タグ別アーカイブ: 職場のストレス

職場のストレスうつ病のカウンセリング 結婚してまもなく不眠に悩むB氏 33才

物忘れひどく、不眠に悩まされ心療内科へ

「課長、ちょっとおかしいですよ」と、部下の祐美から言われた。冗談はんぶんに笑いながらだから、そんなに気にすることはないのだが。たしかに置いたはずの机の鍵がまたみつからないのだ。「おかしいな、どこに置き忘れたんだろう」と、思いながらまたさがす。「ありましたよ」と、コピー機のほうから声が。「あ、そうか。さっきコピーをとりにいったとき、横においたんだ。そのまままた忘れてしまってたんだな」。ほっとするとどうじに、「このごろは、なんでこんなに物忘れがひどくなったんだろう。夜眠れないのが原因だろうか」。先日は大事な会議の時間をまちがえてしまって、冷や汗をかいたばかりだった。

結婚して半年。まだ生活の変化についていけないなにかを感じているのだが、どうしていいか自分ではわからない。仕事に影響がでないあいだに、なんとかしないと。こんなあせりの気持ちもあった。そこでB氏は、思い切って近くの心療内科をおとずれた。そこでは5分ほど話をきいてもらって、簡単なうつのテストがあった。そしてさいごにでたのが抗うつ剤と安定剤。「しばらく服薬して様子をみましょう」ということだった。あれから3週間たつが、状態はかわらない。そこで思い切って妻もいっしょに参加できる家族療法を希望して、淀屋橋心理療法センターに来所となった。

よく気がつく頑張りやさんの夫と明るいおおざっぱな妻

B氏は早くに母親をなくしていた。一番うえの姉が母親がわりになって育ててくれた。そんな家庭環境で育ったせいか、よく気がつく気配りタイプ。そのうえなにがあってもそう簡単には弱音を吐かないガンバリ屋さん。いっぽう妻はというと、なにごともプラスにとらえる明るく大ざっぱなタイプ。夫から気分の落ち込みと物忘れを打ち明けられたときも、「そんなくよくよしなくてもいいのに。気にしすぎよ」と、夫を励ましている。

カウンセリングをすすめていくうちに、一つの状況がみえてきた。それはB氏のばあい、母親がわりに育ててくれた姉への気づかいから、自分の芽を伸ばしていくことができなかったようである。個人の症状と考えられるうつだが、それがフィットする状況がまわりにあって発病することが多い。そこへタイプのちがう妻との新生活がスタートした。なにかとストレスを感じたが、そこは「グチを言わない頑張り屋さん」のB氏のこと。「合わせて、合わせて」と、言い聞かせながらの新生活だったという。

夜のおかずでぎくしゃくしかけたが、ぐっとこらえるB氏

カウンセラーは、二人の生活の様子をこまかく聞いていった。とくにタイプがちがうと感じられるでき事について。たとえば今夜のおかずについて。「あれ、今夜は焼き肉じゃなかったのか」と夫がいうと妻は「え、焼き肉?ちがうわよ。とても新鮮な鯖がでてたから、煮付けにしたの」「うーん、そうか、今日は焼き肉だって言ってなかったか、きのうは。期待して帰ってきたんだけどな」「まあ、いいじゃない。鯖もおいしいわよ」と妻。

あっけらかんと明るく言いかえす妻に、夫は不満の言葉をのんだ。「あれだけ明日は肉の料理を頼むと言ったのに。さいきんエネルギーぎれだからと、説明したのに。ムムムー。まあ、いいか。これ以上言うとけんかになるな。僕が我慢すればまるくおさまるんだから」という具合に。

うつにもプラスの面があった?

こんなさりげない夜のおかずをめぐるやりとりにも、ぐっと我慢しているB氏の気持ち、妻に合わせているB氏の様子がみてとれる。おそらくこのような自分を抑える場面が、生活のあちこちにみられるのだろう。話を聞き終わったカウンセラーは、あえてうつのもつ「プラスの面」をさぐっていくことにした。するとB氏のうつ状態は、妻との仲がこれ以上緊迫したものにならないよう「ストッパー役」を果たしていることがわかってきた。そこでカウンセラーは次のアドバイスを与えた。「ご主人はできるだけ不満を言葉で表現するようにしましょう。反対に奥さんは、気配りタイプのご主人に意識して合わせるように」と。

うつから脱出するためには、その症状が果たしているプラスの面にきづくことも一つの方法である。さりげない日常のアドバイスではあったが、その後二人の努力の結果、B氏のうつ状態はしだいに回復していった。物忘れも気がついたらあまりしなくなっていたと、その後の面接で報告があった。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ病職場のストレス治療 本「家族療法の面接室から」

 

家族療法の面接室から

  • 家族療法の面接室から
  • 福田俊一 精神科医師・所長
    増井昌美 家族問題研究室長
  • ミネルヴァ書房
  • 2000円(税抜)
  • 1994年9月(初版)
  • 1995年11月

 

「家族療法の面接室から」 内容紹介

家族には、自分たちで問題を解決し、危機をのりこえる力がある。互いに支え合いながら、癒され、立ち直っていく家族たち。家族のもつ力を信じ、援助していく家族療法の実際を紹介する。

 

■不登校―生活のドラマから解決のヒントが

不登校ケース1:観察日記が再登校の手がかりに・・小学四年生/男子
不登校ケース2:親のしつけにつぶされた子どもの芽・・小学五年生/男子
不登校ケース3:理想と現実のギャップで不登校・・高校一年生/女子

 

■摂食障害―拒食症・過食症は自分探しの闘い

摂食障害ケース1:過食は苦しさのはけ口(過食症 女子大生 19才)
摂食障害ケース2:お母さんのようになりたくない(母親否定から過食に 18才)
摂食障害ケース3:心やさしい優等生にもどりたい(声のでない拒食症の中学生 13才)

 

■アパシー(無気力症)―親の対応で立ち直るアパシ―

アパシー(無気力症)ケース1:無気力症は両親への復讐(ふとんから出てこなくなった娘 17才)
アパシー(無気力症)ケース2:息子は母親のカウンセラ―(アパシ―無気力症の息子 25才)
アパシー(無気力症)ケース3:ぶらぶら病の息子(家でぶらぶら、働かないニートNEET 27才)

 

■職場不適応―職場のつまずきを家族の協力で脱出

職場のストレスケース1:薬と会社の制度に阻まれるカウンセリング治療・・26才/男性
職場のストレスケース2:職場のつまずきから人間不信に・・26才/男性
職場のストレスケース3:うつ病の妻を救った夫の協力・・40才/女性

 

著者からのメッセージ

最近いろんな症状を抱えてご両親が相談に来所されます。こうしたケ―スを担当して気がついたことですが、「子育てに自信をなくしている親が多い。子どもに振り回されている。けれどどうしていいかわからない」。不登校にしても無気力症にしても、親が腫れ物にさわるように子どもに対応するものですから、子どもはだんだん増長して王様のようになっています。

この傾向にストップをかけるには、まず家庭のなかに親の指導力を取り戻す必要があります。親だけで、ましてや母親だけで頑張らないことです。母親はつい「自分の育て方が悪かったから、子どもはこうなったのでは」と、自分を責めがちです。それをしてもなんら問題の解決にはつながりません。また決して母親一人が悪いのではないのです。

ではどうすればいいのでしょうか。その答えがこの本にはあちこちに書かれています。ぜひご一読ください。ちなみにそのコツの一つを紹介しましょう。関係者の協力を得る方向に動くことです。父親はもちろん担任の先生、友人や友人のお母さんなど。ネットワークをつくりましょう。一人で頑張らない、つまり孤立しないようにすることが解決へのヒントの一つです。その作り方は本のなかでつかんでください。

* ミネルヴァ書房のホームページから本の注文ができます。
http://www.minervashobo.co.jp/

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ職場のストレス治療 遅刻欠勤が増えるが三ヶ月後好転 35才男性

うつ職場のストレス治療 休職する不安

遅刻欠勤が増えるが三ヶ月後好転 35才 男性(商社輸出部門勤務)

 
 

「もうあかん」から、三ヶ月後「これでええんや」と笑顔がでてきて好転

橋本さん(35才 男性)は、職場(商社の輸出部門)で、大きなプロジェクトを任されていた。が、たび重なるミスのため上司から叱責をうけてしまった。そのあたりから遅刻や欠勤がまじりはじめ、とうとう休職をすすめられるまでにいたった。

「自分のポジションがなくなる不安で、仕事を休めないんです」

「もうあかん、これ以上頑張れない」と言いながらも、橋本さんは会社を休むことができないでいた。「休んだら、自分の仕事がなくなってしまう。それに新しい技術についていけないようになる」と言うのが口癖だった。しかし度重なるミスのあと、決定的ともいえる大きなミスをして上司の叱責をうけてしまったのだ。「どうしていいかわからへん」「もう自分なんか、会社にとってはいらん人間や」といった思いが、頭のなかをぐるぐるまわりはじめていた。こんな状態で出社してもいい仕事はできないばかりか、周りからみるとまたミスをおかしかねない危うさが感じられた。

「橋本君、ちょっと部長室まで来てくれますか」と、部長から声がかかったのはこんな不安な状態の時だった。「あのね、君の仕事熱心な気持ちはよくわかるよ。でもねこのごろの君を見ているとすごく疲れている感じがする。どうだね、しばらく休職して心の専門家の診察をうけてみては」。「部長、ご心配かけて申し訳ありません。自分が頼りないばっかりに、ご迷惑をおかけして」と、橋本さんはできるかぎりの声をふりしぼってわびを言った。「でも部長、不安なんです。仕事を休むともう自分のポジションがなくなってしまうんじゃないかと。それが気になって気になって、仕事を休めないんです」と、正直に話してみた。「その心配は私に任せなさい。復帰できてきたときは、力になるから。それより今の危なっかしい状態を、心のお医者さんにみてもらって早くなんとかしないと。君の仕事熱心なのは、みんな認めているんだから」と、部長の声は意外にあたたかく頼もしかった。

部長のあと押しでようやく橋本さんは、インターネットで「職場ストレス・うつ」というキーワードを入れて検索してみた。たくさんのカウンセリング機関の中で、家族にも対応のアドバイスをくれるというところに目がとまった。こうして家族療法を中心におこなっている淀屋橋心理療法センターに行きついたのであった。

「『家族にアドバイスくれるところ』で、ここに決めました」

橋本さんは奥さんにつきそわれて来所した。「『一人で行く』と主人は言ったんですけど、心配なので私がつきそってきました」と、奥さんはハキハキと話しはじめた。「夜も眠れないみたいで、何度も目を覚ましているようです。それに食欲もなくって、体重が5~6キロ減っています。頭を壁にうちつけたり、とても心配な状態なんです」と、かなり具体的な状況説明がはじまった。

「カウンセリング治療をしてくれる所はずいぶん多くあると思いますが、当センターを選ばれたのはなにか理由がおありですか?」というカウンセラーの質問に、奥さんはためらわず答えた。「主人といっしょにインターネットでさがしました。いっぱいあって最初は迷ったんですけど、ここは「家族にも対応のアドバイスをさしあげます」「家族の協力は大きな力です」といったことが書いてあって、それでこちらに決めました。私も主人の立ち直りに力をかせるんだなっていうのがうれしくて。よろしくお願いします」。

「はよう会社いかないと、クビになる」と、あせりで苦しい

カウンセリング治療は橋本さんのあせりや不安をしっかりと受けとめていくことからスタートした。次から次へとでてくる橋本さんの訴えを、いくつか書き出してみた。

橋本さんの訴え

  ■「食事がね、なにを食べても砂をかむようでおいしくないんです」

  ■「夜、なかなか寝付けなくて。眠剤のんでもあきません。すぐ目がさめてしまうし」

  ■「みんなに迷惑ばっかりかけてるような気がして」

  ■「ぼくがやってしまったミスは、取り返しのつかないものや。もうクビや」

  ■「家でこうしてなにもせんと、みんなから取り残されてしまうだけや」

奥さんにも「家でご主人からこのような言葉が出てきたときは、励ましたり否定したりせずに、まずは黙って心ゆくまで聞いてあげてください」というアドバイスをだしておいた。

三ヶ月後、別人のように笑顔がでてきた

いろいろなアドバイスをだしながら家での奥さんの協力もえて、三ヶ月がすぎた。カウンセリング相談で橋本さんが話す内容は、はじめのうちは暗い苦しいものばかりだったが、しだいに変化がみられだした。「『そうか、グチは言ってもええんやな』と思えたので、肩の力がぬけたような気がしました」という言葉もでてくるようになった。奥さんもカウンセラーからアドバイスをもらって、安心して取り組むことができたようだ。

 

つぎに橋本さんの様子からうつから立ち直る姿をいくつかまとめてみた。

良くなった姿

  ■「布団のなかでごろごろしていても、こんでええんや、と思えて。楽ですね」

  ■「マンガが読めだしました。 あーあ、マンガくらいしか読めへんやな、とは思いますが」

  ■「仕事のポジション代えられても、『ま、いいか』って思えるようになりました」

  ■「息子のTVゲーム「ヨッシーアイランド」をやってみたら、けっこうおもしろいんです」

  ■「『パチンコしてこようかな』とゆうたら家内が「え、一人で行けるの」とびっくりして」

こう話す橋本さんの声も表情も別人のようにリラックスしていた。三ヶ月でこれだけ良い変化がでてくるとは。やはり奥さんにもこまかなアドバイスをだし、さまざまな工夫をしてもらい、家で適切な対応をとりながら協力してもらったのがよかったと思える。早い段階で、一ヶ月と決まっていた休職を半年と伸ばしてもらったのもよかった。はじめのうちは「そんな長いこと休んだらもうクビです」と、不安いっぱいの橋本さんだった。しかし腰をすえてカウンセリング治療にとりくむことができたのも、早く好転した理由の一つかもしれない。

「橋本さんには、まだまだこれから気が向かないときや不安なときの対処のしかたや自分の守りかたを、経験してつかんでいってもらわなくては。でもずいぶん元気になって力がついてこられましたね」と、カウンセラーもうれしそうに言葉をかけた。「仕事で先頭にたってやってるときが、一番やりがいがあったなーって思います。でも今は今で別の大切な時間を過ごしているなと。仕事だけが楽しみやないってわかったのが、今回のつまづきで得た一番良い事やったと思います」と、橋本さんは笑いながらこんな話ができるようになっていた。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ職場のストレス治療 うつ病と投薬治療 薬の効果的な飲み方と減らし方

うつ職場のストレス治療 

うつ病と投薬治療 薬の効果的な飲み方と減らし方

 

職場のストレスうつ病の相談でした。妻から夫についての相談です。妻が一番心配しているのは、薬の飲み方についてでした。

病院へ行くと双極Ⅱ型と診断されました。通院しながら薬を飲み、ある程度安定してホッとしていました。

ところが治療が進むにつれ不安な面も出てきました。症状の長期化と薬の飲み方や副作用についてです。本人の気分が向上してくると、「そう状態になってはいけない」と薬を処方され、薬で気分をダウンさせます。まるで薬にコントロールされているような姿を見ると、家族は心配でたまりません。本人も薬を飲むと眠くなって頭がボーっとすると言います。

薬の効果的な飲み方がわからない」「いつ薬をやめたらよいのだろう」「このままずっと薬を飲み続けないといけないのかと心配になってきました。

このまま薬だけの治療でよいのだろうか。「薬を減らしながら解決できる、うつ病の治療方法はないだろうか」と色々探した末、淀屋橋心理療法センターのカウンセリング治療を見つけたそうです。

当センターでは、薬を併用しながらカウンセリング治療を受けている方もおられます。じっくり話をお伺いして、上手に薬を減らして行く方法をアドバイスします。精神科医師がカウンセリング治療をしている家族療法です。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ職場のストレス 仕事への迷いからうつ 28才女性

 

うつ職場のストレス 仕事への迷いからうつに (28才 女性 商社勤務)

向上心の強いまじめなK子さんが落ち込んだうつの穴

課長のなにげない発言がグサッと胸に

K子さんは商社勤務。入社して五年がたつ。未婚で現在は両親と三人で暮らしている。自分としてはまじめに一生懸命働いてきたつもりだ。しかし最初に配属された輸出部から動いたことは一度もない。昇進といった動きもK子さんにはお呼びがかからない。「同期入社のS君は、経理部へ異動して、主任になっているのに」「もう数字の入力作業ばかりもいやになった。もっとやりがいのある仕事をしたい」。こんなイライラ感を抱きつつも、飛び上がれずにいた。

ある日課長と話しをしていた時「K子さんも、もう28才か。よくやるよね。そろそろやな」という何気ない発言がひっかかった。「そろそろってどういうことですか」「まあまあそうむきにならんでもええやないか。ようやってくれるから、休養も必要やで、ぐらいの意味やで」と、さりげなくかわされた。

忘れようとしたが、「そろそろ」という言葉にひっかかって仕方がない。その日以来じわっと押し寄せるしんどさに悩まされるようになった。あんなに頑張って取り組んでいた仕事にもやる気がわかなくなった。張りつめていた風船がパーンと割れたような感じがしていた。遅刻が増え、欠勤も目立ち始め、心配した母親に伴われて淀屋橋心理療法センターの家族療法カウンセリング治療に来所した。

 

苦しい感情を日記に書くこと

K子さんの場合、まずはじめに落ち込み状態になる前と、なるきっかけとなった場面と、なってからの様子をくわしく日記のように書き出してもらった。その内容に沿いながらカウンセリング治療で聞いていった。その結果わかった事は、確かに課長の「そろそろやな」という一言がグサッと胸にきたのだが、どうもそれだけが今回のうつへの落ち込みではなさそうだ。「そろそろ」とう言葉は「そろそろ結婚して、退職することだな」と、K子さんには解釈できた。同僚や後輩、それに学生時代の友人達が次々と結婚していくなか、自分でも「そろそろ私も結婚しなくては」といったあせりを感じていたこともハッキリした。仕事か結婚か、と言われたら迷いなく「仕事」と答えられるK子さんだが、それでもすっぱりと割り切れてはいなかったという自分に気がついた。

 

「このままの私ではだめ」という自己否定感が浮上

カウンセリング治療を重ねていく中で「このままの私ではだめだ」という自己否定の思いが強いことがわかった。まじめで向上心の強いプラスの面が行動に結びつかず、ジレンマからうつの穴に落ちていったと思われる。引き続き苦しい気持ちを紙にぶつけるよう指示を出した。

 

良い意味付けを重ね、プラス思考に

日記にかかれた苦しい思いをカウンセリング治療で振り返りながら暗い表現を拾い上げ良い意味付けにかえていく。例えば「私は、こんな仕事しかできない」とあったら「こんな仕事ならゆうゆうとこなせる」と。「おせっかいやき」を「よく気がつく人」というふうに。

このように一つの出来事も視点をかえてみていくと、いつの間にか、見方が変わってくる。特に落ち込んでどうしようもない時に、効果を発揮するやり方である。ただしうつの人は自己否定感が強いので、その気持ちを否定するような言い方にならないよう注意を要する。

 

三ヶ月のち、吹っ切れて笑顔がもどる

三ヶ月たってK子さんは、こう話してくれた。「私、いまの自分でもいいと思えるようになりました。もちろん良い仕事を目指してがんばるという気持ちは変わりませんが。あせりのほうがよっぽど毒になるんですね。なにか資格を身に付けそれから転職のことは考えるようにします」と。

それから急激にしんどい波が押し寄せる回数は減り、今ではふたたび仕事に取り組んでいる。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。