タグ別アーカイブ: 甘え

うつ病とひきこもり摂食障害(過食症拒食症) 大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行

大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行に困っておられる親御さんは少なくありません。

小学生の子どもさんが不登校になってからお母様といつも一緒に行動している。お母様がいないと不安で泣き出す。というようなケースは、子どもさんの赤ちゃん返りを受け入れ易いようです。「今は不安定な時期で寂しいのだろう。思い切り甘えさせてあげよう」と、親御さんは気持ちを切り替える事ができます。

ところが、20歳を過ぎた大人でも赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行のような現象が見られる事があります。例えば、本人は30歳の大人ですが、お母様を独占したがり四六時中お母様と一緒でないと気が済まない。お母様は一人で買い物に出かける事もできない。ベタベタと甘えてくる。夜はお母様が添い寝をしないと眠れない。頭をなでてほしい。抱っこしてほしい。膝枕をしてほしい。等もあります。

こういった大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行は、うつ病ひきこもり摂食障害(過食症拒食症)等の相談に来られた親御さんからきかれます。うつ病、ひきこもり、摂食障害(過食症拒食症)等の症状が現れる以前は全くそんな事はなく自立した生活を送る大人だったのに、症状が長引くとともに、段々と赤ちゃん返り(子ども返り)甘えもエスカレートしていったようです。

大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行を受け入れる事は難しいようです。お母様は精神的にもかなりの負担です。心配な反面、どう対応すればよいかが分からず混乱する方がほとんどです。どこまで受け入れたらよいかの判断がつかず、あまりの変わりように「脳の病気ではないか」と不安に駆られる親御さんもおられます。

淀屋橋心理療法センターの家族療法では、こういった大人の赤ちゃん返り(子ども返り)甘え退行についても、親御さんの不安にお答えしアドバイスを差し上げています。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病子育ての悩み友だち社会性不安

うつ病子育ての悩み 友だち・社会性関連

外へでるのが不安(別冊PHPより)

 

なにか恐い思いをしたという事はないでしょうか。車に追突されそうになったとか、恐い人におどされたとか、友だちにいじめられたとか。外へ出るのが不安という場合、そうした体験が根っこにあり、改善されないまま残っている事がよくあるのです。

母親は「どうして恐いの」という質問をよくしますが、子どもはこの「どうして、なぜ」という質問が苦手です。子ども自身もよくわからないことが多いからです。

それより「外へ出ようとすると、どうなるの」と聞いてあげましょう。「足が動かないんだ」「後ろからおそわれる感じがして」と、その時の状態を話してくれるでしょう。じっくり聞いてあげることで、しだいに解決する事もよくあります。

不安感を感じる子はこだわりの強い子が多く、早いペースでまわりが動くと、ついてこれないという事がよくあります。不安への思い当たる理由がない時は、周りがちょっとゆっくりリズムにあわせてあげると自然に治る事があります。

不安のレベルがあがってきたり、なかなか改善しない場合には専門家に相談したほうがいいでしょう。一人で出るのは不安だけど、母親や父親といっしょなら大丈夫というのなら、しばらくそうしてあげることです。だんだん慣れて、一人で出られるようになります。「いや、それは甘やかしになるから」とか、「男の子のくせに、勇気がないからだ」と、無理強いするのは逆効果になりがちです。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。 

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病子育ての悩み親子関係 摂食障害過食症25才甘える

摂食障害過食症 K子さん(25才 160cm 42kg 女性)

うつ病子育ての悩み 親子関連編 

摂食障害過食症 甘える「甘え」は、心の栄養剤 

K子さんは5年前から摂食障害過食症で苦しんでいます。今25才ですから20才のときに発症したと言えます。きっかけは「ダイエット」。「やせたい、スマートになりたい」というやせ願望にとらわれて、だんだんはまっていきました。54kg(160cm)あった体重は42kgに。心配した母親は、あちこちの病院や心療内科へK子さんをつれていきました。「摂食障害」という病名がつけられ、いろんな薬がでたけれど、何年たってもK子さんの摂食障害過食症は治りませんでした。

インターネットで「摂食障害過食症」で検索したところ、淀屋橋心理療法センターのホームページが出てきました。摂食障害過食症の治療の仕方がくわしく目に浮かぶように書かれています。「『母親も治療に参加できる』『成長のつまづきと、とらえる』『日常の生活の記録が治療の基盤』と、書いてある。よし、一度ここに行ってみよう」。こんないきさつでK子さんと母親はカウンセリング治療に来所されました。

頑張りやで思いやりの深いやさしい子。K子さんは、ほんとうによい子です。「小さい頃から、手のかからない子で、なんでも自分でしゃんしゃんできる子だったんです。それが急にやせだして。もうどうしてよいかわかりません」と、母親。「私、両親に不満なんてありません。これでいいんです」と、K子さん。

このしっかり砦を崩さないと、摂食障害過食症は治らないことを知っている摂食障害過食症専門カウンセラーは、うでを組みました。

「K子さん、あなたはいままでお母さんやお父さんに甘えたことがありますか?」と聞いたところ、K子さんは次のように答えました。

「いいえ、一度もありません。甘えられなかったんです。よい子でないと捨てられるという思いでいっぱいで。お父さんは恐くて、お母さんは厳しいし。甘えるなんて」。そこでカウンセラーは課題をだしました。「次回までに、お母さんに、三回甘えてきてください。どんな甘え方でもいいですから。わがままでもいいんです。うまく甘えられないとわがままという感じになるときもありますから」。

この「甘える」課題が、K子さんの氷のように冷たく固くかたまった心を溶かしていくきっかけになりました。摂食障害過食症は、そう簡単に治る病気ではありませんが、母親に甘えられることが治療の前進に大きく役立ったことは確かです。

 

 

『甘える』(別冊PHPより)

 

「親に甘えられるというのは、一つの能力なんです。

どれだけ多くの甘えられない子どもがストレス症状で苦しんでいることか。」

 

日ごろ「甘えちゃダメ」というしつけを受けているか、それとも親に甘えさせてあげるだけの時間的かつ体力的余裕がないかでしょう。

甘えている子どもの心は裸です。ふだんのよい子レッテルをはがし、ありのままの自分をさらけだしています「僕(私)、ほんとうはわがままで、のろまで、勉強ぎらいなーんだ。お母さんの言うとおり頑張ってるだけなんだよ」と、全身で語りかけてきます。このとき親から笑顔で両手を広げて受け止めてもらえたら、子どもはどんなにホッとするでしょう。「あ~、しんどいときはこうすればいいんだ」と思えたとき、あらたに頑張るエネルギーが湧いてくるのです。

塾やテストや勉強、友だち関係と子どもは子どもなりに多くの緊張を感じて神経を張りつめています。たまにはひと休みさせてあげましょう。「甘える」という愛情ガソリンで子どもの心を満タンにしてあげれば、ひとりでに走りだしていきます。

でも一つだいじなことは、受け止める側の母親のゆとりです。母親自身もはりつめてばかりいないで、ときには子どもと離れてゆったりと過ごせる工夫をしましょう。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み母親のストレス相談 本児童心理掲載『過保護・過干渉な親と連携をうまくとるには』

 

児童心理2010年4月号

  • 児童心理
  • 金子出版
  • 720円
  • 2010年4月号

子育て育児の悩み母親のストレス相談 淀屋橋心理療法センターの本 『過保護・過干渉な親と連携をうまくとるには』 についての記事が掲載されました。

『児童心理』(金子出版 2010年4月号)

特集:甘える子・甘えない子

淀屋橋心理療法センターの記事が掲載されました。内容を抜粋・要約した文章をお送りしています。

●執筆者:福田俊一 精神科医 所長、 増井昌美 家族問題研究室長(淀屋橋心理療法センター)

●表題:「過保護・過干渉な親との連携をうまくとるには」

●目次&内容の抜粋・要約文

 

1.間違いやすい過保護・過干渉のとらえ方

…子どもの発達状態によって過保護・過干渉のとらえ方は変わってくる。「この子はもう少しほっておけば伸びる」といういときに手を出してあげるとできるようになるのなら、それは過保護・過干渉ではないだろう。…

 

2.過保護・過干渉は親子の相互関係から出てくる

…子どももさりげなく親の過保護・過干渉を誘発するようなしぐさをしている場合がよくある。家族療法の大家であるサルバドール・ミニューチンがよく使ったエピソードがあるので紹介しよう。「息子さんがちょっとサインを出すと、お母さんはすぐそれに食いついてしまいますね。息子さんは上手なフィッシャーマンですよ。お母さんはベイトを投げるとすぐパクッと食いついてしまう魚です。…

 

3.教師と親には立場の違いから温度差がある

…親には「担任にはわが子のことを一番考えてほしい」という気持ちが強くあり、「子どもについて心配なことがあれば、担任に話せばなんとかしてもらえる」という期待感も強いだろう。一方教師のほうでは「そんな小さなことで・・過保護ですね、お母さんは」とか「おおげさに騒ぎすぎじゃないですか」という言葉がでてくるというのも、教師と親の温度差をふまえてみると無理からぬ部分もある。

しかも両者は家庭と学校という互いの現場での細かな情報が不足しがちである。ボタンの掛け違え的な摩擦はしょっちゅう起こるしポイントの置き方や判断基準の違いも考えられる。こうした立場の違いをしっかりと頭において対応していかないと、両者の関係がこじれてしまうこともしばしばである。こうした状況にならないようにするにはどのようにすればよいのであろうか。

 

4.いじめ不登校で母親が来校したとき

…子どもがいじめられたと聞いて母親が学校にやってきた。「先生、息子が学校でいじめられているようです。今すぐ事実確認をしてください」と、真剣な表情で訴えてきた。教師は母親を安心させるつもりで「過保護ですね、お母さんは。私も担任としてしっかりと生徒のこと見てますのでご安心ください」と伝えた。事情を聞いてもらえるどころか過保護だと言われ、「学校でおきた問題なのに、過保護だと矛先を家庭に向けてくるのか」と、母親はカッとなったという話しがある。…

「そうですか、それはご心配ですね。気をつけて学校での様子をみておきます」と、一度受けて立つという対応がいいだろう。「息子さんにおかしいところがあったら、すぐにご連絡ください」といった同じ土俵に乗る言葉によって母親は動揺している気持ちを鎮めることができるだろう。…

 

5.相手の心にグサッとくる一言に気をつけよう

ムカッときても言ってはいけない一言というのがある。言うことでお互いの関係がギクシャクしてしまい修復が困難になるおそれがある。

『親が傷つく教師の言葉』

 ケース1 「過保護じゃないんですか、お母さんは」

 ケース2 「神経質すぎるんじゃないですか」

 ケース3 「ご家庭でどんなしつけをしておられるんですか」

 ケース4 「お母さんの育て方が悪いからですよ」

 ケース5 「まあいいじゃないですか。それくらいのこと」

 ケース6 「おおげさに騒ぎすぎじゃないですか」

 ケース7 「(よく話しを聞かず)専門家に相談されたらどうですか」

 

6.子どもはいろんな顔をもっている

親は家庭で自分の子どもだけを見ていることが多いので、「子どものことは私が一番よく知っている」という思いこみが強くある。それだけに家庭での子どもの顔だけで判断してしまうということがよくある。…しかし子どもには親の知らない顔がたくさんある。学校で見せる顔、友達に見せる顔、塾での顔、それらが必ずしも一致しているとは限らない。…

 

7.教師と親が情報交換をすることで視野が広がる

親は外の世界での情報不足から視野が狭くなりがちだ。これが教師と親のズレや摩擦をうむことがよくある。「あの親は過保護・過干渉だ」と言っても、教師と親が話し合える場が作れなければ状況を改善することはできない。「過保護・過干渉」という言葉以前に互いの情報を交換できる関係づくりが重要である。…

親と情報交換ができる関係づくりだが、教師が学校での…
これだけで親の気持ちのなかに教師への信頼感がうまれ、互いの関係が好転する場合もあるにちがいない。親のほうでも「昨夜は遅くまでテレビをみていました」とか「晩御飯の手伝いをすすんでやってくれました」といった家庭での様子を教師に伝える。お互いにさりげない事実を伝え合う積み重ねで、今まで知らなかった子どもの一面が見えてくるであろう。お互い情報が増え視野が広がることで、互いが協力しあえる関係を築くことができるのである。

 

 

参考文献

(1)サルバドール・ミニューチン(著)福田俊一、増井昌美(訳)『思春期やせ症の家族ー心身症の家族療法)』星和書店一九八七

(2)福田俊一 増井昌美 『家族の心理療法』 朱鷺書房 一九九八

(表題の全文をお読みになりたい方は書店にてお求めになるか、金子出版(03-3941-0111)に直接お申し込みください)

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児悩み相談 母親が防ぐ子どものうつストレス本「ちょっと気になる子どもの『行動』 心の声に気づいて!」

ちょっと気になる子どもの行動

  • 本の題名:「ちょっと気になる子どもの『行動』」―心の声に気づいて!
  • 著者:福田俊一 淀屋橋心理療法センター 所長 精神科医
    増井昌美 淀屋橋心理療法センター 家族問題研究室長
  • 出版社:PHP研究所
  • 対象:小学校低学年までの子どものご両親
  • 1200円(税別)
  • 2009年4月17日
  • 購入のお問い合わせは
    普及グループ 075-681-8818
    PHP子育てNET http://www.php.co.jp/manabica/

 

ちょっと気になる子どもの行動 心の声に気づいて! :oops:

淀屋橋心理療法センター「子育て育児」の本 

本書は前回出された「『しぐさ』で子どもの心がわかる本」(PHP研究所)の姉妹本です。

 

「PHP子育てNET」で紹介されました

心の声に気づいて! ちょっと気になる子どもの「行動」(PHP子育てNET)

【解説】

子育て育児に関する本はいろいろありますが、「子どもの気持ちを大事にしましょう」という本もあれば、「それでは生ぬるい。子どもを甘やかすことになります」と指摘した本もあります。このように子育て育児論はさまざまで、これも価値観が多様化している現状を映し出しているのかもしれません。

実際の子育て育児のなかでは「あの本に書いてあったようにしたい」と思っても、なかなか親の気持ち通りにいかないということはよくあることです。それは誰よりも現場のお母さん方がわかっていらっしゃることでしょう。

この本は、前作の『「しぐさ」で子どもの心がわかる本』の続編として企画されました。執筆にあたり、子育て育児奮闘中の多くのお母さん方にインタビューしましたが、みなさんそれぞれの切実な悩みや不安を抱えていらっしゃることがわかりました。なかでも「こだわる子ども」についての悩みが多かったので、本書は前作よりもこだわる子どもが出しやすい問題に重点を置いて書いています。

(「はじめに」より抜粋)

 

「ちょっと気になる子どもの行動」 内容紹介

第1部 子どもの気になる「行動」には理由がある

1、新しい子育ての時代

個性の強い子どもたち―子どもに変化が起きている?
「こだわり性」という個性の子どもが増えている
こだわり性の子どもとのつきあい方
子どもを多面的にとらえる大切さ
自主性が伸びれば個性は輝き出す

2、いちばん大切なのは親子関係

行動から子どもの個性が見えてくる
親子の会話のパイプを育てる大切さ

3、子どもの行動を両親で話し合うコツ

第2部 こんな「行動」が気になりませんか?

  1. ウソをつく
  2. 気持ちをきちんと表現できない
  3. 同じものにこだわる
  4. 汚れるのを嫌がる
  5. よく忘れる
  6. 団体行動が苦手
  7. 雑な行動が目につく
  8. 食べ方が気になる
  9. 無関心・無感動
  10. 潔癖症
  11. 性別にとらわれない行動をとる
  12. 人のものを盗む
  13. 隠し事をしている
  14. いつもと様子が違う
  15. 話が聞けない
  16. 好きなものにこだわる
  17. 夜中に起きる
  18. 友だちとうまくかかわれない
  19. 髪型にこだわる
  20. 元気・やる気・気力がない
  21. 言葉づかいが乱暴
  22. こわがり・不安
  23. 自己主張が激しい
  24. 注意を聞かない
  25. 行動や気分にムラがある
  26. 空想癖
  27. 負けず嫌い
  28. 生き物をいじめる
  29. 片付けや準備ができない
  30. 寝るときの癖がある
  31. 寝る前に必ず行うことがある
  32. ものの位置にこだわる
  33. 独特な文房具の使い方をする
  34. しつこい・がんこ
  35. 生き物を嫌う
  36. 食事にムラがある
  37. 食べられない
  38. テレビゲームに没頭しすぎる
  39. パソコンに夢中

 

執筆者後記:「ちょっと気になる子どもの『行動』―心の声に気づいて!」(PHP研究所)

■ 福田 俊一 精神科医・所長

淀屋橋心理療法センターから2冊目の子育て育児関係の本が出ました。『ちょっと気になる子どもの「行動」』で、出版社はPHP研究所です。これは前作の『「しぐさ」で子どもの心がわかる本』に続く子育育児てシリーズの第2作目です。

前作の「しぐさで・・」がたいへん好評をいただき、多くのお母さま方に読んでいただけたのが著者としてうれしいかぎりです。今度の「ちょっと気になる子どもの『行動』―心の声にきづいて!」は、その勢いにのってさらに子育て育児奮闘中のお母さま方のお役に立てたらという思いで執筆しました。

アドバイスといっても子どもさんは各自みんな違っており、「行動」の善し悪しもその子によって違ってきます。全てのお子さんにあてはまるアドバイスはとても難しくある程度絞って書いたのですが、その絞り込みに苦労しました。

子育て育児に困って「こんなときどうしたらいいのかしら」とちょっとしたアドバイスを求めておられるお母さま方はずいぶん多くおられるのだなと、取材を通じて強く感じました。そういった子育て育児真っ直中のお母さま方のお役にたてればうれしく思います。

 

■ 増井 昌美 家族問題研究室長・ファミリーセラピスト

この度、前作に続く子育て本第2弾「ちょと気になる子どもの『行動』―心の声に気づいて!」をPHP研究所から出版の運びとなりました。前作の「『しぐさ』で子どもの心がわかる本」が好評で刷を重ねており、多くの方々にお読みいただけ大変うれしく思っております。

前作の「しぐさ」から一歩前へ出た「行動」ということで、更に子育て育児真っ直中のお母さま方に取材の協力をお願いしました。昨夜あったばかりの家庭でのドラマを生き生きと語ってくださったり、いろんな角度から質問を投げかけてくださったりもしました。明るくくったくがないと見えたお母さま方のなかには、話しが進むにつれて「えー、みなさん実はこんな悩みを抱えておられたのか」と、心の中で驚かされたこともありました。ちょっとしたこちらのアドバイスをとても喜んで聞いていただけたのも印象的でした。

多くのお母さま方に直に接することができまた生の声を聞くことができたのは、私にとっても執筆上の大きな助けとなりました。お陰様で出版の運びとなりました。この場をかりて皆様にお礼申し上げたいと思います。

 

日本教育新聞社の新刊案内に掲載されました

「こだわり症」という個性の子どもが増えている中、その「気になる」行動を39項目挙げ、子どもの気持ちと対処法を解説。持ち味を受け入れ、伸ばす付き合い方のコツを教える。」

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。