タグ別アーカイブ: 育児

子育て育児の悩み 嫁・姑関連編:性格の衝突

「もうガマンできません。なんでお義母さんは、あそこまで反対ばっかり言われるんか」。

幼稚園に通う男の子を連れたお母さんの第一声です。聞くと、孫に関することは、なにからなにまで口をはさんでこられるようです。「おもちゃの片づけなんかに、目くじらたてることないやないの」「食べ残したら、あんたが食べてやったらえんや」「家の中で遊びたいゆうてるのに、むりに外へいかさんでも」・・・。

「小さい頃にこそ、きちんとしたしつけをしなくては」と、お母さんはあせります。でもお母さんがちょっと声をあらげると、子どもは「やーだよ」といって、おばあちゃんのとこへ逃げていくようになりました。「お義母さんのせいで、この子のしつけは台無しやないの。どうしてくれるの」と、お母さんのイライラは止まりません。

『性格の衝突』(別冊PHPより)

家事、育児、時間の配分、近所づきあいなど、いろいろな場面や状況で「性格の衝突」は、表面化します。

「同じような性格の人同士」、「しきりたい人同士」、「しきりたい人と自分を抑える人」、「大ざっぱな人と几帳面な人」というような「性格の衝突」がよく起こります。しきりたい人と自分を抑える人との組み合わせでは、自分を抑える人が心と体を崩しがちです。大ざっぱな人と几帳面な人では、几帳面な人にしわ寄せが行きますから、几帳面な人はイライラします。これらは、お互いに話し合える関係さえあれば、話し合いのなかで解決していけるのですが、互いの「性格」を多大なエネルギーをかけて何とかしなければ、というほどのことでもないので、つい中途半端なままで放置されがちになります。ですから、イライラが解消されないまま残るのです。

「性格」の違う者同士がうまくいくためのコツは、「相手が察してくれるということは、まずない」ということを知っておくことです。自分と同じように考えるはずだと思うと、「違い」感が強調されてイライラするからです。「わかりあえる仲だ」とか、「もう十年も一緒なんだから」という安易な気持ちは捨てたほうがいいでしょう。一歩下がって客観的に見ることも、頭を冷やすのに役立ちます。「自分」をはっきり表現することも大事です。

そして「自分」のことをよく知っておくこと。何を望んでいるのか、不満のなかで何が一番大きな問題なのか、どうなればハッピーを感じられるのか、などを知った上で相手にしっかり伝える方法を考えるのです。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み 嫁・姑関連編:同居・生活干渉

「あ、怒ったらあかん。がまんせな、母親といえへんよ」って、お義母さんは言うんです。子どもが私が見てるTVドラマのチャンネルをガチャガチャ回してしまうのに。どうやら姑さんの子育て干渉に、耐えかねている母親の相談でした。なかでも頭にきたせりふは「そんなんかめへんやないの。やらせとき。この子の姿はあんたそっくりやで」と。

『同居・生活干渉』(別冊PHPより)

「核家族化」と言われて久しいですが、姑と「同居」する若夫婦は、ますます少なくなってきました。ただ最近は、住宅事情や経済事情で、親と「同居」する夫婦もで始めています。不況で失業した若夫婦の家族が、ふるさと回帰で同居するというケースもありました。

「同居」に踏み切るとき、心がけておきたいことがあります。まず夫とのチームワークがとれているかどうかを確かめてください。「嫁と姑」という関係が一つ屋根の下で始まるわけですから、波風が立たないという保証はありません。そういうとき、助けてくれるのは夫しかいないのです。夫が味方をしてくれるかどうかを確認しておきましょう。

また、できるなら前もって、お互いにある程度ズケズケ言って、それでもお互いに傷つかない関係を築いておきたいものです。もしそういう関係が作れないと、お互いに気づかいでくたびれはて、陰で不満をもらすしかない、惨めな生活になるおそれがあります。

「同居」を始めて問題になるものの一つが、「生活干渉」です。基本的には、誰でも干渉されるのはイヤなものですが、人によっては干渉されてもあまり気にしない人もいます。逆に干渉されることに対する嫌悪感がとても強い人もいます。そういう人は、姑さんに抗議するときは、「干渉をやめて」という言い方はしないで、「私はそういうことは、とてもイヤな性格なんです」と告げるほうがいいでしょう。なぜなら「干渉をする側」は、自分のしていることが「干渉」であることを知らないことが多いからです。

「受け止める側」が、なにを「干渉」と感じるかを、しっかりと正攻法で相手に伝えておくことがたいせつです。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児の悩み 性格行動関連 チック

『チック』(別冊PHPより)

目をパチパチさせたり、肩をひくつかせたりして、それをしないと落ち着いていられない状態がチックです。元来、心配な病気ではありませんので、親があまり気にせず、そうっと見守っていれば自然に治ると言われています。とくに子どもが小さいほど、自然治癒するようです。しかし、チックの裏に子どもの気持ちの不具合や不安が隠れているのかもしれませんので、長く続くようでしたら、専門の医師に診てもらうといいでしょう。

チックを気にする親はつい「やめなさい」と、言ってしまいがちです。言って止まればもうけもんですが、おそらく止まることはないでしょう。また、チックは体の他の場所に移動することもあります。肩のチックが目のチックになったり、首のチックになるという具合に変わっていくのです。それを利用して治療する方法もあります。

ともあれチックを示す子どもには、なにか訴えたいという気持ちがあるはずですから、きっかけがあれば聞き出すことはできるでしょう。まず、正攻法で「なにか悩みがあるの」と聞いてみますが、ふつうは「べつに」とか「なにもない」という返事しか聞けないと思います。そこで親はあわてずにゆったりと構えて、子どもの好きなことを一緒にやったり、お風呂に入ったり、話を聞いてやったりしているうちに、「あのね」と心のわだかまりが溶けて、チックが消えてしまうこともよくあります。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ病子育ての悩み友達編いじめ いじめっ子心理小学六年生

うつ病子育ての悩み 友達編 

いじめ いじめっ子(小学六年生 男子)

 

小学六年生の男の子をもつ母親の話です。「うちの子、いじめっ子なんです。わかったときショックでした。なんで、友だちをいじめるの」と、母親は嘆いています。

仕事から帰ってきて急いで夕飯の支度をしている時、玄関のチャイムがピーンポーンと鳴りました。「はーい」と答えて母親がドアを開けると、あわてて逃げ帰る男の子の背中が見えたというのです。「なに、どないしたん。あんたいたずらで鳴らしたん」とつかまえて聞くと、なんと次のような言葉が返ってきました。「いじめんといて。S君、僕のこといじめんといて」と、泣きながら叫んで逃げていきました。

初めはなんの事かわからなかった母親ですが、落ち着いてやっとその男の子の言った意味がのみこめました。自分の子が、同じクラスのD君をいじめていたのです。耐えかねて、家に直訴に来たというわけです。

 

 

『いじめっ子』(別冊PHPより)

いじめっ子の心理を知っていますか。いじめる子たちは、グループを組んでいることが多いですね。クラスでもボス格の子がいてそれを三~四人がとりまいて、次々といじめの対象を変えていく。ときにはクラスみんなが参加してはやしたてたり。いじめは集団の結束力を固めるというメリットをもっているのです。

むかしは学校や地域の子ども会などで、みんな協力していろんな行事を行いました。いっしょに汗を流して知恵を出し合うなかで、よい意味の結束が生まれたのです。今はそんな機会も少なくなり、ストレスを解消するという形でいじめが起きています。

いじめは子どもの世界の出来事だけに、おとなが介入してもその実態をつぶさに知ることは不可能に近いでしょう。いじめっ子をつかまえて謝らせてもその時だけで、陰ではもっと陰湿ないじめが潜行する恐れがあります。

ある小学校の校長先生がこう話されました。「いじめっ子五人を呼んで話を聞いたんだが、いじめたことを責めるよりも、一人ひとりの心のなかにある言い分にしっかり耳をかたむけてやることだ。母親のいない淋しさや、父親に殴られたことや、勉強のできないつらさや、教師への不満なんか、いっぱいかかえている。まず、いじめにいたった背景を理解してやり、次にいじめは悪いことだと、しっかり教えてやれば、きっと自分たちのしたことを反省するだろう」。

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

子育て育児の悩み母親のストレス相談 本児童心理掲載『過保護・過干渉な親と連携をうまくとるには』

 

児童心理2010年4月号

  • 児童心理
  • 金子出版
  • 720円
  • 2010年4月号

子育て育児の悩み母親のストレス相談 淀屋橋心理療法センターの本 『過保護・過干渉な親と連携をうまくとるには』 についての記事が掲載されました。

『児童心理』(金子出版 2010年4月号)

特集:甘える子・甘えない子

淀屋橋心理療法センターの記事が掲載されました。内容を抜粋・要約した文章をお送りしています。

●執筆者:福田俊一 精神科医 所長、 増井昌美 家族問題研究室長(淀屋橋心理療法センター)

●表題:「過保護・過干渉な親との連携をうまくとるには」

●目次&内容の抜粋・要約文

 

1.間違いやすい過保護・過干渉のとらえ方

…子どもの発達状態によって過保護・過干渉のとらえ方は変わってくる。「この子はもう少しほっておけば伸びる」といういときに手を出してあげるとできるようになるのなら、それは過保護・過干渉ではないだろう。…

 

2.過保護・過干渉は親子の相互関係から出てくる

…子どももさりげなく親の過保護・過干渉を誘発するようなしぐさをしている場合がよくある。家族療法の大家であるサルバドール・ミニューチンがよく使ったエピソードがあるので紹介しよう。「息子さんがちょっとサインを出すと、お母さんはすぐそれに食いついてしまいますね。息子さんは上手なフィッシャーマンですよ。お母さんはベイトを投げるとすぐパクッと食いついてしまう魚です。…

 

3.教師と親には立場の違いから温度差がある

…親には「担任にはわが子のことを一番考えてほしい」という気持ちが強くあり、「子どもについて心配なことがあれば、担任に話せばなんとかしてもらえる」という期待感も強いだろう。一方教師のほうでは「そんな小さなことで・・過保護ですね、お母さんは」とか「おおげさに騒ぎすぎじゃないですか」という言葉がでてくるというのも、教師と親の温度差をふまえてみると無理からぬ部分もある。

しかも両者は家庭と学校という互いの現場での細かな情報が不足しがちである。ボタンの掛け違え的な摩擦はしょっちゅう起こるしポイントの置き方や判断基準の違いも考えられる。こうした立場の違いをしっかりと頭において対応していかないと、両者の関係がこじれてしまうこともしばしばである。こうした状況にならないようにするにはどのようにすればよいのであろうか。

 

4.いじめ不登校で母親が来校したとき

…子どもがいじめられたと聞いて母親が学校にやってきた。「先生、息子が学校でいじめられているようです。今すぐ事実確認をしてください」と、真剣な表情で訴えてきた。教師は母親を安心させるつもりで「過保護ですね、お母さんは。私も担任としてしっかりと生徒のこと見てますのでご安心ください」と伝えた。事情を聞いてもらえるどころか過保護だと言われ、「学校でおきた問題なのに、過保護だと矛先を家庭に向けてくるのか」と、母親はカッとなったという話しがある。…

「そうですか、それはご心配ですね。気をつけて学校での様子をみておきます」と、一度受けて立つという対応がいいだろう。「息子さんにおかしいところがあったら、すぐにご連絡ください」といった同じ土俵に乗る言葉によって母親は動揺している気持ちを鎮めることができるだろう。…

 

5.相手の心にグサッとくる一言に気をつけよう

ムカッときても言ってはいけない一言というのがある。言うことでお互いの関係がギクシャクしてしまい修復が困難になるおそれがある。

『親が傷つく教師の言葉』

 ケース1 「過保護じゃないんですか、お母さんは」

 ケース2 「神経質すぎるんじゃないですか」

 ケース3 「ご家庭でどんなしつけをしておられるんですか」

 ケース4 「お母さんの育て方が悪いからですよ」

 ケース5 「まあいいじゃないですか。それくらいのこと」

 ケース6 「おおげさに騒ぎすぎじゃないですか」

 ケース7 「(よく話しを聞かず)専門家に相談されたらどうですか」

 

6.子どもはいろんな顔をもっている

親は家庭で自分の子どもだけを見ていることが多いので、「子どものことは私が一番よく知っている」という思いこみが強くある。それだけに家庭での子どもの顔だけで判断してしまうということがよくある。…しかし子どもには親の知らない顔がたくさんある。学校で見せる顔、友達に見せる顔、塾での顔、それらが必ずしも一致しているとは限らない。…

 

7.教師と親が情報交換をすることで視野が広がる

親は外の世界での情報不足から視野が狭くなりがちだ。これが教師と親のズレや摩擦をうむことがよくある。「あの親は過保護・過干渉だ」と言っても、教師と親が話し合える場が作れなければ状況を改善することはできない。「過保護・過干渉」という言葉以前に互いの情報を交換できる関係づくりが重要である。…

親と情報交換ができる関係づくりだが、教師が学校での…
これだけで親の気持ちのなかに教師への信頼感がうまれ、互いの関係が好転する場合もあるにちがいない。親のほうでも「昨夜は遅くまでテレビをみていました」とか「晩御飯の手伝いをすすんでやってくれました」といった家庭での様子を教師に伝える。お互いにさりげない事実を伝え合う積み重ねで、今まで知らなかった子どもの一面が見えてくるであろう。お互い情報が増え視野が広がることで、互いが協力しあえる関係を築くことができるのである。

 

 

参考文献

(1)サルバドール・ミニューチン(著)福田俊一、増井昌美(訳)『思春期やせ症の家族ー心身症の家族療法)』星和書店一九八七

(2)福田俊一 増井昌美 『家族の心理療法』 朱鷺書房 一九九八

(表題の全文をお読みになりたい方は書店にてお求めになるか、金子出版(03-3941-0111)に直接お申し込みください)

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。