タグ別アーカイブ: 親子関係

うつ病子育ての悩み 友達編 いじめ いじめられっ子

うつ病子育ての悩み 友達編 

いじめ いじめられっ子

 

わが子が「いじめ」られているか否か、母親がこれを見つけるのは大変です。よほどひどくいじめられているのでない限り、外見だけでは判断できないからです。「いじめ」に関する相談は、決してなくなってはいません。

「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)には、「いじめの早期発見チェックリスト」や、事例を紹介しながら「いじめに家族でどう対応するか」など、具体的な問題を家族療法の視点から書いています。この本については、別項目で詳しくお話することにして、まずはPHPの百科事典から紹介しましょう。

 

『いじめられっ子』(別冊PHPより)

なかなか子どもは、自分がいじめられていることを家で言いません。子どもには子どものプライドがあるのでしょうか。叩かれたあとがあっても、「自分で転んだ」と言うことが多いようです。

こんなとき親として気をつけることは、「どうしたの」と問いつめるのでなく、できるだけ話しやすい雰囲気をつくってあげること。いじめられっ子はいじめられてもはっきりと言い返せない、つまり自己表現(主張)が弱い子に多いようです。

「ケーキ買ってきたのよ。食べない?」と場を用意しながら、「きょうね、おばあちゃんから電話あったよ」といった話しやすい話題で言葉がけをしていきます。いじめられて凍りついていた心の扉が少しづつゆるんでくるのを待ちましょう。「お母さんは、どんな話でも聞いてくれる。僕(私)の味方だ」と、子どもの心に信頼感を芽ばえさせることが大事です。

いじめられる子も悪いと言われますが、それは別問題です。なによりも理不尽な目にあわされて傷ついています。教師や他の人の正論に傾かず、しっかりわが子を見つめることです。ただ心配のあまり親が先に動いてしまうことがよくありますが、これは親子の信頼感にひびがはいるもと。「いじめ」は非常にデリケートな問題だけに、取り組みには慎重さが必要です。おとなの判断で「子によかれ」と思って先走らないよう気をつけましょう。ただし、いじめられる度合いがきつく、子どもの心身に危害が及ぶ場合は別です。

いじめをやめさせる努力のなかで、子どもが教師や親に不信感をつのらせていないかは、常に気をつけている必要があります。だんだん本人の信頼感が増えていないと心配です。

 

 

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

 

うつ職場のストレス 一人で治したい うつ病の人への接し方家族の対応 28才女性銀行勤務

一人で治したいんです(28才 女性 銀行勤務)

うつ病の人への接し方 家族の対応 一人で頑張るのは難しい。親(家族)の助けを求めてください

 

順調に行っていると思えた玲奈の人生に陰りが見え始めたのは、28才をむかえてまもなくだった。職場ではベテランの部類にはいる。大学も優秀な成績で卒業し、銀行という当時としては難関といわれた職場にパス。仲間からもずいぶんうらやましがられた。それが「今ここで、なんで私がこんな思いをせなあかんの」。今までつまづいたことがなかっただけに、落ち込み始めるとどんどん下っていった。

玲奈は三ヶ月の休職願いを出した。診てもらった医師の診断によるものだ。しかし自分のかかえている問題は、抗うつ剤や安定剤だけでは解決できないと感じていた。医師のすすめもありカウンセリング治療を受ける為に淀屋橋心理療法センターへ足を運ぶ事となったようだ。

玲奈は「親(家族)には内緒でカウンセリング治療を受けたい。一人でなんとかしたい」と言う。こういうけなげな心意気はたいへん良いことのように思えるが、意外に落とし穴がある。これを皆さんにわかっていただきたいと思い、玲奈と治療担当カウンセラーのやりとりをまとめてみた。

玲奈: 人間関係がうまくいかなくて。

カウンセラー: 職場のですか?

玲奈: 全てです。職場も家族も友人関係も。どうしたらいいか考えても答えがみつからなくて。近くの内科で診てもらってるんですけど、あんまり話しが聞いてもらえないし、薬がでるだけで。

カウンセラー: 休職中ということは今家におられるんですね。ご両親ご家族といっしょの生活ですか?

玲奈: はい、そうです。でもねーー。

カウンセラー: ご両親(家族)はなんとおっしゃっていますか?ご家族は心配しておられるでしょうね。

玲奈: 母なんか『あんたが休職してどうするの。あんたみたいな強い子はおらへんのに』って。中学生のころから親(家族)に相談したりしなかったから。私のことは安心しきってるんです。

カウンセラー: 今の問題をご家族に相談するとどうなりますか?

玲奈: 親(家族)には相談したことありません。親(家族)に相談しようとも思いません。

カウンセラー: そうですか。ではお父さんは?

玲奈: 父は小さい頃から口を開くと「勉強さえちゃんとやっとたらえんや」で。私のことわかってくれようともしませんから。親(家族)が同席のカウンセリング治療なんて、考えられません。一人でカウンセリング治療を受けて治したいんですけど、何とかならないでしょうか?

カウンセラー: 一人でカウンセリング治療をねー。一人でカウンセリング治療をやっても治りは悪いですよ。なかなか続かないんですよ。あなたのような落ち込みの症状の方は特に。「こんなに私困ってます」と親(家族)に言ったら、心配しない親(家族)はいないと思いますが。

玲奈: 親(家族)に言ってもわかってもらえないとゆう気持ちが強いんです。それに困ってるって事、私、親(家族)には言えません。

カウンセラー: 「親(家族)に言えない」という親子家族関係こそ見直しが必要ではないですか。あなたは誰かに相談するということをしてきましたか?なんでも自分で解決できる、またしようとしてきたのではないですか?

玲奈: そうです。自分でやらなあかん!自分でやらな誰も助けてくれへん!こんなことばっかり言い聞かせてやってきました。

カウンセラー: 自分の仕事の責任が深まったり広がったりしてくると、なかなか自分の力だけでは解決できないこともでてくるでしょう。そんなとき信頼して相談できる上司か誰かをつくっておかないと、よく行き詰まるんですよ。誰か相談できる人はいますか?

玲奈: そんな人いません。上司なんて誰も信用できません。

カウンセラー: その考え方だったら、行き詰まるな。問題点はあちこちにあるようですね。 今こうして休職している時がチャンスだと思って、スタートをきりませんか?一人でカウンセリング治療をするなら、それなりの治療条件が必要です。それをはじめにお話しておきます。

 

1、一人で頑張れない時、助けてくれる人(家族)を確保すること

落ち込んでどうしようもない時、やはり助けが必要です。親家族が一番良いんですけどね。

 

2、カウンセリング治療予約に遅れたり、休む時は必ず連絡を

カウンセリング治療に遅れたとか約束をすっぽかしてしまったとかをやると、せっかくの良くなるチャンスをつぶしてしまいます。あなたも気が滅入るでしょうし、カウンセラーもやる気が失せてきます。

 

3、治療担当カウンセラーは道案内をする人。歩いて山を登るのはあなた

どうしたら治る糸口がみつかるか。親子家族関係や職場の人間関係などの問題をこれから解決していかないといけない。道は複雑です。「カウンセラーはこっちの道が近道です。安全ですよ」と言って、道案内をする役目で、その道を歩くのはあなたです。だからあなたもしっかりと歩ける工夫をしないといけません。

 

4、カウンセリング治療は闘いです

ここは癒される所とは違います。最終的には癒されるんですが、そこへ行く道のりは闘いだと思ってください。覚悟が必要なんです。どうしたら楽になれるだろろ。どうしたら解決の糸口がみつかるだろうという道を捜すのは、中途半端な気持ちでは見つかりません。

カウンセラー: おわかりいただけましたか。一度帰って考えてみてください。よし、やってみようと決心がおできになったら、またご連絡ください。

 

 

淀屋橋心理療法センター うつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児悩み相談 母親が防ぐ子どものうつストレス本「ちょっと気になる子どもの『行動』 心の声に気づいて!」

ちょっと気になる子どもの行動

  • 本の題名:「ちょっと気になる子どもの『行動』」―心の声に気づいて!
  • 著者:福田俊一 淀屋橋心理療法センター 所長 精神科医
    増井昌美 淀屋橋心理療法センター 家族問題研究室長
  • 出版社:PHP研究所
  • 対象:小学校低学年までの子どものご両親
  • 1200円(税別)
  • 2009年4月17日
  • 購入のお問い合わせは
    普及グループ 075-681-8818
    PHP子育てNET http://www.php.co.jp/manabica/

 

ちょっと気になる子どもの行動 心の声に気づいて! :oops:

淀屋橋心理療法センター「子育て育児」の本 

本書は前回出された「『しぐさ』で子どもの心がわかる本」(PHP研究所)の姉妹本です。

 

「PHP子育てNET」で紹介されました

心の声に気づいて! ちょっと気になる子どもの「行動」(PHP子育てNET)

【解説】

子育て育児に関する本はいろいろありますが、「子どもの気持ちを大事にしましょう」という本もあれば、「それでは生ぬるい。子どもを甘やかすことになります」と指摘した本もあります。このように子育て育児論はさまざまで、これも価値観が多様化している現状を映し出しているのかもしれません。

実際の子育て育児のなかでは「あの本に書いてあったようにしたい」と思っても、なかなか親の気持ち通りにいかないということはよくあることです。それは誰よりも現場のお母さん方がわかっていらっしゃることでしょう。

この本は、前作の『「しぐさ」で子どもの心がわかる本』の続編として企画されました。執筆にあたり、子育て育児奮闘中の多くのお母さん方にインタビューしましたが、みなさんそれぞれの切実な悩みや不安を抱えていらっしゃることがわかりました。なかでも「こだわる子ども」についての悩みが多かったので、本書は前作よりもこだわる子どもが出しやすい問題に重点を置いて書いています。

(「はじめに」より抜粋)

 

「ちょっと気になる子どもの行動」 内容紹介

第1部 子どもの気になる「行動」には理由がある

1、新しい子育ての時代

個性の強い子どもたち―子どもに変化が起きている?
「こだわり性」という個性の子どもが増えている
こだわり性の子どもとのつきあい方
子どもを多面的にとらえる大切さ
自主性が伸びれば個性は輝き出す

2、いちばん大切なのは親子関係

行動から子どもの個性が見えてくる
親子の会話のパイプを育てる大切さ

3、子どもの行動を両親で話し合うコツ

第2部 こんな「行動」が気になりませんか?

  1. ウソをつく
  2. 気持ちをきちんと表現できない
  3. 同じものにこだわる
  4. 汚れるのを嫌がる
  5. よく忘れる
  6. 団体行動が苦手
  7. 雑な行動が目につく
  8. 食べ方が気になる
  9. 無関心・無感動
  10. 潔癖症
  11. 性別にとらわれない行動をとる
  12. 人のものを盗む
  13. 隠し事をしている
  14. いつもと様子が違う
  15. 話が聞けない
  16. 好きなものにこだわる
  17. 夜中に起きる
  18. 友だちとうまくかかわれない
  19. 髪型にこだわる
  20. 元気・やる気・気力がない
  21. 言葉づかいが乱暴
  22. こわがり・不安
  23. 自己主張が激しい
  24. 注意を聞かない
  25. 行動や気分にムラがある
  26. 空想癖
  27. 負けず嫌い
  28. 生き物をいじめる
  29. 片付けや準備ができない
  30. 寝るときの癖がある
  31. 寝る前に必ず行うことがある
  32. ものの位置にこだわる
  33. 独特な文房具の使い方をする
  34. しつこい・がんこ
  35. 生き物を嫌う
  36. 食事にムラがある
  37. 食べられない
  38. テレビゲームに没頭しすぎる
  39. パソコンに夢中

 

執筆者後記:「ちょっと気になる子どもの『行動』―心の声に気づいて!」(PHP研究所)

■ 福田 俊一 精神科医・所長

淀屋橋心理療法センターから2冊目の子育て育児関係の本が出ました。『ちょっと気になる子どもの「行動」』で、出版社はPHP研究所です。これは前作の『「しぐさ」で子どもの心がわかる本』に続く子育育児てシリーズの第2作目です。

前作の「しぐさで・・」がたいへん好評をいただき、多くのお母さま方に読んでいただけたのが著者としてうれしいかぎりです。今度の「ちょっと気になる子どもの『行動』―心の声にきづいて!」は、その勢いにのってさらに子育て育児奮闘中のお母さま方のお役に立てたらという思いで執筆しました。

アドバイスといっても子どもさんは各自みんな違っており、「行動」の善し悪しもその子によって違ってきます。全てのお子さんにあてはまるアドバイスはとても難しくある程度絞って書いたのですが、その絞り込みに苦労しました。

子育て育児に困って「こんなときどうしたらいいのかしら」とちょっとしたアドバイスを求めておられるお母さま方はずいぶん多くおられるのだなと、取材を通じて強く感じました。そういった子育て育児真っ直中のお母さま方のお役にたてればうれしく思います。

 

■ 増井 昌美 家族問題研究室長・ファミリーセラピスト

この度、前作に続く子育て本第2弾「ちょと気になる子どもの『行動』―心の声に気づいて!」をPHP研究所から出版の運びとなりました。前作の「『しぐさ』で子どもの心がわかる本」が好評で刷を重ねており、多くの方々にお読みいただけ大変うれしく思っております。

前作の「しぐさ」から一歩前へ出た「行動」ということで、更に子育て育児真っ直中のお母さま方に取材の協力をお願いしました。昨夜あったばかりの家庭でのドラマを生き生きと語ってくださったり、いろんな角度から質問を投げかけてくださったりもしました。明るくくったくがないと見えたお母さま方のなかには、話しが進むにつれて「えー、みなさん実はこんな悩みを抱えておられたのか」と、心の中で驚かされたこともありました。ちょっとしたこちらのアドバイスをとても喜んで聞いていただけたのも印象的でした。

多くのお母さま方に直に接することができまた生の声を聞くことができたのは、私にとっても執筆上の大きな助けとなりました。お陰様で出版の運びとなりました。この場をかりて皆様にお礼申し上げたいと思います。

 

日本教育新聞社の新刊案内に掲載されました

「こだわり症」という個性の子どもが増えている中、その「気になる」行動を39項目挙げ、子どもの気持ちと対処法を解説。持ち味を受け入れ、伸ばす付き合い方のコツを教える。」

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

子育て育児 子どものしぐさを理解する 母親がふせぐ子どものうつ本 『しぐさで子どもの心がわかる本』

 

 

しぐさで子供の心がわかる本

  • しぐさで子どもの心がわかる本
  • 福田俊一 精神科医・所長 淀屋橋心理療法センター
    増井昌美 家族問題研究室長
  • PHP研究所
  • 1200円(税別)
  • 2004年12月17日
  • 購入のお問い合わせは 普及グループ 075-681-8818

 

しぐさで子どもの心がわかる本  :lol:

内容紹介

PHP研究所から出版された「しぐさで子どもの心がわかる本」(2004年12月)

この本を読んでくださった他の出版社の編集部からも、同じような内容の特集を組みたいという申し入れもいただきました。書き手としては、たいへん嬉しいことです。ここで今いちどこの本について内容をまとめてお知らせしたいと思います。

 

第1部 子どもの心は「しぐさ」にあらわれる

1、子どもが出す「しぐさ」とは

子どもの「しぐさ」には二種類ある
見落とされやすい子どもの「しぐさ」

2、子どもを知る大切さ

いつものしぐさ、話し方のパターンを知っていますか?
子どもの全体像を知る
小さな良い変化に気づいていますか
夫婦で情報を共有する大切さ

3、「しぐさ」を出しやすい親子関係

「しぐさ」は子どもを知る手がかり
子どもが「しぐさ」を出しやすい親子関係に

 

第2部 こんな「しぐさ」をしていませんか?

  1. やたらと「甘える」
  2. 自分からやろうとしない
  3. 反抗的な態度をとる
  4. 友達に乱暴なことをする
  5. やたらと手を洗う
  6. 目をパチパチさせる
  7. 友達の輪に入っていけない
  8. 登校時になると不調を訴える
  9. 体の不調を訴える
  10. 学校の話を嫌がる
  11. 癇癪が強い
  12. 自分から話そうとしない
  13. 集中力がない
  14. あまり食事をとらない
  15. やたらと母親に体をくっつけてくる
  16. おもらし、おねしょ
  17. もじもじして言えない
  18. 指しゃぶりをする
  19. 自分の物を人に貸せない
  20. 髪の毛をいじる
  21. 足を交差させてもじもじしている
  22. 友だちの言いなりになっている
  23. 集団のルールを守れない
  24. 人と視線を合わそうとしない
  25. 自分を傷つける
  26. 落ち着きがない
  27. いつも友だちとつるんでいる
  28. 動作がのろい
  29. 朝の動作や用意が遅い
  30. 朝起こすと機嫌が悪い
  31. あいさつができない
  32. どもることが多くなった
  33. 一人でできない
  34. 寝付きが悪い
  35. 用心深い、失敗をこわがる
  36. 何をやっても不器用で時間がかかる
  37. 「先生なんか嫌い」と言ってふさぎこむ
  38. ぬいぐるみをよく抱きしめる
  39. 無表情になってきた
  40. 親の顔をちらちらと見る

詳しい内容をお読みになりたい方は、ぜひ本を購入してゆっくりとお読みください。尚この本は書店ではお求めできません。PHPの普及グループへご一報下さい。(075-681-8818)

 

 

「心身医学」(05.vol.45.no.7)に、「しぐさで子どもの心がわかる本」(PHP)の書評が掲載

淀屋橋心理療法センターの本「しぐさで子どもの心がわかる本」(PHP)の書評が掲載されました。日本心身医学会がだしている学会誌である「心身医学」(Japanese Journal of Psychosomatic Medicine)の7月号です。

お書きくださったのは、ある産婦人科の名誉院長であるN先生です。簡単ではありますが、先生の書評を抜粋させていただきます。

『・・・大人にはよくわからない「しぐさ」のあること、それを理解するには一日の生活のなかで子どもとゆっくり向き合う「ゆとり」があまりにむ少なく、むしろその忙しさにより叱りつけたり、聞き出したり、放っておいたりで、まったく「しぐさ」をつかみ、理解するに到らないことが多いことを指摘しています。』

『本書は「しぐさ」をテーマにその内容の深さを知るのには格好の参考書であり、親、とりわけ母親、また多くの大人たち、児童精神科医、子どもの心身医学医、そして一般の小児科医にとっても子どもと対応する場合の術を学ぶことができ、また、少しでも多くの時間を費やして、子どもの「しぐさ」を理解することの重要性を示唆している好著と言えます。』

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。