を紹介

 

一章 母親の不安

    1. 腕の青あざから、いじめを疑う(小学五年生 男子)

事例をもとに親や先生への信頼感を深め、いじめ解決のプロセスで親子の絆を深めるにはを紹介している。

    1. 「どうしてやり返さないの」と、親は思うが(小学五年生 男子)

もっと子どもをよく知るために、日常生活の記録をつけてみることをアドバイスしている。

    1. 「バイキンだ、きたねえぞ」とからかわれて(小学六年生 女子)

「私の育て方が悪かったのか」と悩む母親。しかし悩むだけでは解決しない。いじめられたことを話せる家庭づくりとは。母親はどんな対応をすればいいかなど、具体的にアドバイス。

    1. 娘が「いじめられているらしい」と、聞かされて(小学六年生 女子)

心配で、食事ものどをとおらない母親。担任の先生に話したほうがいいか、迷ったあげくやはり相談を。結果として「話してよかった」という安堵をえることができた。

    1. 「おまえなんか死ね!」の手紙がポストに(中学一年生 女子)

正義感をだしてかばったがために、自分もいじめの標的にされて不登校になってしまった。学校側の協力を得て、再登校にこぎつけることができた。

 

二章 学校との話し合いのむずかしさ

    1. 「先生、いますぐ事実確認してください」(小学四年生 女子)

怪我はしなかったけど、いじめられたのは三回目。母親が担任の先生に伝えるときのこつを説明。

    1. 「過保護ですね、お母さんは」の言葉にカッと(中学一年生 男子)

お金を貸さないと、弁当箱を隠されるといういじめにあっていた。先生に伝えても取りあってもらえないというもどかしさ。教師と親が同じ温度で土俵にあがるのはむずかしい。

    1. 「学校のここだけは許せません」(小学六年生 男子)

給食をじかに机の上におかれて、母親は奮起。父親の協力の大切さと、両親のチームワークの取り方を説明。

  1. 心ない校則、もういいかげんにして(高校二年生 担任の話)
  2. それでも味方をしてやりたい(中学生 生徒相談係の先生の話)
  3. ピンチをチャンスにと、全校あげて取り組む(小学六年生 担任の話)

三章 仲良しグループからいじめで不登校に(小学六年生 女子)

  1. やっと話せたいじめの実態 —- いじめを母親に話したけど、比重がちがう
  2. 功を奏した父親の協力 —- 母親と本人の言い落差を父親がうまくなだめて
  3. 再登校のきっかけ —- 担任の協力が大きな陰日向の力に
  4. 登校後の家庭の役割 —- 再登校したら親はいっそう気持ちを引き締めて

四章 家庭内暴力からの立ち直り(中学二年生 男子)

  1. いじめから不登校、家庭内暴力へ —- 部活が原因?担任と母親の対立が表面化
  2. 争う両親から向き合う両親へ —- 母親が、息子と父親をつなぐ心のパイプ探しに
  3. 両親の協力体制で大きく前進 —- 母親は、父親への「橋渡し役」を。生きる父親の機転
  4. やっと解け始めた心の氷 —- 担任の家庭訪問が、本人の心を開いて、再登校が可能に

五章 いじめの後遺症から学校恐怖に(高校一年生 男子)

  1. 尾を引いていた中学時代のいじめ —- 学校で生徒にはいじめられ、担任からはなじられ
  2. 危機脱出のカギをさぐる —- 親子で「テンポ」の違いを認識、「雑談」ができる家庭に
  3. 危機克服に向けてスタート —- 道案内役のセラピストに導かれ、一歩一歩元気を回復
  4. 「不安がいっぱい」は、良いサインー「もうだめ」「むかつく」「学校はいやだ」と落ち込むけど
  5. 心の重荷を語り出すと、頂上は近いーいじめを自ら語りだして、再登校が実現した

六章 長年の対人緊張を克服(大学一回生 女性)

  1. 根強く残る身近な人への不信感 —- 幼稚園から始まったいじめが、不登校、対人恐怖へと
  2. おだやか家族に嵐を起こす —- 「家族で爆発」のすすめを、セラピストが主導で
  3. 対人緊張はこうすれば克服できる —- 正直な人に多い対人緊張。罪のないうそで切り抜けよう
  4. 子どもの心の傷を癒す「家族で爆発」 —- 家族で怒りの感情を共有し、爆発、発散へと歩む

七章 家族の再生

    1. 学校と家庭のチームワークは大きな力

チームワークの前には多くの困難が

「見守りましょう」の落とし穴

さりげないふだんの様子を知らせ合う

裏目にでやすい子どもの救出作戦

不安を口にしだしたら、担任教師とのパイプを太く

チームワークでピンチをチャンスに

    1. 家族の治癒力を問いなおす

「親子で雑談」が、治癒力を発揮する土台

1+1=5が成り立つ両親協力の力学

ジグソーパズルが完成する父親の参加

「押してもダメ、引いてもダメ」、こんなときどうする?

治癒力を発揮できる家族とは

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ病子育ての悩み友達編いじめ いじめっ子心理小学六年生

うつ病子育ての悩み 友達編 

いじめ いじめっ子(小学六年生 男子)

 

小学六年生の男の子をもつ母親の話です。「うちの子、いじめっ子なんです。わかったときショックでした。なんで、友だちをいじめるの」と、母親は嘆いています。

仕事から帰ってきて急いで夕飯の支度をしている時、玄関のチャイムがピーンポーンと鳴りました。「はーい」と答えて母親がドアを開けると、あわてて逃げ帰る男の子の背中が見えたというのです。「なに、どないしたん。あんたいたずらで鳴らしたん」とつかまえて聞くと、なんと次のような言葉が返ってきました。「いじめんといて。S君、僕のこといじめんといて」と、泣きながら叫んで逃げていきました。

初めはなんの事かわからなかった母親ですが、落ち着いてやっとその男の子の言った意味がのみこめました。自分の子が、同じクラスのD君をいじめていたのです。耐えかねて、家に直訴に来たというわけです。

 

 

『いじめっ子』(別冊PHPより)

いじめっ子の心理を知っていますか。いじめる子たちは、グループを組んでいることが多いですね。クラスでもボス格の子がいてそれを三~四人がとりまいて、次々といじめの対象を変えていく。ときにはクラスみんなが参加してはやしたてたり。いじめは集団の結束力を固めるというメリットをもっているのです。

むかしは学校や地域の子ども会などで、みんな協力していろんな行事を行いました。いっしょに汗を流して知恵を出し合うなかで、よい意味の結束が生まれたのです。今はそんな機会も少なくなり、ストレスを解消するという形でいじめが起きています。

いじめは子どもの世界の出来事だけに、おとなが介入してもその実態をつぶさに知ることは不可能に近いでしょう。いじめっ子をつかまえて謝らせてもその時だけで、陰ではもっと陰湿ないじめが潜行する恐れがあります。

ある小学校の校長先生がこう話されました。「いじめっ子五人を呼んで話を聞いたんだが、いじめたことを責めるよりも、一人ひとりの心のなかにある言い分にしっかり耳をかたむけてやることだ。母親のいない淋しさや、父親に殴られたことや、勉強のできないつらさや、教師への不満なんか、いっぱいかかえている。まず、いじめにいたった背景を理解してやり、次にいじめは悪いことだと、しっかり教えてやれば、きっと自分たちのしたことを反省するだろう」。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ病子育ての悩み 友達編 いじめ いじめられっ子

うつ病子育ての悩み 友達編 

いじめ いじめられっ子

 

わが子が「いじめ」られているか否か、母親がこれを見つけるのは大変です。よほどひどくいじめられているのでない限り、外見だけでは判断できないからです。「いじめ」に関する相談は、決してなくなってはいません。

「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)には、「いじめの早期発見チェックリスト」や、事例を紹介しながら「いじめに家族でどう対応するか」など、具体的な問題を家族療法の視点から書いています。この本については、別項目で詳しくお話することにして、まずはPHPの百科事典から紹介しましょう。

 

『いじめられっ子』(別冊PHPより)

なかなか子どもは、自分がいじめられていることを家で言いません。子どもには子どものプライドがあるのでしょうか。叩かれたあとがあっても、「自分で転んだ」と言うことが多いようです。

こんなとき親として気をつけることは、「どうしたの」と問いつめるのでなく、できるだけ話しやすい雰囲気をつくってあげること。いじめられっ子はいじめられてもはっきりと言い返せない、つまり自己表現(主張)が弱い子に多いようです。

「ケーキ買ってきたのよ。食べない?」と場を用意しながら、「きょうね、おばあちゃんから電話あったよ」といった話しやすい話題で言葉がけをしていきます。いじめられて凍りついていた心の扉が少しづつゆるんでくるのを待ちましょう。「お母さんは、どんな話でも聞いてくれる。僕(私)の味方だ」と、子どもの心に信頼感を芽ばえさせることが大事です。

いじめられる子も悪いと言われますが、それは別問題です。なによりも理不尽な目にあわされて傷ついています。教師や他の人の正論に傾かず、しっかりわが子を見つめることです。ただ心配のあまり親が先に動いてしまうことがよくありますが、これは親子の信頼感にひびがはいるもと。「いじめ」は非常にデリケートな問題だけに、取り組みには慎重さが必要です。おとなの判断で「子によかれ」と思って先走らないよう気をつけましょう。ただし、いじめられる度合いがきつく、子どもの心身に危害が及ぶ場合は別です。

いじめをやめさせる努力のなかで、子どもが教師や親に不信感をつのらせていないかは、常に気をつけている必要があります。だんだん本人の信頼感が増えていないと心配です。

 

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ病職場のストレス 新型うつと診断された教師

 うつ病職場のストレス 新型うつと診断された教師

仕事に対する意欲が無くなっていても趣味など好きなことは出来る状態を新型うつと言われているようです。

淀屋橋心理療法センターにも教員の方の相談が増えてきました。学校の現場ではいじめや自殺未遂、体罰問題と現場の大変さは計り知れないものがあります。そんな中でうつ状態になられる教師の先生方が増えてこられました。

「好きな釣りだけは楽しめるのですが。でも休んでいるのに釣りに行く罪悪感が強くて全く行っていません」とある教師の先生が言われました。我々は楽しめるものがあることは治療の糸口として大変ありがたい重要な事として受け止めています。

新型うつと診断され辛い日常の中でも楽しめる事が残っていることを最大限利用して治療を進めていきます。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み母親のストレス相談 本児童心理掲載『過保護・過干渉な親と連携をうまくとるには』

 

児童心理2010年4月号

  • 児童心理
  • 金子出版
  • 720円
  • 2010年4月号

子育て育児の悩み母親のストレス相談 淀屋橋心理療法センターの本 『過保護・過干渉な親と連携をうまくとるには』 についての記事が掲載されました。

『児童心理』(金子出版 2010年4月号)

特集:甘える子・甘えない子

淀屋橋心理療法センターの記事が掲載されました。内容を抜粋・要約した文章をお送りしています。

●執筆者:福田俊一 精神科医 所長、 増井昌美 家族問題研究室長(淀屋橋心理療法センター)

●表題:「過保護・過干渉な親との連携をうまくとるには」

●目次&内容の抜粋・要約文

 

1.間違いやすい過保護・過干渉のとらえ方

…子どもの発達状態によって過保護・過干渉のとらえ方は変わってくる。「この子はもう少しほっておけば伸びる」といういときに手を出してあげるとできるようになるのなら、それは過保護・過干渉ではないだろう。…

 

2.過保護・過干渉は親子の相互関係から出てくる

…子どももさりげなく親の過保護・過干渉を誘発するようなしぐさをしている場合がよくある。家族療法の大家であるサルバドール・ミニューチンがよく使ったエピソードがあるので紹介しよう。「息子さんがちょっとサインを出すと、お母さんはすぐそれに食いついてしまいますね。息子さんは上手なフィッシャーマンですよ。お母さんはベイトを投げるとすぐパクッと食いついてしまう魚です。…

 

3.教師と親には立場の違いから温度差がある

…親には「担任にはわが子のことを一番考えてほしい」という気持ちが強くあり、「子どもについて心配なことがあれば、担任に話せばなんとかしてもらえる」という期待感も強いだろう。一方教師のほうでは「そんな小さなことで・・過保護ですね、お母さんは」とか「おおげさに騒ぎすぎじゃないですか」という言葉がでてくるというのも、教師と親の温度差をふまえてみると無理からぬ部分もある。

しかも両者は家庭と学校という互いの現場での細かな情報が不足しがちである。ボタンの掛け違え的な摩擦はしょっちゅう起こるしポイントの置き方や判断基準の違いも考えられる。こうした立場の違いをしっかりと頭において対応していかないと、両者の関係がこじれてしまうこともしばしばである。こうした状況にならないようにするにはどのようにすればよいのであろうか。

 

4.いじめ不登校で母親が来校したとき

…子どもがいじめられたと聞いて母親が学校にやってきた。「先生、息子が学校でいじめられているようです。今すぐ事実確認をしてください」と、真剣な表情で訴えてきた。教師は母親を安心させるつもりで「過保護ですね、お母さんは。私も担任としてしっかりと生徒のこと見てますのでご安心ください」と伝えた。事情を聞いてもらえるどころか過保護だと言われ、「学校でおきた問題なのに、過保護だと矛先を家庭に向けてくるのか」と、母親はカッとなったという話しがある。…

「そうですか、それはご心配ですね。気をつけて学校での様子をみておきます」と、一度受けて立つという対応がいいだろう。「息子さんにおかしいところがあったら、すぐにご連絡ください」といった同じ土俵に乗る言葉によって母親は動揺している気持ちを鎮めることができるだろう。…

 

5.相手の心にグサッとくる一言に気をつけよう

ムカッときても言ってはいけない一言というのがある。言うことでお互いの関係がギクシャクしてしまい修復が困難になるおそれがある。

『親が傷つく教師の言葉』

 ケース1 「過保護じゃないんですか、お母さんは」

 ケース2 「神経質すぎるんじゃないですか」

 ケース3 「ご家庭でどんなしつけをしておられるんですか」

 ケース4 「お母さんの育て方が悪いからですよ」

 ケース5 「まあいいじゃないですか。それくらいのこと」

 ケース6 「おおげさに騒ぎすぎじゃないですか」

 ケース7 「(よく話しを聞かず)専門家に相談されたらどうですか」

 

6.子どもはいろんな顔をもっている

親は家庭で自分の子どもだけを見ていることが多いので、「子どものことは私が一番よく知っている」という思いこみが強くある。それだけに家庭での子どもの顔だけで判断してしまうということがよくある。…しかし子どもには親の知らない顔がたくさんある。学校で見せる顔、友達に見せる顔、塾での顔、それらが必ずしも一致しているとは限らない。…

 

7.教師と親が情報交換をすることで視野が広がる

親は外の世界での情報不足から視野が狭くなりがちだ。これが教師と親のズレや摩擦をうむことがよくある。「あの親は過保護・過干渉だ」と言っても、教師と親が話し合える場が作れなければ状況を改善することはできない。「過保護・過干渉」という言葉以前に互いの情報を交換できる関係づくりが重要である。…

親と情報交換ができる関係づくりだが、教師が学校での…
これだけで親の気持ちのなかに教師への信頼感がうまれ、互いの関係が好転する場合もあるにちがいない。親のほうでも「昨夜は遅くまでテレビをみていました」とか「晩御飯の手伝いをすすんでやってくれました」といった家庭での様子を教師に伝える。お互いにさりげない事実を伝え合う積み重ねで、今まで知らなかった子どもの一面が見えてくるであろう。お互い情報が増え視野が広がることで、互いが協力しあえる関係を築くことができるのである。

 

 

参考文献

(1)サルバドール・ミニューチン(著)福田俊一、増井昌美(訳)『思春期やせ症の家族ー心身症の家族療法)』星和書店一九八七

(2)福田俊一 増井昌美 『家族の心理療法』 朱鷺書房 一九九八

(表題の全文をお読みになりたい方は書店にてお求めになるか、金子出版(03-3941-0111)に直接お申し込みください)

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。