タグ別アーカイブ: 40代

うつ職場のストレス劣等感 性格を変えようとするよりも生かす工夫を 45才男性

うつ職場のストレス 劣等感 性格は変わる?変えようとするよりも生かす工夫を(45才 男性 商事会社勤務)

 

劣等感から抜けきれない自分を、なんとか変えたい

面接室には男性が一人座っている。手帳を前に広げて、しきりにスケジュールを確認しているようだ。なでつけたヘアースタイルから、几帳面さが感じられる。

「電話受け付け表はどこかな」。治療担当カウンセラーは、前もって要点を書き込んである受け付け用紙に目をとおした。「阪田啓次(仮名)、うつで入院歴あり。服薬を続けている。高校生の子どもさんが二人。現在は休職中」。治療担当カウンセラーはカウンセリング室へと入って行った。

(以下は治療担当カウンセラーとクライエント阪田さんの話しである)

 

うつは治ったが、劣等感の性格が足を引っ張って

カウンセラー: 今通院中ですか?そこでうつ病の薬をもらって飲んでおられるようですね。

阪田: はい。やっぱり薬を飲みだしてからうつ病の苦しさは楽になりました。2週間入院もしまして。うつ病はもう大丈夫かなと思って、会社に復職したんですけど、そこで又つまづいてしまいまして。

カウンセラー: 仕事がきつかったんですか?退院していきなり現場復帰復職は再発しやすいんですがね。

阪田: いや、前の現場最前線からは外してもらいまして。それは良かったんですけど、事務職がなじめなくて。「なんでこんな事ができないんや」と、思い出したら落ち込んでしまって。

カウンセラー: なにか失敗をされて、それを上司の人にでも叱られたんですか?

阪田: 叱られたんじゃないんです。上司は気をつかってくれまして。それがかつての部下でして。ノルマはないし。働きやすい環境を配慮してもらって。

カウンセラー: それはありがたい。なぜそれがつまづきに?うつ病からは入院、服薬で乗りこえられた。職場の対応も良い。それでまた休職中とは。よほど根のある問題があるんでしょうか?

阪田: 性格です。中学生ごろからずーと引きずってます。劣等感から逃れられないんです。仕事にたいしてなかなか決断がくだせないし。頼まれると「あ、自分にはできひん」と、断ってしまうし。この劣等感の強い性格をなんとか変えたいんですが。

カウンセラー: それでよく商社の営業畑でやってこれましたね。かなり無理をされてたんではないですか?

阪田: そうです、その通りなんです。自分の劣等感を隠して、必死で仕事に打ち込んできました。それが40才をむかえたころから下り坂になってきたような気がします。

カウンセラー: 頑張りすぎはったんですね。燃え尽きたというわけですか。休養と薬で回復する人も多いんですがね。

阪田: はい、初めは薬も良かったんです。でもだんだん増えてきまして。今は6種類くらい飲んでます。薬も良いけど、ほんまに自分の抱えてる問題は解決せーへんと思いまして。この性格をなんとかせんことには。

カウンセラー: 性格を変える?性格は生まれつきのものやからね、変えるのは難しいんですよ。それより持ち味を生かすという方向で取り組んだほうがずっとメリットが大きいと思いますが。

阪田: こんな性格でも生かす方法はあるんでしょうか?

カウンセラー: もちろんですよ。あなたのように何かをやるまえに不安になったり、何をしても人より劣っていると劣等感を感じたりする人は沢山いはります。けどそんな人たちでも持ち味を上手に生かして、成功している人も沢山いはります。自分の性格のつき合い方のこつをカウンセリング治療で覚えていただきましょう。その方向でやってみませんか?

阪田: はい、よろしくお願いします。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来 

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。 

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

うつ職場のストレス 昇進うつ病-2 40代 男性 中間管理職

うつ病症状 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ病」-その(2)

うつ職場のストレス 昇進うつ病-2 (40代 男性 中間管理職) 

「うつ病」に悩む牧田氏と妻の会話を、淀屋橋心理療法センターの治療担当カウンセラーはしばらくメモを取りながら聞いていた。要点を書きとめた用紙に目をとおしながら、どう説明しようか考えた。職場での人間関係や仕事への取り組みという視点からのアドバイスもある。しかし今から家に帰って二人は、「さて、何をすればいいだろうか」というテーマにぶつかるであろう。すぐに実行できる具体的なアドバイスがなにより大事である。妻は「私ができることを教えていただきたい」と、はじめに話していた。いくつかのアドバイスのなかから、やはり家族にむけたアドバイスがなにより優先する判断した。

アドバイス1:励ましや期待は、本人には重荷です

牧田氏は営業課でも第一課というエリートコースの課長に抜てきされた。「わーすごい、がんばってね」という妻のほめ言葉や激励が、ややもすると牧田氏には重荷に感じられていた。また上司の坂田部長は、なにかと陰になり日向になり牧田氏をかばってくれる。これがうれしい反面、「早く期待に応えなくては」というあせりにつながっている。ちょっとしたミスが「なんで僕はこんなどじばかりくり返しているんだ。申し訳ない」という気持ちが強くなり、いっそうつらさと苦しさが増していた。

アドバイス2:「ダメ父親だ、子どもにキャッチボールもしてやれない」という発言を、そのまま受けとめて

牧田氏は、体のだるさや微熱がなかなかとれなかった。全身の倦怠感などもあり日曜日でもほとんど布団から出られなかった。「お父さん、野球いっしょにしてね。日曜日は試合、見に来てね」と言った息子の言葉が、ぐるぐると頭の中をまわっていた。「息子との約束が果たせない。キャッチボールの相手もしてやりたいが、しんどくてできない。すまない、こんなダメ親父で」という気持ちでいっぱいだった。

夫のつらい気持ちを聞いた妻は「そんなことないわよ。啓一はわかってるから。もうあなたのこと忘れて、友達と遊んでるから心配しないで」と、言っていた。しかし励ましと思える言葉よりは、「そうよね、つらいよね。わかるわ」と、夫の気持ちをそのまま受けとめてあげよう。

治療担当カウンセラーからその他のいくつかのアドバイスも聞いたあと、妻はこう言った。「わかりました。私、この人に良かれと思ってずいぶん反対のことをしていたんですね。気をつけて実行してみます。今日からでもやれるように思えます。ありがとうございました」と。

三ヶ月後、元気がでてきた牧田氏

牧田氏は来所のたびに元気をとりもどしてくるように思えた。職場での状況はそれほど変わらないのだが、「あせらず自分のできることを一つづつやっていこう。まったくちがう性質の課に来たのだから、わからなくても無理はない」と、受けとめられるようになってきた。

治療担当カウンセラーのアドバイスを受けてから、夫婦の会話はどう変わったであろうか。初診がスタートして三ヶ月ごろの会話に目をとおしてみよう。

1.仕事から帰って夫の口からぐちがでてきた

夫: 今日会社に頑張って行ったけど、しんどかった。めちゃ疲れた。明日はダメかもしれない。

妻: お疲れさまでした。しんどかったのね。

夫: 会議なんか、長すぎるよ。なにをあんなに話しあわなきゃならないんだ。

妻: そう、そんなに長いの。

夫: うん、そうなんだ。長けりゃいいってもんじゃないのに。部長が会議好きなんだよな、まったく。

妻: ほんと、会議好ききって嫌よね。

夫: ま、しょうがないか。こんな調子でゆっくりあせらずやるしかないな。

2.「野球の試合を見に行ってやれなかった。だめな親父だ」

夫: なあ、ぼくってダメ親父だよな。

妻: え、どうしたの、突然に!?

夫: こないだの日曜日、啓一の野球の試合だったんだよね。「きっと見に行くから、がんばれよ!」って約束したのに。とうとう行ってやれなかった。

妻: そうね、残念だったわね。

夫: 啓一、なんか言ってなかったか?もうお父さんなんか嫌いだとかなんとか。

妻: 「さびしかった」って言ってた。残念そうだったわ。

夫: そうか、かわいそうなことしたな。啓一のためにも早く元気にならなくてはな。

妻: 無理しないでね。

夫: うん、わかってる。マイペース、マイペース。

事例 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ」。

「どうですか。奥さんの対応がだいぶ変わってきたように感じますが」と、治療担当カウンセラーは二人の会話についてこんな質問をしてみた。「はい、なんか肩の力がぬける気がします。最近は、ああそうだ、そんなに頑張ららなくてもいいんだって気持ちになれて」と、夫は答えた。妻のほうも「おかげさまで、どう受け答えすればいいかがわかってきました。もう一度、主人がうつ病になってもだいじょうぶって気がします」と、笑いながらこう話した。

牧田氏はさらに二ヶ月たってケース終了を迎えた。営業のこつをつかめたころから、見違えるようにテキパキと指導力が発揮できるようになってきたという。「パパがんばるぞー。仕事も家庭も野球も。心配するなよ」と言った言葉は、そのまま実行されている。啓一君も大喜びなのは言うまでもない。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ を家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。

職場のストレスうつ 昇進うつ病-1 40代 男性 管理職

うつ病症状 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ病」-その(1)

職場のストレスうつ 昇進うつ病-1 (40代 男性 中間管理職)

「うつ病」というと、なにか心にグサッとくるような事があったとか、頑張ったのに結果が良くなかったとか、イヤな事があって「落ち込みから抜け出せない」という心の状態をさすように思いがちである。しかし反対にうれしいことでもうつ病につながることもある。たとえば「職場での昇進」「結婚」「新居の完成」など。

ここで紹介する牧田氏も、同期入社仲間のトップをきって課長に昇進した。うれしいはずの「昇進」が、なぜ「うつ病」に陥ってしまったのか。家族療法の視点から、心配する家族(妻)へのアドバイスを中心にお話ししよう。

「夫の風邪が治らないんですけど、心の病気では?」と妻から電話問い合わせ

妻: あのー、主人のことなんですけど。心配なことがありまして。よろしいでしょうか?

電話受付 : はい、どういったご相談でしょうか?

妻: 風邪をひきまして。それももう二カ月も前のことで。咳とかはないし、治ったと思ってたんですけど。(ハーッとため息がもれる) 夜「しんどい、疲れた」って言うわりには、寝付きが悪くて。それに朝、ベッドから起きあがるのがしんどそうで。腰が痛いとか、肱が痛いとか言って。微熱がなかなかすっきりしなくて・・・(だんだん小さな声に)

電話受付 : そうですか。どこかお医者さんでみていただかれましたか?

妻: はい、行きつけの内科で・・・「風邪はもう治ってます。仕事の疲労がたまってるんでしょう」って。薬をもらって飲み続けてるんですけど、いっこうに良くならないんです。それで私、心配になって。ひょっとして心の病気のほうじゃないかと。もう心配で、心配で。(ハーッ)

電話受付 : わかりました。こちらは家族療法ですので、ご家族の方に対してどう対応をすればいいかというアドバイスを中心にお出しします。

妻: それ、それ、それをぜひ教えていただきたいんです。家族がどう対応すればよいかを、アドバイスしてほしいんです。お医者さんが診てくれるのは、本人だけでしょう。私、どうしたらいいか、わからなくて。ビタミン剤、買ってくることくらいしか思いつかないものですから。助かります。よろしくお願いします。

事例 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ」。

こうして牧田氏と妻の瑛子さんは、予約日に二人でカウンセリング治療に来所することが決まった。「内科医院でだされている薬を二カ月飲み続けたが、なかなか良くならない。できたら薬でなくカウンセリング治療で治したい」という牧田氏と妻の希望が一致したということであった。

夫の昇進に、妻も子どもも大喜び

牧田氏の話をじっくりと聞いていくと、どうやらきっかけは4月の人事異動で新しい部署の課長に昇進したことのようだ。新しい任務への頑張りが空回りしたり、周囲の人たちになじめなかったり、随所につまづきの状況が浮かびあがってきた。「昇進うつ病」のようだと、治療担当カウンセラーは判断した。家族、ここでは妻だが、家での対応はどんな様子だったんだろう。妻にしっかりとグチなど話せていたのだろうか。またそれを聞いた妻はどう受け答えしていたのだろう。ここらあたりは、とても大切なポイントである。

同期入社の連中より一年早い昇進、しかも部下も今までより3人も増えて。「一刻もはやく家に帰って、妻や子どもたちに知らせたい、喜ぶ顔がみたい」と、牧田氏は胸をふくらませて帰路を急いだ。以下は家族との会話である。

妻: まあ、よかったわね。パパおめでとう。すごいじゃない。同期の人たちのトップを走ってるなんて。

牧田氏: いやー、僕もおどろいたよ。よくできる中田をさしおいてなー。この僕がお先にって感じで。

妻: これで私も課長夫人になれるのね。なんかうきうきよ。パパ、えらくなったのよ。あんたたちもパパをみならって、勉強がんばるのよ。(寄ってきた子どもたちにもこう告げた)

子(小1): ふーん、パパえらくなったの。課長ってどのくらいえらいの、社長の次くらい?ねー、腕ずもうしようよ。(父親の腕にぶら下がりながらうれしそうだ)

子(小5): パパ、僕の野球、相手してくれるよね。日曜日、試合見に来てくれるよね。約束だよ。

牧田氏: だいじょうぶ、だいじょうぶ。少年野球はパパも役員してるからな、手をぬけないんだ。パパ、頑張るぞー。仕事も家庭も野球も。心配するなよ

少年野球をやっている兄は、うれしい反面心配そうに念押しをした。「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と、笑顔で答えた牧田氏であった。

課長に昇進したのはうれしいが

しかし船出はそう簡単ではなかった。いままでは営業企画課で、どちらかというと社内での仕事が中心。ところが今は営業第一課の課長である。いわば会社の出世コースナンバーワンのポジションである。社外にむけて陣頭指揮をしなくてはならない。部下も5人だったのが、今は8人。どうも勝手がちがう。やる気がからまわりしがちの毎日となった。

三ヶ月たったころ、部下たちのあいだに新課長の勤務評価なるものが、ひそひそとささやかれるようになった。「なー、牧田課長って、ほんとうに有能なんか。ちょっとちがうよな」「決済の判子もらわないといけないのに、遅いんだよな」「企画で頭使ってやる仕事だったら、あれでいいんだろうけど、ここは営業一課なんだ。とっさの判断、対応をしてもらわないと」。牧田氏の眉間にはしわができる日が増えていった。ある日決定的なできごとが上得意のK商事をめぐっておこった。

「課長、K商事からクレイムです。納品がまだかって。約束の日を三日もすぎてるのにって。かんかんに怒っておられます」。「え、三日も遅れてる?担当は野崎か。野崎、すぐにK商事へ飛んでいってこい」と指示をだす。牧田氏はとっさの判断、指示ができたと、自分ではホッとしていた。しかしこれが大間違いのきっかけだった。上得意からクレイムがはいった場合は、なにをさしおいても担当者をつれて課長みずからがかけつけなくてはならないという暗黙のルールがあったのだ。その対応を誤った牧田氏はその後会議で上司から厳しく追及されることとなった。

家でのようすを面接室で再現

「よくわかりました。新課長としていろんな行き詰まりを感じてこられたわけですね。社内では部下の人たちとのコミュニケーションに、社外では得意先への対応に。なるほど。それでですね、そういったできごとを、おうちに帰ってから奥さんに話されましたか?」「はい、わりと家内には以前から会社のことなんかは話すほうですから」。「それはいいですね。それでは今からここで、おうちで話された様子を再現してみてください。私はすみのほうで聞かせてもらってますから」と、カウンセラーは部屋のすみに、椅子を移動させた。

夫と妻の会話が、面接室で

1. 朝、女子社員がお茶を入れてくれない

夫: えーと、はじめはそんなに大変なことではなかったね。お茶がどうのこうのってくらいで。

妻: そうそう。女子社員の人がお茶をいれてくれないとか。ずいぶん気にして。

夫: いや、前の課では、僕がすわると、さっとお茶がでてたもんでな。こんどの課はお茶は自分で入れるってルールなんだって。そんなこと誰も言ってくれなかったんで、わからなかったんだ。

妻: そうでしょ。「気にしすぎよ」って、私、言ってるのに。気にしすぎなの、あなたは。

夫: うん、そうかもしれないな。ささいなこと、気にしすぎなんかもな。

2. 「飲みにいかないか」のさそいに、誰もついてこなくて

夫: からまわりしてる感じがするって話したよな。仕事おわって「おーい、みんな、飲みににいこうか?」って、声かけたけど、なんかしらっとして。誰もついてこないんだよな。僕、みんなに嫌われてるのかなって、思った。

妻: しょんぼりして帰ってくるからなにがあったのかって、心配したわよ。話し聞いて、「なーんだ。そんなことなの。いまどきの若い社員さんたちによくあることじゃない」って。「帰りたいのよ。仕事終わったらさっさっと。あなたの若いときとは、時代がちがうのよ」って、言ったような気がするけど。

3. 「このごろ会議で集中できないんだ」と言ったら

夫: ついこないだのことだけど「僕、会議で集中できない」って話したよね。

妻: うん、そうだったわね。

夫: どの議題がでても「僕は仕事ができない、だめだなー」って気がして。こんな気弱になったのははじめてだ。何をやっても、ダメな気がして。気分がゆううつでしかたない。坂田部長が「牧田君、あせってるよ。リラックスして。まだまだこれからだから」って、励ましてくれるんだ。

妻: ほら、みて。そうでしょう。あなたは仕事のできる人なのよ。今自信をなくしてるだけ。ちょっとしたことでがくっときて、あなたらしくないわ。がんばればなんとかなるわよ。

夫: うん、そうだね。がんばってみるよ。

事例 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ」。

二人の会話を聞いていた治療担当カウンセラーは、要点を書き留めた用紙をもって席にもどった。「はい、お疲れさまでした。わかりました。なるほどこういった会話をおうちでされているんですね。いくつかのだいじなポイントがみえてきました。アドバイスをまとめたいと思います。ここでいったん休憩して5分後にまた面接を再開しましょう」。こう言って治療担当カウンセラーは、面接室をあとにした。

 

淀屋橋心理療法センターうつ病治療専門外来

職場のストレスうつ 子どものうつ 子育てうつ 育児ストレスうつ 家族療法カウンセリング治療で解決します。

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センターHP ☜クリックhttps://www.yodoyabashift.com/

↑ ↑ ↑ ↑ より詳しい情報を掲載しております。

上記リンクからメインサイトを御覧下さい。